要らない額縁を処分したい!高く売るならどこで売るべき?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

要らない額縁を処分したい!高く売るならどこで売るべき?

自宅に、使っていない、要らない額縁が眠っていませんか?

 

額縁に入った絵画なんて家には飾っていない!と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、探してみると意外と見つかるかもしれません。絵画とは限りません、賞状を飾るためのフレームはまさに額縁ですし、完成したジグソーパズルを飾るためのフレームも額縁のひとつです。

芸術的な絵画ではなくても、ちょっとした作品を自宅に飾るために額縁を使っている方はたくさんいらっしゃいます。もしかしたら、額縁に入った子どもの頃の作品が実家に飾られているかもしれません。

 

要らなくなって物置にしまってあった額縁、壁に飾ったままホコリをかぶっている額縁、あるいは、買い替えや模様替えで不要になってしまった額縁を、お得に処分しませんか?

中古の額縁をお得に処分する方法をご紹介します!

 

 

1.インテリアの絵画には額縁が欠かせない

殺風景な部屋を明るくしたい、雰囲気を変えたいというときに、絵画やポスター、写真などを壁に飾る方法がおすすめです。

 

風景画や自然を写した写真、好きな映画のポスターなど、お気に入りのものを壁に貼るだけで、部屋の印象がぐっと変わります。

そのまま貼るだけでも効果がありますが、額縁に入れて飾ると、部屋のインテリアがさらにレベルアップ!額縁の種類を変えることで雰囲気を変えたり、複数の額縁を並べることで、外国風のおしゃれなインテリアにすることもできます。

 

額縁に入れるだけでただの絵画がレベルアップ

自分で描いた作品や、お子さんの作品を自宅に飾っているという方もたくさんいらっしゃると思います。

そのまま壁に貼るのではなく、額縁に入れて壁に飾れば、お子さんの作品がインテリアの絵画のようなおしゃれな作品にレベルアップ!それほど高価な額縁でなくても、量販店のインテリアコーナーに売っているちょっとした額縁に入れるだけで十分です。額縁が絵の魅力をぐっと高めてくれます。

 

 

2.値段も種類もさまざまな額縁の選び方

絵画を飾るための額縁というと、かなり高価なものをイメージするかもしれません。

高価な素材を使った、それ自体が芸術品のような額縁もありますが、もっと気軽に使えるカジュアルな額縁もたくさん売られています。

 

額縁はどこで買えるの?

額縁は、画材や絵画を専門に扱う店舗で買うものと思っていませんか?

ポスターや写真、ちょっとした絵画を飾る額縁はさまざまな店舗で売られており、インテリアショップなどでも気軽に買うことができます。ネットショップでは、予算に合わせて好みの色、形、材質を選ぶこともできます。

本格的な絵画のための額縁を探している場合は、画材や絵画を専門に扱う店舗がおすすめです。

おしゃれな額縁を探しているなら、インテリアショップがおすすめ。部屋の雰囲気に合わせたポスターごと購入することができます。できるだけ安く額縁を手に入れたいなら、いくつかのネットショップを検索して最も安く額縁を選べるお店から探すことができます。

 

額縁のサイズの選び方

額縁を選ぶ場合は、額縁本体のサイズと、中に飾るポスターや絵、写真などのサイズを考慮する必要があります。

幅のあるタイプの額縁を選ぶと、中の絵のサイズよりも一回りも二回りも、デザインによっては倍近くも、額縁本体のサイズが大きくなってしまうこともあるようです。実物を見ずにネットで購入する場合はとくに注意しましょう。

飾るスペースにどれくらいの余裕があるかも考慮しなければなりません。額縁を飾る予定の壁のスペースが狭い場合は、ピッタリサイズの額縁を選んでしまうと、圧迫感が強くなりすぎてしまいます。飾る予定のスペースよりも一回りぐらい小さいサイズまで、あまり大きすぎないサイズを選ぶようにしましょう。

厚みのある作品を飾る場合は、カバーと裏板の間に十分な幅のあるタイプを選ぶことが大事です。

 

額縁の素材

額縁の素材として使われるのは、木材、アルミ(金属)、合成樹脂(プラスチック)などがあります。

本格的な額縁を選びたいなら木製がおすすめ。重さのある大きな作品を飾る場合や長期間飾っておくために強度を求める場合はアルミ製が適しています。プラスチック製の額縁は、リーズナブルな価格でさまざまなデザインを選ぶことができますが、あまり強度が高くないので、大型の作品には適していません。

それぞれ特徴があるので、ニーズにあわせて額縁の素材を選びましょう。

<額縁の素材によるメリット・デメリット>

 

木製

アルミ製

プラスチック製

デザイン性

高い

高い

低い

強度

強い

とても強い

弱い

値段

高額

普通

安い

 

また、額縁の表面のカバーは、ガラス製とアクリル製のものがあります。ガラス製のカバーは額縁のサイズによってはかなり重量が大きくなってしまうので注意が必要です。

 

 

3.要らなくなった額縁をお得に処分する方法

買い替えや模様替えなどで不要になった額縁、使われずにしまってあった額縁などを処分するには、どのような方法があるのでしょうか?

欠けていたり壊れた額縁や、傷・汚れのある額縁、古くなり劣化してしまった額縁は、廃棄処分が必要になりますが、まだ十分に使える状態の額縁は、中古買取でお得に処分することができます!

 

壊れた額縁を廃棄処分する方法

額縁を廃棄処分する場合、サイズの小さいものや分解してコンパクトにできるものは、「燃やせないごみ(不燃物)」として地域のごみ収集に出すことができます。燃やせないごみとして出せる条件は地域によって多少異なりますが、おおよそ30cm以内のサイズという条件になっている地域が多いようです。

 

サイズの大きなもの、頑丈で分解することができないものは、「粗大ごみ」として処分しなければなりません。

粗大ごみの処理は有料の個別収集になっており、250円~300円程度の処理費用がかかるケースが多いようです。廃棄処分する額縁がたくさんある場合は個数分の処理費用が必要になってしまうので、たくさんの額縁をまとめて処分したい場合には、地域のごみ処理施設へ持ち込んで処分を依頼する方法がおすすめです。

 

まだ使える額縁をお得に処分する方法

状態の良い額縁は中古で売ることができます。

芸術作品を飾っていた高級な額縁も、カジュアルなポスターを飾っていたシンプルな高額ではない額縁でも買取が可能です。それほど高い値段がつかない場合もありますが、中古買取を利用すれば、お金をかけて処分するよりもお得に処分することが可能です。

 

1) リサイクルショップで手軽に売る!

要らない額縁を手軽に処分したいなら、近所のリサイクルショップで売る方法がおすすめです。お店に直接持っていって、その場で買取してもらえます。

2) ネットフリマで高く売る!

少し手間がかかりますが、ネットのフリマサイトやネットオークションサイトを利用すれば、より高く売ることができます。

3) 専門店なら安心の買取!

高級なものや、アンティーク、大型の額縁などは、絵画を専門に扱う店舗や、額縁を専門に扱う店舗で査定を受ける方法がおすすめ!

写真を送るだけで簡単な査定ができるネットでの査定を行っている店舗も多いので、ぜひ問い合わせてみてください。大きな額縁や、持ち運びが難しいものは、自宅に直接査定・買取に来てもらえる出張査定が便利です。

 

たくさんの額縁をまとめて処分するには?

物置にしまってあった要らない額縁をまとめて処分したい!というような場合には、民間の不用品回収業者に回収を依頼する方法がおすすめです。

不用品の回収だけでなく買取にも対応している業者なら、まだ使える額縁を買取しつつ、壊れた額縁は廃棄処分として引き取ってくれます。処理手数料と買取額を相殺してもらえるので、処理費用を安く抑えることができます。

 

額縁の処分・買取見積もりはこちらから

 

 

4.まとめ

絵画や写真、ポスターなどを飾る「額縁」が要らなくなったときに、お得に処分する方法をご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください!

 

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。