ゴミ屋敷にならないために!ものを捨てるコツ!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

ゴミ屋敷にならないために!ものを捨てるコツ!

  ゴミ屋敷を作ってしまった人も、ゴミ屋敷のような状態で暮らしている人でも、初めからそのような環境で暮らしたいと願っていたわけではありません。 部屋の中に多少ゴミがたまっていても、物があふれていてもまったく気にならないという方もいると思いますが、ゴミに埋もれて生活を続けていると著しく健康を損なうおそれがあります。今は何ともなくても、不衛生な環境で生活することは確実に身体に害を及ぼしてしまいます。 自分自身のためにも、周りに迷惑をかけないためにも、家をゴミ屋敷のような状態にしないよう気を付けるのはとても大切なことです。   ゴミ屋敷を作ってしまわないためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか? 家の中のものを増やさないための、ものを捨てるコツをご紹介します。    

1.ゴミ屋敷が出来上がってしまう原因

天井近くまでもので埋まった部屋や、敷地からあふれるほどものが積み上げられた庭など、テレビのニュースでたびたび目にするゴミ屋敷の様子には、本当に驚かされます。 しかし、初めからものがあふれている家はありませんし、ゴミ屋敷も始めはきれいに片付いていたはずです。一体どうやって、ゴミ屋敷が出来上がってしまうのでしょうか?  

入ってくるもの > 出て行くもの

ゴミ屋敷が出来上がっていく物理的なメカニズムは、単純です。 家の中に入ってくるものよりも、出ていくものが圧倒的に少ないということ。 自然に家の中にものが湧いてくることはありません。買う、もらう、拾うといった行為により、ものが増えていきます。その一方で、消費する、捨てる、誰かにあげるという行為により、ものが減っていきます。 家の中に入ってくるものよりも出て行くものが少なければ、家の中にものが増え、ゴミ屋敷に近づいていきます。買い物が趣味、何でも大量に買い込んでしまう、ものを拾ってくる習慣があるというような方は要注意です。    

2.どうしてものを捨てられないのか

  家の中にものをためないようにするためには、要らないものを捨てることが必要です。家の中からものを出さない限り、ものは増え続けてしまうからです。 ゴミ屋敷を作ってしまう人は、なぜものを捨てられないのでしょうか?それには、いくつかの理由があるのです。  

物理的な理由でものを捨てられないケース

ゴミ捨ては決して簡単な作業ではありません。種類ごとに分別し、種類ごとに決められた曜日、時間、場所に運ばなければならないうえ、ゴミの種類によってはお金を払って個別回収を依頼する必要があります。 仕事や介護・育児といった家の用事で忙しく、決められたゴミ出しの時間に間に合わないためにゴミ捨てができないといったケースがあります。仕事のスケジュールや生活スタイルをすぐに変えることは難しいので、仕方なくゴミが増え続けてしまうという結果になってしまいます。 大量にゴミがたまってしまうような場合は、民間の不用品回収業者にまとめて引き取ってもらう方法がおすすめです。  

病気などの理由でものを捨てられないケース

ケガや病気で寝込んでしまっている、重たいゴミ袋を離れたところにあるゴミ捨て場まで運ぶのが困難なケース、うつなどで気持ちがふさぎ、ゴミ捨てをすることが困難といったケースなどがあります。また、周りも気づかないうちに認知症がすすんでしまい、ゴミ捨てだけでなく日常生活を送ることも難しくなっているようなケースも。 このような場合は、家族や近隣の方、行政のサポートを借りて、生活環境を見直す必要があります。    

3.捨てるもの別!ものを捨てるコツ!

  ゴミ屋敷に近い状態になった部屋の押入れやクローゼットなどに詰め込まれがちなものといえば、衣類、紙類、本や雑誌。そして、台所には大量の食器、賞味期限を過ぎた食品、洗面所の棚には使い切れないほどの消耗品が押し込まれているといったケースがよくあります。 家の中にたまりがちなものの捨て方のコツをご紹介します。  

衣類

大切な収納場所であるクローゼットや押入れを占領する大量の衣類。まだ着れるもの、いつか着るかもしれないものを捨てるのは勇気が要りますよね。まずは、傷んでいるものをみつけて処分することから始めましょう。 破れたり、虫食いで穴があいたもの、生地が薄くなっているもの、色が褪せているもの、毛玉がひどいもの、落ちないシミがついている衣類は思い切って資源ゴミに出しましょう。ボタンが取れて替えがないもの、サイズが全く合わないもの、着心地の悪い衣類も同様に処分します。 これだけでも、クローゼットが随分すっきりするはずです。  

本・マンガ・雑誌

創刊号から集めている古い雑誌のバックナンバー、年間購読で何年分も揃えていた雑誌、マンガ、書籍など、もう読まないものであっても、いつか希少価値が出て高く売れるかもしれない!と思っていませんか? 古い雑誌が高く売れるのは、ほぼ手つかずの状態できちんと保管されていたものだけです。ほこりをかぶり、ページが折れて、湿気や虫がついているような状態のものはゴミにしかなりません。虫が大量発生してしまう前に、まとめて資源ゴミに出してしまうことをおすすめします。 状態の良いものは、まとめて古本屋に持っていきます。大量にある場合は、ダンボールに入れて送るだけのネット買取がおすすめです。  

食器

食器棚に大量にしまってある皿、茶碗、コップなどを思い切って処分することで、食器の出し入れがとても楽になります。いつか使うかも!と思っていても、3年以上使う機会のなかったものはこの先も使う機会はほぼ巡ってきません。気に入って買ったものや、いつか使いたいと大事にしまってあるものは今すぐ出して使い、代わりに古いものを処分します。 引き出ものでもらったセットは箱ごとリサイクルショップに持っていきましょう。 景品でもらった1枚だけのサラダボールや、割れてしまって1枚だけのこったセットのお皿は思い切って処分、欠けやキズのある食器などいつかケガを招く危険のあるものも処分対象、まとめて不燃ごみ(燃えないゴミ)に出します。割れると危険なグラスなどはビニール袋に入れて出すと安心です。  

消耗品

安売りやセールのたびに買い込んでしまう、ティッシュ、トイレットペーパー、洗剤などの消耗品。使いきれないほどため込んでいませんか? ティッシュなどは劣化して使えなくなってしまうということがないので、捨てる理由もないままどんどんたまり続けてしまいます。まずは、買うのを一旦ストップしましょう。たまっているストックをおよそ半分程度に減らすまで買い足すのを止めることで、お金も節約することができます。 そして、使うときには古いものから優先的に使っていくことが大切です。    

4.捨てるのがもったいないものの処分方法

一度も使っていないもの、まだ使えるもの、もらったもの、思い出のものなど、捨てにくいタイプのものがたくさんありますよね。 3年前に買って一度も使っていない電気製品、何シーズンも袖を通していない洋服、5年前から埃をかぶっているダイニングセット、もう読んでしまったマンガなど、とりあえず使う予定のないものは買取に出すことをおすすめします。   ただし、あまりに古すぎるものや傷みの激しいものは買い取ってもらえないので、場合によってはお金を払って処分することになってしまいます。どんなものでも時間とともに劣化し買取が難しくなってしまうので、思い立ったらすぐに売りに出してしまうことが大切です。    

5.まとめ

  いつかゴミ屋敷を作ってしまわないために、いらないものを捨てる、ものを増やしすぎないようにするためのコツをご紹介しました。 普段からいらないものをこまめに処分する習慣をつけておくことで、家中にものがあふれていくのを防ぐことができます。ついつい買いすぎてしまったり、捨てるのが苦手という方は、1年に1回でも、ものを片付けて処分するタイミングを作ることが大切です。

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。