意外と知られていない?大切な思い出がつまった五月人形の処分方法-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

意外と知られていない?大切な思い出がつまった五月人形の処分方法

5月5日は、国民の祝日「こどもの日」。ゴールデンウイークの中核を担う、重要な休みの日ですね。

そしてさらに、男の子の健やかな成長と健康を祝う「端午の節句」でもあります。

 

男の子がいらっしゃるご家庭では、五月人形や鯉のぼりを飾ってお祝いをされることと思いますが、子どもが大きくなって飾ることがなくなった五月人形、どうしていますか?飾る機会のなくなってしまった五月人形は、一体どのようにして処分することができるのでしょうか?

 

五月人形の種類や意味、処分方法などについてご紹介したいと思います。

 

 

1.端午の節句に五月人形を飾る理由

photo-AC

端午の節句を祝う飾りものには、「内飾り」と「外飾り」があることをご存知でしょうか?

部屋の中に飾る兜などの五月人形は、内飾りと呼ばれるものです。鯉のぼりなど、家の外に飾るものが外飾りです。

 

◎ 内飾り

男の子の健やかな成長を願い、お守りの意味を込めて部屋の中に飾るもの

 

◎ 外飾り

男の子の立身出世を祈って家の外に飾るもの

お祝いをしていることを神様にお知らせするという意味もある

 

端午の節句ってそもそも何?

日本で現在使われている暦には、節句と呼ばれる日がいくつかあります。

これは季節の節目となる日のことで、昔は節句に宮廷で宴会が開かれていたことから、節句の日にはごちそうを用意してお祝いをするという風習が生まれました。たくさんの節句の中から、とくに重要とされた5つの節句が「5節句」として現在も残っています。そのうちの一つが、端午の節句です。

5月は旧暦でいうと「午(うま)の月」。さらに、5月の最初の午の日という意味から、牛の端となり、端午の節句と呼ばれるようになりました。

なぜ午の日かというと、日本の暦には1月1日から順に十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)が割り当てられており、「午」の順番に当てはまった日が「牛の日」ということになるからです。

何気なく使っている言葉ですが、実は古い歴史と意味があるのですね。

<5節句>

◎ 1月7日「七草の節句」
◎ 3月3日「桃の節句」
◎ 5月5日「端午の節句」
◎ 7月7日「七夕」
◎ 9月9日「菊の節句」

 

 

2.いろいろな五月人形の種類と意味

五月人形には、鎧や兜のほか、金太郎や武将などの人形をかたどったものなど、いろいろな種類があります。ケースに入ったコンパクトなサイズの鎧や、子どもが実際に被ることのできるサイズの兜など、好みに合わせて選ぶことができます。

 

端午の節句に兜や鎧を飾る理由とは?

現在の日本で男の子のお祝いの日とされている端午の節句は、中国の古い時代に始まった風習がもとになっています。

元々は「菖蒲の節句」であり、魔よけの意味を持つ菖蒲を飾って邪気を払っていました。この風習が日本に伝わり、菖蒲が刀のかたちに似ていたことから武家社会に広まり、やがて、男の子のお祝いの日とされるようになりました。

武将たちの身を守ってきた丈夫な鎧や兜を飾ることで、子どもの身を守るという意味を込めているといわれていますが、梅雨入り前のカラっと乾燥したこの時期に、鎧や兜の虫干しをしていたことに由来するという説もあります。

 

五月人形のいろいろな種類

兜や鎧飾りには、コンパクトサイズのもの、実際に着られるもの、人形が着用しているものなど、さまざまなタイプがあります。人形飾りは、金太郎や歴史上の武将や人物をあしらったものも人気です。

最近では、伊達政宗や真田幸村など、人気の戦国武将が着用していたとされるモデルの兜飾りが人気を集めています。

・鎧飾り
・兜飾り
・着用兜
・着用鎧
・鎧着大将飾り
・金太郎
・神武天皇 など

 

 

3.要らなくなった五月人形の処分方法

ご家庭や地域によってさまざまな方針や考え方があると思いますが、五月人形は、男の子のお子さん一人につきひとつ(または一体)を用意するケースが多いようです。

内飾りの五月人形を飾るタイミングについては特にルールがあるわけではないので、端午の節句に飾るだけでなく、一年中部屋に飾ってあるという方もいらっしゃいます。気に入ったデザインのものを、インテリアのひとつとして部屋に置いておくという使い方もできます。

 

それでは、五月人形はいつ頃まで飾り続ければよいのでしょうか?

子どものうちは毎年取り出して飾っていたご家庭でも、子どもが大きくなるにつれて、端午の節句のお祝い自体をしない年が増えてくるということもあるでしょう。

子どもの成長を見守ってきてくれた五月人形は、お子さんが成長して成人式あるいは結婚を迎えたタイミングなどを節目に役目を終える、と考える方が多いようです。

 

もちろん、五月人形をそのまま飾り続けることもできますし、役目を終えた五月人形は供養をしてから処分することもできます。

 

五月人形は子どもに引き継いではいけない?受け継ぐべき?

両親に揃えてもらった豪華な五月人形、長年大切にしてきた愛着のある五月人形を、子どもやお孫さんに受け継いでもらいたいと考える方は、多くいらっしゃいます。しかし、子どもの身を守る五月人形は必ず一人にひとつとする地域では、五月人形を自分以外の人に引き継いではいけないという考え方もあるようです。

 

迷う場合は、地域や、双方のご実家に相談してみることをおすすめしますが、場合によっては思い通りにいかないケースもあり得ます。

新しいものを買ってあげたくても、先祖代々受け継がれているものを飾らなければならなかったり、実家で保管してあった五月人形を使いたくても、やめた方がいいと止められてしまったり、納得のいかないまま端午の節句を迎えるということもあるでしょう。

 

子どもの成長を願うという本来の目的を考えれば、ご両親が一番の納得いくかたちで、心からお祝いをしてあげられるようにするのがよいのではないでしょうか。

 

五月人形を処分する方法とは?

飾る機会のなくなってしまった五月人形は、お寺や神社で供養をしてもらい、処分することができます。お人形の供養は多くの神社で受け付けていますので、まずは問い合わせてみてください。

五月人形やひな人形などの節句人形の供養を専門に行っている業者もあります。神社などで供養を受ける方法がよく分からないという場合は、ネットで検索してみることをおすすめします。

 

 

4.五月人形のお得な処分方法をご紹介!

photo-AC

五月人形は決して安いものではないので、処分してしまうのはもったいない!と考える方も多くいらっしゃると思います。

 

実は、中古の五月人形は売れます!

より品質の良い五月人形を安く揃えたいという方もいらっしゃいますし、インテリアとして、人気の戦国武将の兜などはコレクションの対象として、中古のものが多く販売されています。

ネットオークションサイトなどで売られているほか、中古の人形を専門に扱う業者も多数ありますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

五月人形を譲る・寄付でリサイクル

せっかく揃えた高価なお人形やお飾りは、箱に入れたまま納戸にしまわれたり、供養をして処分されてしまうよりも、誰かに喜んで飾ってもらえたら嬉しいですよね。

自宅では不要になった五月人形を親戚や知り合いなどに譲るというケースも、意外と多くあるようです。身近に必要としている人がいない場合は、寄付を受け付けている団体もいくつかあるので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。送料を負担しなければならないケースもありますが、長年大切にしてきた五月人形が、再びどこかで誰かのために活躍してくれるかもしれません。

 

 

5.まとめ

子どもの成長を願って飾る五月人形について、その由来や意味、処分方法、さらにお得な処分方法などについてご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください!

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。