買い替えでいらなくなった釣り具は捨てずに売って、お得に処分!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

買い替えでいらなくなった釣り具は捨てずに売って、お得に処分!

釣りはとても人気のある娯楽、趣味のひとつです。

 

釣り堀で楽しむ気軽なものから、海釣り、渓流釣り、変わったところではワカサギ釣りなど、さまざまなシチュエーション、楽しみ方があります。本格的な釣りの経験はなくても、一度や二度くらいなら釣り糸を垂らして魚を釣ってみたことがあるという方も多いのではないでしょうか。実際、世界中で多くの人が、さまざまな場所で釣りを楽しんでいます。

 

そして、釣りの楽しみ方のひとつとしてあげられるのが、自分の好みに合わせた道具をそろえること!

釣り竿(ロッド)、リール、釣り針、そのほかさまざまな釣り道具が売られているので、多くの方がたくさんの自分専用の釣り道具をお持ちだと思います。釣り具店で、新製品やより高性能な新しい釣り道具を選ぶのは、とても楽しいひとときですね。

 

さて、釣り道具を新しいものに買い替えたとき、古い釣り道具をどのように処分していますか?

ごみとして捨てているという方は、ちょっと待って!まだ使える釣り道具は売ることができます。今回は、中古釣り道具の買取についてご紹介したいと思います。要らなくなった釣り道具の処分を検討されいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

1.中古釣り道具が売れる理由

釣り竿やリール、さまざまな釣り道具をお持ちの方ならよくご存じと思いますが、釣りの道具にはとても高価なものがたくさんあります。

例えば、釣り竿は数千円程度から買うことができますが、1万円を超えるものから数万円、数十万円もするものもたくさん売られています。材質や製法にこだわった釣り竿は、性能や耐久性にも優れ、使い勝手も抜群!いい道具を使えば、釣りの楽しみもぐっとアップします。

とはいえ、釣りを始めたばかりの人やまだ若い人にとって、高価な釣り道具をそろえるのはなかなか大変なことです。そのため、まずは中古の道具からスタートするという選択をする方もたくさんいらっしゃるようです。

ですので、使わなくなった釣り道具は、ぜひ、中古品の買取をおすすめします。思いがけない価格で売れるかもしれません。

 

では、中古でも売れる、高値での買取が期待できるのは、どのような釣り道具なのでしょうか?次の章で、中古でも売れる釣り道具、売れない釣り道具の特徴についてご紹介します。

 

 

2.どんな釣り具が売れる?売れない釣り具ってどんなもの?

さまざまな釣り道具が売られていますが、中古品として人気があるのはやはり、釣り竿とリールです。

 

よく売れている釣り具とは?

釣り竿は、海釣り、磯釣り、釣り堀、渓流など釣りをする場所、釣りの種類によって道具が異なります。一般的な海釣り用の釣り竿が、多く売られているようです。リールは、手巻きと電動のものがあります。電動のほうが元の値段も高く、中古での買取価格も高くなっています。

いずれの場合も、見た目がきれいで状態のよいもの、あまり使っていない新しいものが中古でもよく売れているようです。新製品、有名メーカーの製品であれば高値での買取が期待できます。

 

売れない釣り具の特徴とは?

壊れている、目立つ傷がある、さびている、正常に作動しないリールなどは、残念ながら買取が難しいようです。古すぎるもの、無名メーカーの安くで売られていた製品なども、見た目はよくても買い取ってもらえないケースが多いようです。

 

 

3.人気の釣り具ブランド・メーカーをご紹介

国内外のたくさんのメーカーが、独自のこだわりを持った製品を販売しています。釣り具全般を取り扱うメーカーから、パーツに特化していたり、釣り竿やリールに力を入れているメーカーもあります。

そんなたくさんの人気釣り具メーカーの中から、中古でも高値での買取が期待できるトップクラスのメーカー・ブランドをご紹介します。

 

DAIWA(ダイワ)

釣り具を中心に、スポーツ用品なども製造・販売する日本のメーカー。国内を代表する釣り具メーカーのひとつ。老舗釣り具メーカーとして、初心者からベテランまで幅広いレベルの人に向けた製品を提供しており、軽くて扱いやすい製品が特徴。

 

・AIR EDGE(エアエッジ)
バス釣り用の釣り竿。操作性の良さと軽さが人気

・morethan(モアザンシリーズ)
バス釣りの人気モデル

 

 

SHIMANO(シマノ)

釣りに関する幅広い製品と、自転車用部品を製造・販売する日本のメーカー。国内を代表する釣り具メーカーのひとつ。耐久性の高い製品が特徴。

 

・ISO LIMITED(イソリミテッド)
磯釣り用ロッドの最高峰モデル

・CORE BLANKS(コアブランクス)
イソリミテッドをさらに進化させ、軽量化、強度アップを実現したモデル

 

GAMAKATSU PTE LTD(がまかつ)

シンガポールに拠点を置く釣り具メーカー。釣り針や仕掛けなどが高い人気を誇り、釣りウエアやグッズにも力を入れている。

 

・がま磯シリーズ

・がま渓流シリーズ

 

Major Craft(メジャークラフト)

日本の釣り具販売会社。設立は2002年という、比較的新しい会社。海外で製造された比較的低価格の製品を数多く販売している。

 

・X-RRIDE(クロスライド)

 

ABU Garcia(アブ・ガルシア)

スウェーデンの釣り具メーカー。1921年創業という老舗。特徴的なデザインの製品が人気。

 

・kurofune(黒船)

・OCEANFIELD(オーシャンフィールドシリーズ)

 

ima(アムズデザイン)

個性豊かなシーバスルアーで知られる、日本の釣り具メーカー。釣りグッズも人気。

 

・Shibumi(シブミシリーズ)

 

人気メーカーのロッドをいくつかご紹介しました。これらのほかにもたくさんの釣り具メーカーがあり、釣り場や目的に合わせたさまざまな釣り道具が売られています。

老舗メーカー、大手メーカー、新しく設立された注目のメーカーの製品はとくに人気が高く、高値での買取が期待できます。中堅メーカーの製品も、少し買取金額が下がりますが、買取が可能です。

 

 

4.いらなくなった釣り具をよりお得に処分するには?

大切にしていた釣り道具を処分するなら、できるだけ高く売りたいですよね。査定で高く評価してもらうには、いくつかのポイントがあります。

 

売る前に丁寧にクリーニング!

無理に分解したり、強い洗剤を使ってクリーニングする必要はありません。

目立つ汚れを落とし、専用のクロスや柔らかい素材の布で丁寧に磨くだけで十分です。付属品や備品がバラバラになっていたら整理してそろえ、リールに絡まっている糸なども外しておきましょう。

不具合がある場合は無理に修理せず、専門店に見てもらうことをおすすめします。釣り道具を専門に扱う買取店なら、電動リールのオーバーホールなども対応してもらえる場合があります。

 

売るお店をしっかり選ぶ!

多くのリサイクルショップで、釣り竿やリールなどの釣り道具を扱っています。すぐに処分したい場合などは、チェーン店のリサイクルショップでも、気軽に釣り竿などを売ることができます。

状態の良いもの、有名メーカーの一流の製品などを売る場合は、釣り道具を専門に扱うお店で査定を受けることをおすすめします。専門店であれば正しく評価してもらえるうえ、しっかりとした販売ルートをもっているので、より高値で買い取ってもらえる可能性があります。

 

日頃のメンテナンスが一番重要!

普段から丁寧に使うことを心掛け、使ったあとはしっかりとメンテナンスをするようにしておくと、査定で高く評価してもらえます。

使わなくなった釣り道具を売ったお金を、新しい釣り道具を買う資金にするという方も多いようです。日頃のメンテナンス次第で、次に買いそろえる釣り道具をさらにレベルアップできるかもしれません。

 

 

5.まとめ

いらなくなった釣り道具をお得に処分する方法についてご紹介しました。

大切に使っていた釣り道具は、中古買取がおすすめです!ごみとして処分してしまう前に、ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。