ゴミ屋敷化を食い止めるために、利用できる行政のサポート一覧-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

ゴミ屋敷化を食い止めるために、利用できる行政のサポート一覧

photo-AC

ごく当たり前の日常生活を送ることが不可能なほど、自宅に大量のゴミや不用品をため込んでしまうケースが後を絶ちません。

自分自身の生活や健康を脅かすだけでなく、地域に暮らす人々の生活にも多大な悪影響を及ぼす「ゴミ屋敷」は、もはや個人の問題ではなく、社会全体の問題になっています。

 

ゴミ屋敷問題を解決するために、私たちはどのようなことができるのでしょうか?

 

 

1.ゴミ屋敷問題について考える

テレビや多くのメディアで、ゴミ屋敷の問題が繰り返し報じられています。もちろん海外にも、そして日本全国のさまざまな地域に数え切れないほどのゴミ屋敷が、実際に存在しています。

今現在、ゴミ屋敷やゴミ屋敷による悪影響とは無縁の生活を送っているとしても、いつ、その災難が自分に降りかかってくるかわかりません。斜め前の家がゴミ屋敷になってしまうかもしれないし、マンションの隣の部屋からゴミの臭いがし始めるかもしれませんし、自分の家がゴミで埋まってしまうことがあるかもしれません。

 

自宅の隣がゴミ屋敷になってしまったら?

ゴミ屋敷が近隣の住宅に及ぼす影響は、たくさんあります。

まず、臭い。害虫の発生による被害、景観の悪化。場合によっては、堆積したゴミや不用品が公道を覆ってしまったり、崩れ落ちたゴミでケガをしてしまう可能性もあります。このような事態になったとき、私たちにはどのような対処ができるのでしょう。

 

ゴミを処分してきれいにしてくれるように隣人に頼んだら、片付けてくれるでしょうか? 自治体の担当者に相談すれば、ゴミ屋敷を片付けるよう隣人に指示してもらえるでしょうか? 警察に訴えれば、悪臭の原因を強制的に片付けてくれるのでしょうか?

今までのケースでは、残念ながら、答えは全てNOでした。

明らかな犯罪などが行われていない限り、単に迷惑をかけているというだけでは、自治体も警察の権力をもってしても、個人の住宅の敷地内に勝手に立ち入り、私物を勝手に処分することはできなかったのです。

 

 

2.ゴミ屋敷問題解決に向けた自治体の取り組み

ゴミ屋敷という問題が認識されるようになって以来、多くの自治体で、解決に向けた取り組みが行われてきました。

市の担当者が粘り強く、片付けをするようゴミ屋敷の住人を説得している様子などが、何度もテレビほか多数のメディアで紹介されています。しかしほとんどの場合、問題が解決することはなく、先ほどご紹介したように、たとえそれが有害なゴミであっても、持ち主が権利を主張しているのであれば勝手に処分することはできなかったのです。

 

行政によるゴミ屋敷対策がついにスタート!

とはいえ、有害なゴミ屋敷をいつまでも野放しにしているわけにはいきません。

2013年、ついに、東京都足立区で日本初のゴミ屋敷条例となる「足立区生活環境の保全に関する条例」が制定されました。このときから、いつまでたっても解決の兆しが見えないゴミ屋敷問題に対する、行政の本格的な取り組みがスタートしたのです。

 

残念ながら、ゴミ屋敷条例は国の法律ではなく自治体ごとの取り決めなので、地域によってかなりばらつきがあります。ですが、足立区に続き、多くの自治体が独自のゴミ屋敷条例を制定。名古屋市でも、2018年4月よりゴミ屋敷条例が施行されています。また、2015年には、日本初となる、行政による強制執行(ゴミの撤去)が行われました。

自治体によるゴミ屋敷条例の制定は、今後さらに広がっていくことが予想されています。

 

空き家対策特別措置法による対策

2016年、自治体ではなく国の法律として、ある法律が制定されました。

それは、国土交通省が制定する「空き家対策特別措置法」です。以前にも、いくつかの自治体による空き家条例がありましたが、より強い強制力を持つ条例として、日本全国で、空き家問題に対する取り組みが行われるようになりました。

この法律により、持ち主が不在・不明の空き家になっているゴミ屋敷についても、行政が強制的に対処することができるようになりました。

 

 

3.困ったときに利用できる行政のサポートとは?

もしゴミ屋敷の被害に合ってしまったら、自分で、ゴミ屋敷の住人に片付けてくれるよう訴えますか?

困ったときは、まず、自治体の相談窓口に行ってみることをおすすめします! 個人的に交渉をしても解決することはまれなうえ、トラブルのもととなってしまうこともあるので、間に第三者を交えて交渉するほうが安全です。多くの自治体が、地域のさまざまな問題についての相談窓口を設けていますので、まずは市役所などに問い合わせてみてください。

 

自治体の担当者がゴミ屋敷を直接訪問し、調査を行ったうえで、

・持ち主への指導、勧告、命令
・ゴミの強制撤去
・(所有者でない場合)建物の明け渡し命令
・(所有者でない場合)立ち退き命令

などを行うことができます。

 

 

4.ゴミ屋敷を作らないために、自分でできること

一見、ごく普通に生活をしているように見えても、部屋中にものがあふれ、廊下にたくさんのゴミ袋が積んであるというようなケースは、決して珍しくありません。

仕事などで忙しい時期が続いたり、長く体調を崩してしまい、家の片付けやゴミ捨てが十分にできなかったという経験をしたことはありませんか?

たとえゴミ屋敷のような部屋になってしまったとしても、一時的なものであれば、状況が良くなってからすぐに改善することができます。しかし、片付けられない状態が長く続いてしまったらどうでしょう? 分別もできないままゴミが溜まり続け、汚れが溜まり、ようやく休みが取れたとしても、とても1日や2日では片付かないほどの状態になってしまうかもしれません。

 

ゴミ屋敷になる前に、プロのサポートを利用する!

日々の生活を送っていれば、必ずゴミが出ます。紙くずや生ゴミ、食料品の包装容器、ビン・缶・ペットボトルなどの資源ごみ、不用品の数々。

ゴミ捨てを自分で行っている人ならわかると思うのですが、ゴミの処分は簡単そうに見えて、実はとても大変な作業です。地域ごとに決められたルールに則って分別を行い、決まった曜日、決まった時間、決まった場所に、決められた方法でゴミを出します。ゴミの種類ごとに出せる曜日が決まっているので、月曜日から金曜日までほぼ毎日、ゴミ出しをしなければならないのです。

 

もちろん、ほとんどの人がきちんとルールを守ってゴミ出しをしています。ですが、どうしても対応しきれないというときがあると思います。そんなときは、ゴミが家中にあふれてしまう前に、民間の不用品回収業者による「ゴミ回収サービス」を利用してみてください。

分別できずに放置された大量のゴミを、まとめて引き取ってもらえます!

 

業者が提供する不用品回収サービスとは?

多くの民間の不用品回収業者が、粗大ゴミや生活ゴミ、生活不用品などの出張回収を行っています。

回収するゴミのサイズや量に応じた料金プランが用意されており、大量にある場合は、トラックの積み放題サービスなど、よりお得なプランを利用できます。また、生活ゴミ、粗大ゴミ、壊れた家電製品などもまとめて回収してもらえるので、とても便利! まずは、ネットや電話で見積もりを申し込んでみてください。

業者の不用品回収サービスは、土日祝日や、場合によっては早朝・深夜の時間帯にも対応が可能なので、ゴミ屋敷一歩手前の状態で困っている方は、ぜひ、一度相談してみることをおすすめします。

 

 

5.まとめ

社会問題にもなっているゴミ屋敷について、行政の対策やサポート、民間の不用品回収業者によるゴミ回収サービスを利用した対策などをご紹介しました。

今後、地域社会によるより具体的な取り組みが行われていくことで、ゴミ屋敷問題の解決にわずかずつでも近づいていくことができるかもしれません。

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。