名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター
即日対応・当日対応OK!お気軽にお問い合わせ下さい!

MENU

ゴミ屋敷を自力で片付けるには?準備するものと片付けのコツ!

 

さまざまなメディアで紹介され、すっかりおなじみになったゴミ屋敷問題ですが、テレビのニュースで見るゴミ屋敷の様子は、本当に衝撃的です。

天井まで積みあがったゴミの山、家の敷地からあふれんばかりのさまざまな不用品やゴミ袋など、とても自力で片付けられるような状態ではありません。

とはいえ、ゴミ屋敷をいつまでも放置してしまうと、ねずみや害虫、悪臭、事故や火事の危険など、自分だけでなく近隣住民への迷惑ははかり知れません。もっと大きな事故やトラブルが起きてしまう前に、いつか誰かが片付けなければならないのです。

* * * * *

近年、ゴミ屋敷の清掃を一括で請け負う民間の業者が増えています。ゴミの回収・処分から室内の清掃、メンテナンスまで何でも対応してもらえますが、決して安くない費用がかかります。また、他人に室内に入られることに対して抵抗のある場合もあるでしょう。

ゴミ屋敷の状態になった家を、自分で片付けることはできないのでしょうか?

 

 

1.ゴミ屋敷とは?ゴミ屋敷になってしまう原因は?

 

ところで、どのような状態をゴミ屋敷と呼ぶかご存知ですか?

実際、「ゴミ屋敷」にはっきりとした定義があるわけではありません。自宅や実家がゴミ屋敷かどうかということについては、いくつかのポイントから判断することができます。

 

ゴミ屋敷かどうかを判断するポイントとは?

住んでいる人にとって、自分の家がゴミ屋敷かどうかを判断することは難しいかもしれません。玄関先にゴミ袋が5つぐらい溜まってしまったことで、うちはゴミ屋敷かもと思ってしまう人がいる一方で、ゴミをかき分けて生活していても、自分はまったく困っていないからゴミ屋敷ではないという人もいます。

つまり、ゴミ屋敷かどうかを知るには、客観的な判断が必要になってくるのです。

ゴミ屋敷かどうかは、周囲の住民に迷惑をかけているかどうかで判断することができます。次の項目にひとつでも当てはまる状態なら、ゴミ屋敷であるといえるでしょう。

<ゴミ屋敷かどうかのチェックポイント>
・周囲に悪臭がただよっている
・周囲にねずみ、ゴキブリなど害虫が多く発生している
・公共のスペースをゴミが占領している

 

ゴミ屋敷ができてしまう原因はひとつだけではない

家の中にゴミが溜まってしまう原因は、単にゴミを捨てるのが面倒だったということだけではありません。

仕事が忙しくゴミ捨てがままならない、病気や加齢により生活が困難になったため、精神疾患、認知症、孤独からゴミを集めてしまう、買い物依存、もったいなくてゴミを捨てられないなどさまざまな事情が考えられます。

<ゴミ屋敷を引き起こすさまざまな理由>
・仕事が忙しくゴミ捨てができない
・病気や加齢により生活が困難
・精神疾患により生活が困難
・認知症により生活が困難
・孤独からゴミを集めてしまう
・買い物依存
・ゴミを捨てられない など

 

2.ゴミ屋敷を自力で片付けることが出来るか判断するには?

 

自分の家、あるいは実家がゴミ屋敷の状態になっている場合、片付けるべきかどうかを判断するのは自分です。そして、どのような方法で片付けを実行するかも、自分で決めなければなりません。
可能であれば、あまり人に知られないように、自分で何とかしたいと考える人が多いのではないでしょうか。それに、自力でゴミ屋敷の片付けができればお金もかかりません。

 

自力で片付け可能なゴミ屋敷とは?

ワンルームマンションや1DK程度の狭い範囲のゴミ屋敷、あるいは、1部屋だけがゴミ屋敷状態になっている場合。ゴミの量が比較的少なく、部屋中を覆いつくしているわけではない場合には、自力で片付けることができます。

また、ゴミ屋敷の状態になってからあまり時間が経っていない場合にも、自力での片付けが可能です。

 

プロに片付けを頼んだがほうがよいケース

数年以上にもわたってゴミ屋敷の状態にあり、部屋中を埋め尽くすゴミが天井近くまで届いているような場合は、たとえワンルームマンションであっても、プロの業者に依頼することをおすすめします。また、一戸建ての家中、敷地いっぱいにゴミや不用品があふれているような場合にも、素人が自力で片付けるのは難しいかもしれません。

家の中には入ってほしくない場合は、ゴミの回収・処分だけを依頼するといった方法でサポートしてもらうこともできます。

▼詳しくはこちら▼

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼したときの相場と気をつけたいポイント!

 

 

3.ゴミ屋敷を片付ける前にしておきたい準備とは?

 

ゴミ屋敷の片付けは、ある日突然思い立ってその日にできるようなものではないので、しっかりと下準備をして取りかかるようにしましょう。片付け当日までに次の3つのポイントを確認しておくことで、作業をスムーズに終えることができます。

 

ゴミ屋敷の片付けに必要な道具

作業当日までに用意しておきたいものは、ゴキブリや害虫の駆除剤、ゴミ袋や大量のゴミを運ぶための台車。そして、自分の身を守るためのマスクや帽子、軍手などです。

ゴミが堆積する部屋の中には、ねずみやゴキブリなどの害虫が大量に繁殖している可能性があります!また、服や靴に悪臭がこびりついてしまうと、臭いが落ちなくなってしまうかもしれません。廃棄可能な服を用意することをおすすめします。

<片付けに必要なもの>
・殺虫剤、害虫駆除剤
・ゴミ袋
・柄の長いトングなど
・スコップ
・ゴミを運ぶ台車

<自分の身を守るためのもの>
・マスク
・帽子(頭を覆うもの)
・ゴーグル
・軍手、厚手のビニール手袋
・長袖、長ズボン
・長靴

 

ゴミ屋敷の片付け前に確認しておくこと

実家や親戚の家など、片付けをするゴミ屋敷の家主が自分ではない場合、ゴミを捨てて片付けをすることを家主に了承してもらうことを忘れないようにしましょう。本人が納得していない場合は、他の関係者ともしっかり話をつけておくことが大事です。

また、賃貸住宅の場合は大家さんや管理会社、周辺の住人の方に一声かけておくことも大切です。

 

ゴミを捨てる場所、処分方法を確認しておく

ゴミ屋敷の片付けといえば、家から運びだされる大量の不用品やゴミの山。これらをどう処分するかということが大きな問題になってきます。

燃えるゴミだけでなくさまざまな種類のゴミが混じっているので、通常のゴミ回収ですべて処分することは難しいでしょう。地域のゴミ処分場に自分で持ち込むという方法もありますが、内容によっては回収できない場合もありますので、ゴミの処分だけはプロの業者に依頼する方法をおすすめします。トラックに積めるだけ積んで回収してもらえるプランなどもあるので、事前に業者に相談してみることをおすすめします。

 

 

4.ゴミ屋敷を片付ける手順とコツ!

 

それでは、ゴミ屋敷の具体的な片付け方法について説明していきたいと思います。
ゴミ屋敷の片付けは、「害虫対策をする」「ゴミを出す」「ゴミを処分する」「清掃する」という4つのステップに分けて行います。ワンルームマンションなど範囲が狭く、ゴミの量も比較的少ない場合には、1日でゴミ出しから清掃まで完了しますが、規模が大きい場合は1日では終わらないことを覚悟しておく必要があります。

 

1)害虫対策をする

ゴミ屋敷に堆積するゴミの中には、害虫が大量に繁殖している可能性があります。まず、殺虫剤などでできる限り害虫を退治してから、片付けにとりかかりましょう。

日程に余裕がある場合は、前日にバルサンなどのくん煙式殺虫剤を焚いておくとより効果的です。

 

2)ゴミを出す

マスクや帽子、厚手の軍手などでしっかりと防護してから、ゴミ出しに取りかかります。

ゴミを分別しながらゴミ袋にまとめ、どんどん部屋の外に出していきますが、大量のゴミが出てくるので、台車などがあると便利。

いきなり部屋の奥まで入るのではなく、入口付近から徐々に片付けていきます。

 

3)ゴミを処分する

部屋から運び出したゴミを処分します。

ゴミの処分方法については、事前に検討しておく必要があります。業者にゴミの回収を依頼する場合は、回収に来てもらう時間やトラックを停める場所などについて、事前に打ち合わせをしておくことが大切です。

 

4)清掃する

ゴミや不用品をすべて撤去した室内を清掃します。何年もゴミが堆積していた場合、床や畳が傷んでいたり、壁紙やふすまが破れてしまっている場合が多いです。室内の清掃と合わせて、部屋の補修作業も行います。

破損の状態がひどい場合は、リフォームが必要な場合もあります。

 

 

5.まとめ

 

自力でゴミ屋敷を片付ける方法についてご紹介しました。

比較的程度の軽いゴミ屋敷であれば、一般の人でも、自力で片付けることが可能です。まずは、自力でなんとかできそうかを検討すること。どれだけの時間と手間をかけられるか、手伝ってもらえそうな人がいるかといったことから、自力で片付けるか、プロの業者にサポートを依頼するかを判断します。

自力で片付けることを決めたら、自分の身を守るための道具、ねずみや害虫への対策などを準備してから始めます。

ゴミ屋敷の片付けは簡単ではありませんが、しっかりとした下準備をしてから取り組むことで、比較的スムーズに作業を完了することができます。

 

▼こちらの記事も合わせてチェックしてみてください▼

「ゴミ屋敷ってどうやって出来上がるの?家主の心理は?」

 

 

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。