不要になったインラインスケートをお得に処分する方法-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

不要になったインラインスケートをお得に処分する方法

子どものころに、ローラースケートを楽しんだことがある。 という方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか?   ローラースケートはシーズンを問わず楽しめ、アイススケートと比べて難易度が低く、多くの人が利用できるとても楽しいスポーツです。 狭い公園や道路などの危険な場所では使えないのですが、広い公園や、専用エリアが整備されている場所で楽しむことができます。   今回は、ローラースケートの中でも近年特に人気を集めている、インラインスケートについて、人気ブランド、上手な使い方、買い替えの際のお得な処分方法などをご紹介します。    

1.インラインスケートってどんなもの?

ローラースケートの起源とされているものは諸説あり、1700年代頃に、夏用のスケートとして開発されたという説が有力です。開発されたばかりの頃のローラースケートは、靴の裏に4つの車輪(ローラー)が、左右に2つずつ並んだ形状のものでした。 日本にローラースケートが広まったのは、1980年代後半。やはり、4つの車輪が2つずつ並んだタイプが一般的で、スケート靴のように靴に直接車輪がついたものだけでなく、スニーカーなどの靴に装着して手軽に使えるタイプのものが人気を集めていました。   その後、車輪よりもさらに細いウィールが縦に並んだ、インラインスケートが登場。 子どもが遊ぶ遊具としてだけでなく、よりスピードを楽しめる競技としての人気が高まりました。 インラインスケートは、縦に4つまたは5つのウィールが並ぶ、スマートでスポーティな形状が特徴。靴に装着するタイプのものもありますが、靴に直接ウィールがついたものを装着するスタイルが一般的です。  

ローラーブレードとはどう違うの?

インラインスケートのことを、「ローラーブレード」と呼ぶことがありますが、なぜでしょうか? 実は、ローラーブレードは商標名なのです。   ROLLERBLADE(ローラーブレード)社は、1983年にアメリカで設立された、インラインスケートを製造するメーカーです。インラインスケートを世界に広めた草分け的存在として知られ、現在も、さまざまなスタイルのインラインスケートを製造販売しています。 ROLLERBLADE社が製造販売するインラインスケートは、「ローラーブレード」と呼ばれることが多いようです。    

2.日本でインラインスケートが人気の理由

インラインスケートが人気!とご紹介しましたが、本当に流行っているの?と、疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。 確かに、街中や公園などで、インラインスケートを履いて滑っている人を見かけることは多くはありません。というより、見かけることはかなりまれ。 では、日本ではどこでインラインスケートを楽しむことができるのでしょうか?   ローラースケートやインラインスケートは、交通量の少ない道路であれば、公道でも滑ることができます。しかし、インラインスケートを安全に楽しめるような道路を探すのは、実際難しいでしょう。  

インラインスケートを楽しめる場所とは?

インラインスケートは、十分な広さのある公園や、整備されたスケートパーク、スケート広場などで楽しむことができます。 近年、ローラースケートやインラインスケート専用のコースを整備している公園や施設が増え、雨の日でも楽しめる屋内の施設も利用できるようになりました。 スケートパークなどが整備されるようになったことで、日本でのインラインスケートの人気が上昇。インラインスケートの競技大会もさまざまな場所で開催され、インラインスケートのスクールも人気を集めています。  

インラインスケートの種類とは?

ブーツにウィールが縦に並んだ形状が、インラインスケートの一般的なスタイル。その中でさらに、目的別にいくつかのタイプがあります。 ごく普通にインラインスケートを楽しむなら、「フィットネス」。技を決めたりジャンプにチャレンジするなら、「アグレッシブ」。速さを競う競技などに参加するなら、「スピード」。スラロームなどを楽しむなら「フリースケート」がおすすめです。   <種類別インラインスケート> 1) フィットネス ごく普通にインラインスケートを楽しむ方向け。 2) アグレッシブ ウィールが小さく、より頑丈なつくりになっているのが特徴。技を決めたりジャンプにチャレンジする競技向け。 3) スピード フレームが長く、ウィールが大きいのが特徴。速さを競うスピード競技向け。 4) フリースケート 旋回性が高い、短いフレームが特徴。スラローム向け。    

3.インラインスケートの人気ブランドをご紹介

国内外のスポーツメーカーや、専門のメーカーがさまざまなインラインスケートを製造販売しています。 子ども向けの製品や、よりカジュアルなモデルも多数販売されていますが、中古でも高値での買取が期待できる、人気ブランドのインラインスケートをご紹介します。  

Rollerblade

アメリカのROLLERBLADE社は、インラインスケートのパイオニア的存在。 ・SPEED/RACEモデル ・SPEED/LONG DISTANCEモデル ・FITNESS/PERFORMANCEモデル ・FITNESS/RECREATIONモデル ・FITNESS/X-TRAININGモデル ・URBAN/FREESKATEモデル ・URBAN/STREET&PARKモデル と、幅広いシチュエーションに対応するモデルを展開しています。  

K2 SKATES

スキー、スノーボードなどを製造販売するアメリカのメーカー、K2社が販売するインラインスケートのブランド。 タイプ別に50種類ものモデルを提供しています。  

2pm Sports

アメリカの人気ブランド。手頃な価格帯のインラインスケートが人気です。  

FILA SKATES

イタリア発祥の人気スポーツブランドFILAが展開する、インラインスケートブランド。幅広いモデルを展開しています。  

POWERSLIDE

ドイツのメーカーが製造販売する、インラインスケートのブランド。品質の高さに定評があるほか、多様な商品を展開しているのも大きな特徴です。    

4.使っていないインラインスケートを高く売るためには?

インラインスケートはとても人気があるので、使っていないものや、買い替えなどで処分を検討しているものは、ぜひ中古買取をおすすめします。  

インラインスケートをより高く売るためにすべきこと

1) クリーニング 査定でより良い評価を得るには、見た目が良く、手入れされていることが重要です。 屋外で使っていたインラインスケートは、泥や砂などの汚れをしっかり落としておきましょう。 素材によっては水洗いも可能ですが、ボロ布などで汚れを落とす方法をおすすめします。ベアリング部分を除く、ウィールの外側や本体だけなら、ウエットティッシュなどで汚れを拭き取る方法もあります。 インナーが取り外せる場合は、洗って陰干ししましょう。   2) ウィールの交換・メンテナンス インラインスケートは、定期的にウィールの交換、ローテーションなどのメンテナンスをすることで、より快適に楽しむことができます。 中古として売る前にわざわざウィールを交換する必要はありませんが、取り外して内部の汚れを取り除くなどのメンテナンスをしておくことをおすすめします。 専用のクリーナーを使ってベアリングを洗浄しておくと、より良い評価が期待できますが、やり方がわからない場合や、ウィールを外すのも初めてというような場合は、無理にメンテナンスする必要はありません。   3) 備品、その他を用意する 購入時に入っていた箱や袋、取扱説明書、純正の備品、タグなど、残っているものがあればできる限りそろえて、一緒に査定時に出しましょう。 購入時の状態に近いほど、査定での評価が高くなります。  

高く売るなら、ネットフリマサイトがおすすめ

使っていないインラインスケートは、リサイクルショップや、スポーツ用品を専門に取り扱うお店で売るほか、ネットのフリマサイトやネットオークションを利用して売る方法もおすすめです。 人気メーカーの製品や限定品など人気のモデルは、ネットオークションを利用することで、より高値での販売が期待できます。    

5.まとめ

インラインスケートのお得な処分方法について、ご紹介しました。 ぜひ参考にしてみてください!  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。