ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼したときの費用は?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼したときの費用は?

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼すると、実際、どれくらいの費用がかかるのでしょうか? 「気になるけど、すごく高そうだから無理かも」 「頼んでみたいけど金額が恐ろしい!」 そう思って、ためらっている方が多いのではないでしょうか。   実際、ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼した場合の料金は決して安くはありません。 でも、考えてみてください。 長年ゴミを溜めつづけ、汚れが蓄積し害虫が発生してしまったゴミ屋敷を元の状態に戻すために、どれほどの労力と時間が必要かということを。 散らかったものやゴミを片付けて、種類別に分けて集積場に運び、燃えるごみ、プラスチックゴミ、びん、缶、ペットボトル、紙類、資源ゴミ、粗大ゴミ、リサイクル家電ゴミ、燃えないゴミなどをそれぞれ処分することから始まりますが、ゴミ屋敷の片付けは、ゴミを捨てることだけではありません。 長年ゴミで覆われて傷んでしまった畳、フローリングの貼り替え、壁紙の修理。カビや汚れで覆われた水回りの清掃。リフォーム工事が必要なほど部屋を傷めてしまった場合は、さらに多くの費用が必要になります。   とはいえ、どこかで覚悟を決めて片付けを始めなければ、いつか取り返しのつかない事態になってしまわないとも限りません。ゴミ屋敷に住み続けることは、自分だけでなく周囲の人にまで命や健康の被害を及ぼしかねないのです。 どれぐらいの費用がかかるか不安で、業者に依頼するのをためらってしまっているという方のために、ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼したときの一般的な費用相場について、ご紹介します。    

1.ゴミ屋敷が出来上がってしまう原因

ゴミ屋敷に住んでいる人は、だらしない怠け者なのでしょうか? 実際にゴミ屋敷で暮らしている人の中には、病気やケガ、精神的な疾患、高齢のために思うように身体が動かず、ゴミ捨てや片付けが困難になってしまったというケースが多く存在します。   <自力での部屋の片付けやゴミ捨てが難しくなるケース> ・病気やケガのために身体を動かすことができない ・高齢による体力・筋力・視力の低下 ・うつなどの精神的な疾患のため、思うように身体が動かない ・ものため込むことで、孤独や不安などを紛らわせている ・認知症のために、身の回りのことができなくなってしまっている    

2.ゴミ屋敷を片付ける方法

ゴミ屋敷を片付けて元のきれいな部屋に戻すためには、どのようにすればよいのでしょうか?  

自分でゴミ屋敷を片付けるには?

もし、ゴミ屋敷状態になってからそれほど期間が経っておらず、床が見えている程度のゴミの量であれば、自分で(あるいは家族や友人の協力を得て)片付けることができるかもしれません。 大量のゴミを処分することが難しい場合は、ゴミの回収・処分だけを依頼することもできます。  

自力での片付けが難しい場合は業者に依頼する

多くの場合、散らかり始めた部屋をどうすることもできないまま時が過ぎ、ゴミ屋敷が出来上がります。気が付いたときには手のほどこしようがなく、そのままずるずるとゴミ屋敷に住み続けてしまうということになります。 自力での解決が困難で、相当な時間がかかってしまうようであれば、思い切って業者に依頼する方法がおすすめです。  

ゴミ屋敷の片付けを依頼すると、何をしてくれるの?

部屋中に散らばった、あるいは積みあがったさまざまな種類のゴミの山。生ゴミから紙くず、雑誌や書籍、粗大ゴミや、中には生活に必要なものや貴重品も含まれているので、自力で片付けるには膨大な時間がかかってしまいます。 業者に依頼すると、堆積するゴミを分別し、必要なもの以外を搬出・処分します。粗大ゴミや手間のかかる家電の廃棄処分もまとめて対応してくれます。 その後、ゴミの中にひそむゴキブリやネズミなどの害虫の駆除、汚れがしみついた部屋のクリーニング、浴室や台所など水回りを清掃。場合によっては、破れた壁紙の貼り替え、傷んだフローリングや畳の修理も行います。    

3.片付けを業者に依頼するときに気をつけたいこと

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する場合、最も重要なのは、信頼できる業者を選ぶことです。信頼できる業者を選ぶには、どのような点に気を付ければよいのでしょうか?  

信頼できる業者の5つの特徴

業者を選ぶ際に参考にすべき5つのポイントをご紹介します。  
  • 産業廃棄物収集運搬許可を持っている
ゴミ屋敷片付けを請け負う業者の多くは、地域で産業廃棄物収集運搬許可を受けて事業を行っています。許可を受けていない業者にゴミの処分を依頼することはできませんので、産業廃棄物収集運搬許可を持っている業者に依頼することをおすすめします。 依頼する業者が許可を得ているかどうかは、ネットで検索することができます。  
  • HPに詳しい情報を掲載している
多くの業者がHPを開設し、ゴミ屋敷片付けに関する情報や費用についての情報を公開しています。 必ずしもHPがある業者が信頼できるというわけではありませんが、できる限り多くの情報を詳しく掲載している業者がおすすめです。 もちろん、HPを持っていなくても信頼できる業者がたくさんあります。  
  • クリーニングや害虫駆除にも対応している
業者が対応している作業内容をしっかり確認することが大切です。 ゴミ屋敷の片付けには、ゴミの収集・処分、クリーニング、害虫駆除、場合によってはフローリングや畳、壁紙の貼り替えといったリフォーム工事も必要になります。 必要な作業に対応しているかどうかをHPなどで確認するか、見積りや申込み時に確認しておきましょう。  
  • どれぐらいの期間運営している事業かどうかも重要
ゴミ屋敷の片付けを請け負う業者は、近年増加傾向にあります。 不用品回収事業や地域のゴミ収集事業、便利屋などを行っていた業者が兼業しているケースが多いようですが、全く新規にゴミ屋敷片付けの事業を始めるケースもあります。 新規参入の業者は比較的低価格でサービスを提供していることもありますが、ある程度の実績と経験年数のある業者に依頼するほうが安心です。  
  • ネットの口コミでトラブルがないこと
ネットで口コミを集めたサイトやSNSなどを通して、業者の評判をチェックすることができます。 悪質な対応をする業者についての情報や、良心的な片付け作業をしてくれた業者についての口コミ情報が見つかることがあるので、ぜひ業者選びの参考にしてみてください。   このほか、古物商許可の許可も合わせて持っている業者であれば、不用品の買い取りも同時に行ってもらえるので、よりお得にゴミ屋敷の片付けを済ませることができます。  

トラブルにならないための上手な依頼方法

ゴミ屋敷の片付けを始める前に、ほとんどの業者が事前に現地の状況を確認しに来ます。見積りの際に、どのような作業を依頼したいのかをしっかり伝えることが大切です。 また、用意できる費用が限られている場合は、この金額まででお願いしますと事前に伝えておくと安心です。 見積り後、内容に納得できれば申込み内容を確認して契約書を作成。追加料金が発生する可能性などについてもしっかり確認しておきましょう。 電話申込みのみで、現地の確認や見積りもなく作業を行うという業務もありますが、不安な場合は、料金や作業内容を事前に確認したいと伝えてみましょう。対応があいまいで納得できないときは、作業が始まってしまう前にしっかりと断ることも大切です。    

4.ゴミ屋敷の清掃費用の相場

それでは、ゴミ屋敷の片付け、清掃費用のおおよその相場価格についてみていきましょう。 業者に片付けを依頼した場合、ゴミの分別・撤去・処分費用、クリーニング代金、人件費、トラックの運搬費用などがかかります。  

部屋の広さからみたゴミ屋敷片付けの費用

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼した場合の基本的な費用は、部屋の広さからおおよその金額を判断することができます。 さらに、ゴミの量・内容、汚れの程度などによってさらに料金が加算されるので、正確な金額を知るためには、見積りを取ってもらう必要があります。 見積りが困難なほどゴミが堆積している場合は、あとから追加料金が加算されるケースが多いようです。   〇部屋のサイズごとの片付け費用(基本料金) 【1K】 2万円~ 【1DK】 5万円~ 【1LDK】7万円~ 【2DK】10万円~ 【2LDK】15万円~ 【3LDK】20万円~ 【4LDK】25万円~   〇トラックの運搬費用 【軽トラック】 1万5千円~ 【1tトラック】 3万円~ 【2tトラック】 5万円~   〇人件費 1人につきおよそ5千円~   〇その他に必要な費用 クリーニング、壁紙の貼り替え、畳の貼り替え、フローリングの貼り替え、害虫駆除、リフォーム工事 ほか    

5.まとめ

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する場合の注意点、一般的な費用相場などについてご紹介しました。 場合によっては高額な費用が発生するゴミ屋敷の片付けですが、片付いたきれいな部屋を取り戻し、新たな生活をスタートするための重要なステップです。 まずは現状を把握し、相談することから始めてみてはいかがでしょうか。  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。