要らなくなった古い石油ストーブを処分するときに気をつけるべきこと-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

要らなくなった古い石油ストーブを処分するときに気をつけるべきこと

石油ストーブは灯油を熱源とし、本体内部で灯油を燃やして辺りを暖める暖房器具です。

広い空間を暖めることができるパワフルな暖房器具なので、特に寒い地域で多く使われています。熱源が灯油なので、暖房にかかるコストが安いという特徴があり、人気の暖房器具のひとつとして長年愛用されています。

 

今回は、石油ストーブのメンテナンス方法、処分する場合(シーズンが終わって石油ストーブを保管する場合も同様です)の注意点、お得な処分方法などをご紹介します!

 

 

 

1.使い終わった石油ストーブは灯油をすべて抜いて処分・保管

暖房器具の買い替えや、引っ越し先で使えないといった理由から、石油ストーブの処分を検討している方もいらっしゃると思います。

 

処分をする前に、使い終わった石油ストーブの処理をきちんと行っていますか?

もう捨てるだけだからといって、冬に使った石油ストーブをそのままにしておくのはとても危険です。わずかな量でも、石油ストーブを中に灯油が残ったままの状態にしておくのはNG!廃棄処分する場合でも、売る場合でも、来シーズンまで自宅で保管しておく場合も同様です。

しっかりと処理をして、使っていない石油ストーブは灯油を完全に空にして、メンテナンスしておくことが大事です。

 

石油ストーブに灯油が残ってしまいがちな理由

石油ストーブはタンクに灯油を給油して使います。給油するには、本体からタンクを取り外して灯油をポンプで入れますが、この作業が結構面倒ですよね!

灯油は物置きや屋外に保管してあることが多いので、寒い中灯油を入れに行かなければならないし、うっかり灯油をこぼしてしまって辺りが臭くなってしまったなんていうことも。手や服に灯油がこぼれてしまうことだってあります。なので、灯油を入れる回数ができるだけ少なくなるよう、タンクに給油するときは満タンになるようにしているケースがほとんどです。

 

寒さがピークの時期は満タンの灯油もあっという間に使い切ってしまうのですが、使いきれないうちに春を迎えてしまうこともあるでしょう。もう使うこともないだろうと思っていると、急に寒さが戻ってきてあわてて追加したり、念のため多めに給油しておいたら、使う機会のないまま暖かくなってしまったり…。

といったことを繰り返しているうちに、石油ストーブに灯油が残ったまま放置!なんてことになってしまうのですね。

 

 

2.石油ストーブのお手入れ方法・保管方法

使い終わった石油ストーブは、しっかりとメンテナンスをしておくことが大事です。来シーズンは使わない、もう使う予定はない、廃棄処分するといった事情があっても、そのまま放置しておくことは絶対に避けましょう。

 

廃棄処分や、売ったり誰かにゆずる場合を含めて、しばらく使う予定のない石油ストーブは、灯油タンクを完全に空にしてしまうことが大事です。

<石油ストーブのお手入れ方法>

1) 灯油タンクを完全に空にする
2) 本体が冷めたら、電池を外す
3) 本体のホコリやすす汚れを落とす

 

石油ストーブに残った灯油を空にする方法

石油ストーブの灯油タンクを空にする最も確実で簡単な方法は、石油ストーブをつけて、自然に火が消えるまで石油ストーブを燃やし続けることです。こうすることで、灯油タンクと内部の灯油受けもしっかりと空にすることができます。この作業を、「空(から)焼き」「空焚(だ)き」といいます。

暖かくなってから石油ストーブをつけるのは違和感があるかもしれませんが、シーズンが終わったら、最後までしっかりと燃やしきっておきましょう。

 

もし、タンクにたくさんの灯油が残っている場合は、ポンプで出してとりあえず別の容器に移しておくことになりますが、次のシーズンまで長期間灯油を保管することはおすすめできません。

シーズン終わりに残ってしまった灯油はどのようにして処分すればよいのでしょうか?

 

残ってしまった灯油の処分方法【灯油は危険物!】

使い終わらなかった灯油は自宅で保管せず、できるだけ早く処分してしまうことをおすすめします。

なぜなら、灯油は40度以上になると引火する可能性があるので、自宅で長期間保管しておくことはとても危険なことなのです。夏の暑い時期などを考えると、熱のこもりやすい屋外の物置などに置いておくのはかなりこわいですよね。十分に気をつけていたとしても、安定した温度で保管することが難しいため、劣化してしまう可能性があります。

 

では、残ってしまった灯油はどのようにして処分すればよいのでしょうか?

灯油は危険物なので、わずかな量でもごみに捨てることはできません。自治体のごみ収集では、ほとんどの自治体で、収集不可となっています。

残ってしまった灯油は、販売店やガソリンスタンドに持っていって処分してもらいましょう。販売店などの引き取りが難しい場合は、石油ストーブをつけて灯油がなくなるまで使い切ってしまえばOKです。

 

石油ストーブの本体を掃除する

灯油タンクと石油ストーブ本体に残っている灯油が完全に燃えてなくなったら、しばらく放置して、本体が冷えてから掃除をします。

・掃除機でホコリを吸う
・本体の汚れを拭きとる
・反射板の汚れを拭きとる

中央にある「燃焼筒(ねんしょうとう)」の中は、可能であればすすを掃除しますが、難しそうであれば無理にやらなくても大丈夫です。

 

石油ストーブを自宅で安全に保管する方法

次の冬まで石油ストーブを自宅で保管する場合は、湿気の少ない、直射日光の当たらない平らな場所に保管します。

ホコリなどが入らないよう、専用のカバーをかけるか、購入時の段ボール箱に入れて保管します。なければ、大きいビニール袋や布をかけておくとよいでしょう。

 

 

3.要らなくなった石油ストーブのお得な処分方法

暖房器具の買い替えや、引っ越し先で石油ストーブを使えないなどの理由で、まだ十分に使える状態の石油ストーブの処分を検討している方はいらっしゃいませんか?

石油ストーブは暖房のコストが安く、屋外でも使うことができるので、さまざまな場所で活躍します。中古でもかなり人気があるので、廃棄処分する前に、ぜひ中古買取をおすすめします!

 

中古の石油ストーブをより高く売る方法

要らなくなった石油ストーブは、リサイクルショップ、中古家電を扱う専門店、ネットフリマサイト、ネットオークションサイトなどで売ることができます。新しいもの、未使用に近い状態のもの、きれいにメンテナンスされた見た目の良いものは、高値での買取が期待できます。

石油ストーブをより高く売るためには、タイミングが重要なポイントになります。

引っ越しなどで急ぎの場合は仕方ないですが、もし可能であれば、春から夏の間は自宅で保管しておいて、秋になってから査定を受ける方法がおすすめです。これから寒くなる時期に向けて暖房器具の需要が高くなってくるので、より高く査定してもらえるはずです。

 

壊れた石油ストーブを廃棄処分する方法

壊れた石油ストーブ、汚れがひどいものや、古すぎる石油ストーブは、残念ながら売ることができませんので、廃棄処分することになります。

石油ストーブは自治体のごみ収集に「粗大ごみ」として出すことができます。

<粗大ごみを出す手順>

1) 個別収集の申し込みをする(電話、ネット)
2) 必要な額の「手数料納付券」を購入する
3) 指定の日に、指定された場所に出す
※電池は外して、別途処分する
※立ち合いは必要ありません

 

処分するものが大量にある場合や、石油ストーブを運ぶことが難しい場合は、民間の不用品回収業者に回収を依頼する方法がおすすめです。

 

石油ストーブの処分・買取見積もりはこちらから

 

 

4.まとめ

寒い季節にお部屋を暖めてくれる頼もしい暖房器具「石油ストーブ」について、お手入れの方法、処分する際に気をつけること、お得な処分方法をご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください!

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。