古くても売れる?サイズアウトしたスキーブーツの買取相場-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

古くても売れる?サイズアウトしたスキーブーツの買取相場

さまざまな種類のウインタースポーツの中でも、年齢問わず多くの人が楽しめるスポーツといえば、スキー。

スキーに行くためには専用のウエアや道具が必要なので、買いそろえている方が多いと思いますが、サイズアウトなどで使わなくなったスキーブーツ、皆さんどうしていますか?

 

捨てる?誰かにあげる?物置きに放置してあるなんていう方もいらっしゃるかもしれません。でも、捨てる前にちょっと待って!要らなくなったスキーブーツは、中古買取がお得です。

高く売れる人気のスキーブーツブランド、高く売るためのスキーブーツの上手なメンテナンス方法をご紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

1.要らなくなったスキーブーツって売れるの?

スキー板やスキーブーツを買いそろえるにはお金がかかるので、必要なときにだけ借りることもできます。現在では、ほとんどのスキー場で道具をいつでも手軽にレンタルすることができますが、自分専用のお気に入りの道具を揃えるのも楽しみのひとつですね。

しかし、スキーに行くために道具をそろえたけど、サイズが変わって買い替えが必要になった。あるいは、モデルチェンジで買い替えたという場合に、まだ十分に使える状態のスキーブーツを処分することもあるかと思います。あるいは、スキーに行く機会がなくなり、使っていないスキーブーツをいつまでもクローゼットの奥にしまってあるという方も多いのではないでしょうか?

 

スキーブーツはとても丈夫にできているので、丁寧にメンテナンスすれば、長く使い続けることができます。ですので、要らなくなったスキーブーツは、捨ててしまう前に、ぜひ中古買取を試してみてください。

スキーはそもそもお金がかかるので、できるだけ費用を安く済ませるために、道具を中古で揃えるというケースも多いようです。中古のスキーブーツは意外と人気があるので、状態の良いものや人気ブランドの製品は高く買い取ってもらえるチャンスがあります。

 

 

2.スキーブーツを廃棄処分する方法

人気ブランドのスキーブーツは高く売れる可能性があるのですが、かなり使いこんで汚れてしまったものや、古すぎるもの、壊れてしまったスキーブーツは、残念ですが買取は難しいでしょう。修理、メンテナンスをすれば引き取り手が見つかるかもしれませんが、手をかける時間がない場合は、廃棄処分にしてしまうほうがよいかもしれません。

 

スキーブーツは不燃ごみ(燃えないごみ)に出せる?

名古屋市の場合、スキーブーツは不燃ごみ(燃えないごみ)に分類されていますので、通常のごみ回収に「不燃ごみ」として出すことができます。

ただし、大人用のスキーブーツはかなりサイズが大きいものもあるので、自治体によっては、粗大ごみとして扱われるケースもあります。粗大ごみは通常のごみ収集ではなく、有料の個別回収になっている自治体が多いので、迷う場合は、自治体のHPでごみの捨て方を検索してみてください。

 

スキーブーツを無料でゆずる場合に気をつけること

サイズアウトしてしまった、まだ十分に使える状態のスキーブーツなら、中古買取でお得に処分することができますが、身近な人や必要としている人に無料でゆずる方法もおすすめです。

無料でゆずる場合でも、汚れを落とし、不具合がないかどうかチェックしてから渡すようにしましょう。また、情報交換掲示板などを通して遠方の方にゆずる場合は、受け渡し方法について事前にしっかり確認しておくことが大切です。郵送や宅配などで受け渡しをする場合は送料がかかってしまうので、どちらが負担するかについての事前の取り決めが必要になります。

 

 

3.高く売れる!人気のスキーブーツブランドをご紹介

新しいものや、しっかりメンテナンスされた状態のよいスキーブーツであれば、たいていの場合買取が可能です。さらに、人気ブランドのスキーブーツであれば、高値での買取が期待できます。

査定で高く評価される、スキーブーツの人気ブランドをご紹介します!

 

Rossignol(ロシニョール)

創業1907年。100年を超える、フランスの老舗スキー・スノーボードメーカー。スキーウエアやマウンテンバイクなどのスポーツ用品も手掛ける。高い機能性とデザイン性により世界中で高く評価され、フランスほか各国の公式メーカーとして認定されている。

 

SALOMON(サロモン)

1947年創業。フランス生まれの、スキー・スノーボードメーカー。2005年より、フィンランドのアメアスポーツグループの一員となり、アウトドアスポーツなど幅広く展開している。

 

NORDICA(ノルディカ)

1939年創業、イタリアのスキーメーカー。同じイタリアの企業グループBenetton(ベネトン)を経て、現在は、TECNICA(テクニカ)グループの傘下。

TECNICAは1936年創業、イタリアのスキーメーカー。一大グループ企業として、幅広いスポーツ用品の製造・販売を手掛ける。

 

HEAD(ヘッド)

1940年創業。アメリカで生まれたスキーメーカー。スキー・スノーボードほか、テニス、ダイビング、スポーツウエアなど幅広いスポーツ用品を製造・販売している。

 

REXXAM(レグザム)

1960年創業。数少ない、日本のスキーブーツメーカー。大阪のエレクトロニクス、電子機器メーカーであり、スキー・スノーボードブーツの開発も行っている。

 

 

4.スキーブーツの正しいメンテナンス、保管方法

使い終わったスキーブーツは、どのようにして保管していますか?

スキーから帰ってきてそのまま車のトランクに放置していたり、ケースに入れっぱなしにしてしまうと、あっという間にスキーブーツが傷んでダメになってしまいます。それでは、せっかく高いお金を払って買ったスキーブーツがもったいない!

ちょっと面倒でも、使ったあとの手入れをしっかりしておくことで、スキーブーツが長持ち。滑りに行くときにも、いつもコンディションの良い状態で使うことができます。また、使わなくなったスキーブーツを売るときにも、状態が良ければより高く買い取ってもらえます。

 

滑ったあとのスキーブーツの手入れ方法

プラスチック製のスキーブーツは、濡れたまま長時間放置すると劣化してしまうことをご存知でしょうか?

もちろん、ゲレンデで過ごしている間は、当然スキーブーツにもずっと雪がついたままになってしまうので、多少濡れてしまってもまったく問題ありません。ただし、「使い終わったあとに、できるだけ早く水分を乾かす」ということが重要です。

滑り終わって片付けるときには、多くの方が、雪を払ってから車のトランクや専用のケースに入れていると思いますが、タオル(使い古しのバスタオルなどが最適)を用意しておいて、全体をよく拭いてからケースに入れる方法をおすすめします。スペースに余裕がある場合は、インナーを出しておくとさらに良いでしょう。

宿泊する場合も同様に、雪を落としてタオルで拭いてからインナーを出して、スキー乾燥室に置きます。ストーブやヒーターの吹き出し口に近すぎない場所に置くことが大事です。

 

シーズンオフのスキーブーツの保管方法

シーズン中に不具合のあったスキーブーツは、壊れたパーツを取り替えるなど、しっかりメンテナンスをしてから保管するようにしましょう。

汗を吸って臭いがついてしまいがちなインナーやインソールは手洗いできます。形が崩れないように、水か低温のぬるま湯でもみ洗いをして、日陰で時間をかけてしっかり乾かします。

メンテナンスを済ませたスキーブーツは、ホコリがつかないようにケースや袋に入れて、湿気のない場所に保管することで、次のシーズンも気持ちよくスキーを楽しむことができます。

 

 

5.まとめ

買い替えなどで不要になったスキーブーツの、お得な処分方法についてご紹介しました。

大きくてかさばるスキーブーツは、何足も保管しておくと場所をとってしまって大変!要らなくなったら、早めに査定を受けて早めに処分してしまう方法がおすすめです。

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。