なるべく避けたい!ゴミ屋敷でよく起こるトラブルとは?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

なるべく避けたい!ゴミ屋敷でよく起こるトラブルとは?

もし、自宅の近くにゴミ屋敷があったとしたら…。   すっかりおなじみになった、ゴミ屋敷を特集したテレビの特番。外から見ただけではわからないゴミ屋敷の内部の姿に衝撃を受けます。想像を絶するゴミ屋敷の中で生活や、孤独や不安を抱えたさまざまな人生模様に胸が痛くなることも。 しかし、そう思えるのは、それがテレビの向こう側の非現実的な世界の出来事だからです。そのゴミ屋敷が自分の家の目の前、すぐ近くにあったとしたらあなたはどうでしょう?今まで通りの普通の生活がおくれるでしょうか?   他人事ではすまされない、ゴミ屋敷にからむトラブルの実態とその対処方法についてご紹介します。    

1.ゴミ屋敷が出来上がってしまう原因

ゴミが捨てられないイコールゴミ屋敷ではありません。 例えば、一人暮らしで仕事が激務だったり、早朝の勤務でゴミ捨てのタイミングをいつも逃してしまうような状況だったとしても、ゴミ屋敷にはなりません。   ゴミ屋敷で暮らす人の多くは一人暮らしで、家族や親戚といった人とのつながりが希薄だという傾向があると言われています。  

孤独、寂しさからくる心のすき間を埋める「ゴミ」

生活をしていく中で発生するさまざまなゴミ(生ゴミ、紙ごみ、燃えないゴミ、資源ゴミなど)を、捨てずに家の中にため込むことで、次第にゴミ屋敷が出来上がっていきます。 さらに、ゴミ集積場などに捨ててあるゴミを拾って家に持ち帰ることを繰り返し、さらに加速度的にゴミ屋敷が出来上がっていくと考えられています。 ゴミ屋敷の住人は家の中にたまったゴミを大切な財産と考え、たくさんあればあるほど安心できるので、どんどんゴミを拾って持ち帰ります。ゴミ山が心の拠り所となっているケースが多く、ゴミを処分しようとする人が現れると激怒して攻撃してくることも。自分の宝物が奪われてしまうという恐怖を感じるのかもしれません。  

ゴミ屋敷が出来上がってしまうケース

病気やケガ、老化によるトラブル、精神疾患、認知症などさまざまな問題から、ゴミ屋敷が出来上がってしまうケースも多くあります。 一人暮らしが困難な場合は、家族や行政が介入し、生活のサポートや施設への入居などを検討することで、ゴミ屋敷問題の解決を目指すことができます。    

2.ゴミ屋敷が原因で起こるトラブルとは?

ゴミ屋敷の近くに住んでしまった場合、自宅のすぐ近くにゴミ屋敷が出来てしまった場合に起こりうるトラブルには、次のようなものがあります。  
  • 悪臭
ゴミ屋敷に関するトラブルの中でも特にやっかいで、対処が困難なものが悪臭によるトラブルです。 ゴミ屋敷の中に堆積するゴミの中には、食べ物、食べかけの食材、お弁当の空き箱、飲みかけのペットボトルなどが含まれていることが多く、これらの食材が腐って腐敗臭を放ちます。汚れた衣類や汚物、庭に放置され雨で湿った段ボールや新聞紙なども腐って不快な臭いをまき散らします。 隣ではなくても、近隣の地域にゴミ屋敷が1件あるだけで、1年中窓を開けられない、洗濯物を外に干すことができないといった事態が起こります。  
  • 害虫によるトラブル
ゴミ屋敷の中には害虫の大好物である腐った食べ物がたくさんあるので、ハエ、ゴキブリ、ネズミといった害虫が大量発生します。鳩が住みつき、室内に大量のフンを落としているケースもあります。 ゴミ屋敷の中で発生した害虫は近隣の住宅にも侵入するので、どんなに清潔にしていてもハエやゴキブリがわいてきます。  
  • 感染の危険
ゴキブリやネズミは病原菌を媒介する危険性があります。 特に、小さな子どもがゴミ屋敷で繁殖したネズミなどに触れてしまったり、危害を加えられて細菌に感染してしまうと大変危険なので、ゴミ屋敷にはできる限り近づかないよう注意が必要です。 また、ゴミ屋敷の住人が餌をまいて鳩を集めているケースも多くあり、鳩のフンによる被害も報告されています。  
  • 火事による危険
多くのゴミ屋敷の住人が、新聞紙や段ボールを収集、家の敷地内にため込んでいます。 ゴミの中にはタバコの吸い殻やライター、ガスボンベなどが紛れ込んでいることもあるので、万が一火がついていしまった場合には、大量のゴミが燃えて大火事になり近隣の住宅にも燃え広がってしまう危険があります。  
  • 敷地や道路へのゴミの侵入
家の敷地内に詰め込んだゴミが公共の道路にもあふれだし、道をふさいでしまっている悪質なケースもあります。積みあがったゴミ山が崩壊して道路に散らばったり、無造作に積み上げた粗大ゴミが落下して通行人に危害を与えてしまうケースも。 道路にあふれたゴミを近隣の住人が捨てようとしてトラブルになるケースも発生しているので、直接注意するのは危険です。危なそうな状態を発見したら、自治体や警察に通報するようにしましょう。  
  • 景観の問題
敷地いっぱいにゴミを積み上げ、家の窓や玄関からもゴミがあふれている様子は、見ていて気持ちのいいものではありません。 視界の中に常にゴミ山があるような生活環境は大きなストレスになり、体調を崩す原因になってしまうこともあります。    

3.トラブルが起きてしまったときの対処法

ゴミ屋敷に関するトラブルに巻き込まれてしまった場合、一体、どうすればよいのでしょうか?  

ゴミ屋敷問題、あきらめるしかないの?

例えば、せっかく買った一戸建ての目の前の家が、いつの間にかゴミ屋敷になってしまった場合を考えてみましょう。 リビングの窓から外を眺めると、ゴミの山が見えます。辺り一帯に強烈な悪臭が漂い、洗濯物を外に干すことも、窓を開けることもできません。ハエが大量発生、どんなに駆除してもゴキブリやネズミが家の中に侵入してきます。 ゴミ屋敷の家主にゴミを処分するよう訴えても、怒り狂って話になりません。捨てるどころか、さらにゴミを拾ってくる始末。 こうなってしまったら、あきらめるか、引っ越す以外に、現在のところ有効な解決法はないというのが現状です。  

ゴミ屋敷問題に希望の光!ゴミ屋敷条例とは?

現在のところ、行政が直接ゴミ屋敷を取り締まるための国の法律はありません。残念ながら、ゴミ屋敷に関するトラブルに巻き込まれてしまっても、泣き寝入りするしかないというのが現状です。 しかし、ゴミ屋敷のトラブルの実態が世間に広まってきたことで、行政も対応策の検討を開始。自治体が独自でゴミ屋敷問題に対応する条例を定めるケースが増えてきました。それが、いわゆる「ゴミ屋敷条例」と呼ばれるものです。 この条例のもと、いくつかの自治体では強制的にゴミの撤去が行われました!しかし、費用負担などの問題などもあり、件数はまだごくわずかです。  

ゴミ屋敷条例を制定している自治体の一例

・東京都荒川区「荒川区良好な生活環境の確保に関する条例」平成20年~ ・東京都足立区「足立区生活環境の保全に関する条例」平成24年~ ・京都府京都市「京都市不良な生活環境を解消するための支援及び措置に関する条例」平成26年~ ・神奈川県横浜市「横浜市建築物等における不良な生活環境の解消及び発生の防止を図るための支援及び措置に関する条例」平成28年~ ・愛知県名古屋市「住居の不良堆積物対策の基本的な考え方(案)」検討中    

4.まとめ

ゴミ屋敷が原因で起きるさまざまなトラブルについてご紹介しました。 もし自宅の近くにゴミ屋敷ができてしまったら、あるいは、引っ越し先のマンションにゴミ屋敷状態の部屋があったとしたら…。   ゴミ屋敷の問題が社会問題として大きく取り上げられ、近隣に及ぼす被害の実態が明らかになってきたことで、自治体などの行政が具体的な対策を取り始めています。 今までは、あきらめるか引っ越すしか対応策がなかったゴミ屋敷問題ですが、近い将来、新たな展開が見えてくるかもしれません。  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。