思い出のレコードコレクションの上手な処分方法が知りたい!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

思い出のレコードコレクションの上手な処分方法が知りたい!

実家の大掃除をしていたら、大量のレコードが出てきた!なんていう経験をしたことのある方は多いのではないでしょうか?

 

もうほとんど聴く機会もない大量のレコード、いつまでも保管しておくのも大変なので、何とかしたいですよね。しかし、レコードは決して安いものではないので、ゴミとして捨ててしまうのはちょっとためらってしまいます。

古くなって劣化してしまっているレコードは、思い切って廃棄処分してしまってもよいかもしれませんが、大切にしまってあったレコードはどのようにして処分すればよいのでしょうか。

 

要らなくなったレコードの処分を検討しているなら、中古買取がおすすめです。昔集めたコレクションの中に、もしかしたらお宝が眠っているかもしれません!

 

 

1.レコードの人気は今も健在!

音楽を楽しむためのメディア(媒体)は、この数十年の間にすっかり、さま変わりしました。

レコードが、家庭で楽しめる唯一の音楽を記録するメディアであった時代から始まり、カセットテープ、MD(ミニディスク)、CD(コンパクトディスク)と変遷。そして現在は、デジタルデータが音楽メディアの主流になりつつあります。

 

カセットテープとMDはすっかり市場から姿を消し、圧倒的なシェアを誇っていたCDさえも、徐々に流通する枚数を減らしつつあります。

しかし、時代は変わっても、レコードはまだまだ健在!店頭にはアーティストのアルバムが並び、レコード盤の新譜がリリースされ、レコードプレーヤーも新たな機種が売られています。レコードを集めている愛好家はまだまだたくさんいらっしゃいますし、多くの方が自宅でレコードを楽しんでいます。

なぜ、レコードだけが変わらず愛され続けているのでしょうか?

 

アナログレコードの魅力とは?

デジタルデータを音源とするCDに対し、音楽などそのままの音を録音するレコードは、アナログレコードとも呼ばれます。

CDとアナログレコード、どちらの方が音が良いと思いますか?

 

CDで聴く音楽はクリアで明確な音を楽しむことができますが、CDに収められたデジタルデータは、実は一定の周波数の音しか再現することができません。人間が認識できないレベルの音はカットされているのです。それに対し、アナログレコードはより広い範囲の周波数の音まで収録。実際には聞こえていないレベルの音まで再現することで、より深みのある音楽を楽しむことができるのです。

アナログレコードの場合は、レコード盤の劣化による音質の変化といった問題もありますが、臨場感や本格的なサウンドを楽しむことができるという利点があります。そのため、あえてCDではなくアナログレコードを選ぶという方も多くいらっしゃるようです。

 

 

2.要らなくなったレコードは中古買取がお得

とはいえ、昔集めていたレコードを今もたびたび聴いているという方は少数派だと思います。そもそも、自宅にはもうレコードプレーヤーがないというケースが多いかもしれません。

この先も当分聴く機会のなさそうなレコードのコレクション、一体、どのようにして処分すればよいのでしょうか?

 

レコードを捨てるなら燃えるごみ

ジャケットが破れていたり、劣化してしまっているレコードを廃棄処分する場合、可燃ごみ(燃えるごみ)と不燃ごみ(燃えないごみ)のどちらに出しますか?

 

名古屋市の場合、レコード盤は可燃ごみとして出すことができます。しかし、ビニール製品であるレコード盤は、自治体によって処理方法が異なります。可燃ごみとして処理する地域と、不燃ごみとして処理する地域があるので、捨てる前に必ず自治体のHPなどでごみの出し方をご確認ください。

紙でできたジャケット(ケース)や歌詞カードなどの紙類は、資源ごみになります。

 

中古レコードって売れるの?

保存状態が良く、まだ十分に聴けるレコードは、ぜひ中古買取をおすすめします!

レコードの種類や内容によってはほとんど金額がつかない場合もありますが、廃盤になっているもの、現在では入手困難となっているレコード、限定品などのプレミアがついたものなどはとても希少価値があります。

廃棄処分してしまう前にぜひ中古買取の査定を受けてみてください。意外な金額で売れるかもしれません。

 

 

3.高価買取が期待できる人気の中古レコードをご紹介!

さまざまな事情で発売中止となったもの、廃盤になったアルバム、人気アーティストがデビューしたばかりの頃のアルバムなどは、中古レコードを専門に扱う店舗や、ネットオークションサイトで高値で売買されています。

 

洋楽編

世界中に熱狂的なファンを持つ海外のロックバンドのアルバムは、特にプレミアが付きやすく、高値での買取が期待できます。60年、70年代から活躍しているアーティストが初期の頃に発表したアルバムの初版は、10万円近い価格がつくことも珍しくありません。

 

レコードに高値がつくアーティストといえば、ビートルズ!

1968年に発売された『The Beatles(ザ・ビートルズ)』は、真っ白なジャケットが特徴的な、ビートルズ10作目となるアルバム。一般的に、ホワイトアルバムと呼ばれており、通し番号が振られていることで有名です。

2015年、リンゴが所有していた、No.0000001がオークションに出品され、およそ9700万円で落札されました。番号は国ごとに振られており、イギリス版で通し番号がついているものは、高額で売買されています。

 

邦楽編

70~80年代に活躍したアイドルのアルバム。そのほか、限定生産モデルや、初回限定盤、特別付録のついたものなどは高値で買取可能です。

 

そのほか、流通米数の少ない、70年代に自主レーベルで制作されたアーティストのアルバムが、10万円を超える高値で売買されています。

・オクノ修『オクノ修』1972年 Himico

・恒松正敏『Do You Wanna Be My Dog・g・g!?』1987年ゴジラレコード

など

 

 

4.レコードをできるだけ高く売るためにできること

中古のレコードは、一般的なリサイクルショップ、中古レコード買取の専門店、ネットフリマサイトなどで売ることができます。

 

より高く売るためのポイント

より高く売るためには、査定を受ける前にホコリを払い、アーティストやジャンルごとに分類しておきます。複数枚まとめて売るのが、高く買い取ってもらうコツです。

また、付属品やおまけで付いていたものが残っていれば、すべて揃えて一緒に査定に出します。未開封のレコードは、開けずにそのままの状態で査定に出すことで高値での買取が期待できます。

 

大量のレコードは出張査定、宅配査定がおすすめ!

一度に運べないほどたくさんのレコードがある場合は、レコード買取専門店を利用する方法がおすすめです。

ネットで運営している中古レコード買取店の多くは、自宅に直接査定に出向く出張査定や、手軽な宅配査定を受け付けていますので、近所に店舗がない場合や、車で運ぶことができない場合でも安心です。画像を送るだけで査定ができる、LINE査定を受け付けている店舗もあります。

 

ネットで売る場合の注意点

廃盤になっているものや、特別版、ボーナストラック付きなど、付加価値の高いレコードは、ネットフリマサイトやネットオークションを利用することで、より高く売ることができます。

ネットオークションなどを利用する場合は、そのレコードにどれくらいの価値があるのか、一般的にどれくらいの金額で売られているかを事前にしっかりとリサーチしておくことが大事です。

 

 

5.まとめ

レコードコレクションの処分を検討している方にぜひおすすめしたい、お得なレコードの処分方法をご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください!

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。