正しく知っていますか?家電リサイクルの詳しい手続きを再確認-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

正しく知っていますか?家電リサイクルの詳しい手続きを再確認

この4種類の家電製品の共通点はなんでしょう?

冷蔵庫、
洗濯機、
テレビ、
エアコン。

そう、家電リサイクルの対象となっている家電4品目ですね!

 

今回は、制定からおよそ20年がたった「家電リサイクル」制度について、再確認していきたいと思います。

 

 

1.2001年(平成13年)にスタートした家電リサイクルとは?

「家電リサイクル」は、指定された4種類の家電製品を、廃棄処分せずにリサイクルして再利用しなければならないというルールです。

 

勘違いされているケースが意外と多いのですが、「家電リサイクル法」は自治体独自の取り決めや、地域ごとに決められているルールではなく、努力目標でもありません。

国の法律として定められています。

 

家電リサイクル法とは

一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

経済産業省HPより

 

「家電リサイクル」が必要な理由

古くなった冷蔵庫や洗濯機は、以前は当たり前のようにごみとして処分されていました。それがどうして、廃棄処分できなくなってしまったのでしょうか?

家庭から排出される廃棄物は基本的には各市町村が収集し、処理を行ってきました。しかし、粗大ゴミの中には大型で重く、また非常に固い部品が含まれているために粗大ゴミ処理施設での処理が困難なものが多くあります。家電製品はこれに該当するものが多く、有用な資源が多くあるにもかかわらず、リサイクルが困難で大部分が埋め立てられている状況にあります。そこで廃棄物の減量、資源の有効利用の観点から、廃棄物のリサイクル推進の新たな仕組みを構築するために制定された法律が特定家庭用機器再商品化法(以下家電リサイクル法)です。

一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センター

 

かつては、家電製品はすべて「粗大ごみ」として捨てられ、処理は各自治体に任されていました。

しかし、処理が困難な大型家電製品はそのまま埋め立て処分されてしまうケースが多く、埋め立て処分するためにたくさんの場所を必要とするようになってしまったのですね。しかも、再利用可能な貴重な資源もそのまま一緒に捨てられていました。

そこで、特に数が多く、サイズの大きく処理の困難な家電製品である4品目が指定され、この4種類に関しては必ずリサイクルを行うというルールが決められたのです。

 

家電リサイクルの手続きとそれぞれの役割

家電製品のリサイクルは、メーカーが責任をもって行うということが基本的なルールになっています。利用者もリサイクルのための費用を一部負担します。

 

▶ メーカー、利用者

家電製品をリサイクルするために必要な費用は、主に、メーカーが負担します。

メーカーは自社が製造販売した家電製品を回収する必要があるのですが、その運搬費用とリサイクル料金の一部を、利用者(家電製品を処分する人)が負担します。

 

▶ 利用者、家電販売店、運送業者

要らなくなった家電製品を、メーカーが指定する引き取り場所に送り届けるところまでが、利用者の役割ですが、家電販売店か運送業者に運搬を依頼するケースが多いようです。家電販売店が運搬費用を負担してくれる場合もあります。

 

▶ 利用者、家電販売店、リサイクル券センター

リサイクル料金の支払いや事務手続きを取りまとめているのは、「一般財団法人家電製品協会 リサイクル券センター」です。

利用者はリサイクル券センターに対して料金を支払います。リサイクルの手続きを家電販売店が代行してくれる場合もありますが、リサイクル料金は利用者が負担します。

 

▶ メーカー、リサイクルプラント

メーカーは、回収した家電製品のリサイクル処理を、リサイクルプラントに委託し、全国のリサイクルプラントで、家電製品のリサイクル処理が行われます。

1) 利用者
・リサイクルの手続きを行う(販売店に代行を依頼できる)
・販売店に回収、運搬を依頼する
・運送業者に回収、運搬を依頼する

2) 販売店
・利用者の依頼でリサイクル手続きを行う
・家電を回収、メーカーの指定引取場所に運ぶ

3) 運送業者
・家電を回収、メーカーの指定引取場所に運ぶ

4) メーカー
・家電製品を回収する
・リサイクルプラントに家電製品のリサイクル処理を委託する

5) リサイクルプラント
・家電製品のリサイクル処理を行う

 

 

2.家電リサイクルの対象家電、具体的なリサイクル方法

メーカーが回収された家電製品は、リサイクルプラントで実際にどのように処理されるのでしょうか?

 

家電製品のリサイクル

家電リサイクルを行う目的は大きく2つあります。

1) 埋立処分する量を減らすこと
2) 部品を再利用すること

家電製品をリサイクルせずにそのまま廃棄処分する場合、まるごと埋め立てて処分することになります。大型で頑丈な家電製品は機械での破砕処理ができないからです。

 

リサイクルプラントでは、一つひとつ手作業で家電製品の分解作業を行います。その後、再利用可能な部品を取り外しています。

さらに、鉄、アルミ、ガラス、プラスチックなど資源として利用できるものを分別し回収、残ったわずかな部品だけが廃棄処分(埋め立て処分)されることになります。

1) 手作業で分解
2) 再利用できる部品を取り出す
3) 資源として利用できる部品を取り出す
4) 残りを廃棄処分する

 

リサイクル対象となる家電4品目をさらに詳しく!

家電リサイクルの対象となる製品は、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の4種類ですが、それぞれ、対象外となっているタイプもあるので注意が必要です。

 

 

3.メーカーごとのリサイクル料金一覧

前の章で、家電製品の利用者(家電製品を処分する人)が、リサイクル料金の一部を負担することについてご説明しました。

 

リサイクル料金は家電製品の種類やサイズによって、おおよその金額が決まっています。はっきりとした金額になっていないのは、メーカーごとにリサイクル料金が設定されているからです。

各メーカーのリサイクル料金は、メーカー公式サイトや、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのサイトなどで確認することができます。

 

国内大手家電メーカーのリサイクル料金を、一部ご紹介します。

 

 

一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センター
再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)

 

リサイクル家電の処分・買取見積もりはこちらから

 

 

4.まとめ

家電リサイクルについての詳しい情報をご紹介しました。

家電のリサイクルはお金と手間のかかる大変な作業ですが、一人ひとりが少しずつ協力し合って、長く続けていくことで、大切な地球環境を守ることができます。

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。