売れる?捨てる?不要なサーフボードの処分方法!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

売れる?捨てる?不要なサーフボードの処分方法!

 

サーフィンは、夏だけでなく一年中楽しめる人気スポーツです。

冬に海に入るの?と思うかもしれませんが、真冬でも海に入っているサーファーはたくさんいます。素材の改良などでウエットスーツの機能がアップしているので、かなり寒い時期でも大丈夫なのだそうです。もちろん、かなり寒いのは確かですが…。南の島や南半球でサーフィンを楽しむという方法もあるので、実際に、多くの愛好者が一年中サーフィンを楽しんでいます。

また、サーフィンは10代や20代の若い人だけのスポーツではなく、年齢を重ねても自分のペースで続けている、年齢層の幅広いスポーツでもあります。

 

* * * * *

 

ある程度慣れてくると、より乗りやすい、自分に合う板を求めて買い替えを検討することも多いと思いますが、要らなくなったサーフボードをどうやって処分していますか?

余裕があれば家で保管することもできますが、サイズの大きなサーフボードを何枚も自宅に置いておくのはなかなか難しいものがあります。しかし、サーフボードは高価なものなので、まだ使えるなら、捨ててしまうよりもできるだけお得に処分したいですよね。

 

要らなくなったサーフボード知り合いに譲ったり、捨ててしまう前に、中古サーフボードの買取を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

1.売れるサーフボードと売れないサーフボードとは

 

サーフィンというと、真っ先に思い浮かぶのは、木製の大きな長いサーフボード。これは、ロングボードと呼ばれるタイプのものです。このほかに、ショートボード、中間ぐらいのサイズのファンボードなどがあります。素材も、木製だけでなく、発砲スチロールなどを使った軽くて浮きやすいものや、特種な素材を使ったものもあります。

市販されているもののほかにも、オーダーメイドでサーフボードを作るという人もいるので、形や素材はとてもさまざま。選ぶのに迷ってしまうほどの種類があります。

 

売れるサーフボードってどんなもの?

中古のサーフボードでも買い手がつくのは、老舗ブランドや人気ブランドのサーフボードです。また、初心者向けのリーズナブルなタイプも、価格は高くありませんが比較的人気があるようです。

<売れるサーフボードの条件>
・上級者向け老舗ブランドのボード
・人気ブランドのボード
・初心者向けの手軽なボード
・しっかりと手入れされているボード
・人気のデザイン、素材のボード

 

売れないサーフボードとは?

店舗によっては買取可となる場合もありますが、一般的に、次のような状態のサーフボードの買取は難しいようです。

<買取が難しいサーフボード>
・折れている、折れたことがある(修理してあっても不可)
・内部に水が浸透、剥離してしまっている
・フィンが壊れている
・日焼けで黄ばんでいる
・キズやダメージを補修していない
・古すぎるもの
・長すぎるロングボード
・ノーブランドまたはコピー品

 

 

2.売れないサーフボードを処分する方法とは

 

残念ながら買取が難しいサーフボードは、廃棄処分することになります。

サーフボードは、小さいサイズのショートボードでも自治体の通常のゴミ回収に出すことはできません。個別の粗大ゴミ回収を依頼することになります。

 

サーフボードを廃棄処分する方法

サーフボードを捨てるには、自治体の個別粗大ゴミ回収を依頼するか、地域のゴミ処分場に自分で持ち込んで処分してもらいます。いずれの場合もお金がかかりますが、自分で持ち込む方法だとかなり安く処分することができます。

大量にある場合や車で運ぶことができない場合、大至急処分したい場合は、民間の不用品回収業者に依頼する方法もあります。

 

捨てるよりゆずる、安く売る方がお得

サーフィンを始めたばかりで、とりあえず乗れるならなんでも欲しいという初心者や、壊れてしまって大至急代わりのボードが欲しいなんていう人が、意外といます。

身近な人に声をかけてみたり、地域やネットの掲示板に、ゆずりますという情報を載せて、ただや格安で引き取ってくれる人を探してみる方法もおすすめです。ネットのオークションサイトなどに出品しておくと、使えない状態のサーフボードでも欲しいという人が見つかることがあります。

 

サーフボードを燃えるゴミに出す裏技!!

多くの場合、サーフボードは木材や発泡スチロール、防水素材などでできています。ということは、木を切ればゴミに捨てられるかもと思いませんか?実は、ほとんどの場合、サーフボードを小さくカットして燃えるゴミに出すことができます。ちょっと手間がかかるかもしれませんが、お金や遠くまで運ぶ手間をかけて処分するなら、自宅で処理して普段のゴミと一緒に捨てるほうがずっと楽ですね。

素材によっては不燃ゴミになる場合もあるので、迷う場合は自治体に問い合わせてみることをおすすめします。

 

 

3.サーフボードの人気ブランド

 

人気の高いサーフボードのブランドをご紹介します。

サーフボードはノーブランドのリーズナブルなものから、海外一流メーカーのブランド品まで幅広ラインナップがあるので、自分のサーフボードがどのようなものなのかわからない場合、専門店で査定してもうと、意外と高値で売れることがあります。

 

<人気サーフブランド一覧>
・RUSTY(ラスティ)
・CHANNEL ISLANDS(チャンネルアイランズ)
・LOST(ロスト)
・Billabong surfboards(ビラボンサーフボーズ)
・stacey(ステーシー)
・RIP CURL(リップカール)
・FIRE WIRE(ファイア ワイヤー)
・JUSTICE(ジャスティス)
・THREE WEATHER(スリーウェザー)
・SOFTECH(ソフテック) ほか

 

 

4.サーフボードをさらに高く売るポイント

 

大事に使ってきたサーフボードや、高いお金を払って買ったサーフボードを手放すなら、できるだけ高く売りたいですよね。査定で高い評価を受けるには、いくつかのポイントがあります。

 

査定を受ける前にやっておくこと

サーフボードを売る場合、査定を受ける前に必ずステッカーなどの装飾を剥がし、ワックスを落とします。ワックスをしっかり落としておかないと査定ができないので、そのまま持ち込んでしまうとその分の代金を請求されてしまう場合があります。

そのほか、目につく汚れなどを落としておくこと、付属品などがあれば用意しておくことが大事です。

 

普段からの手入れ次第で査定額アップ

傷などをしっかり補修して、丁寧なメンテナンスをしてあるサーフボードは、査定で高く評価してもらえます。普段から次のような点に気を付けておくと、査定額アップが期待できます。

<サーフボードの基本的な手入れ>
・使ったら水洗いして拭き取る
・屋外や湿気の多い場所で保管しない
・傷はこまめに補修する

 

ダメージがある場合は専門店に買取を依頼する

目立つ傷やちょっとしたダメージがあると売ることができないので、店舗によっては買取不可となってしまいます。

サーフボードを専門に取り扱うショップや、修理・メンテナンスが可能な店であれば、そのようなサーフボードでもお店で修理が可能なので、買取りしてもらえる場合があります。ただし、人気ブランドや普段からの手入れで状態の良いものに限ります。

 

サーフボードが高く売れる時期は、夏より前

一年中楽しめるのがサーフボードの特徴ですが、サーファーの数が最も増えるのは、当然夏です。初心者がサーフィンを始めるのはほとんどの場合、夏なので、中古サーフボードを買いたいという人が増えるのも、夏。

ですので、中古サーフボードをできるだけ高く売るなら、春から初夏にかけての時期がおすすめです。

 

 

5.まとめ

 

要らなくなったサーフボードをお得に処分する方法についてご紹介しました。

中古サーフボードの市場が広がれば、中古品取扱い店などで手軽に中古サーフボードが手に入るので、とりあえずやってみたいという初心者も増え、サーフボードの市場はさらに広がっていきます。

使っていないサーフボードを処分するときは、ぜひ中古サーフボードの買取を検討してみてください。

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。