不用品回収業者とのトラブルってどんなものがありえるの?利用するときに気をつけたほうがいいことは?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

不用品回収業者とのトラブルってどんなものがありえるの?利用するときに気をつけたほうがいいことは?

引っ越しで出たたくさんの不用品やごみをすぐに処分したいとき、買い替えで不要になった大型家具を処分してもらいたいとき、民間の不用品回収業者を利用するととても便利ですね。

必要なときに電話一本ですぐに回収に来てくれて、荷物の運び出しから積み込みまで全部お任せ!面倒で難しい作業も引き受けてくれる、とても頼りになる存在です。

 

でも、ひとつ大きな問題があります!!

 

それは、とても良心的で気持ちのよい対応をしてくれるたくさんの業者がいる一方で、あまりよくない対応をする悪質な業者が少なからずあるということ。

高額な料金を請求されたり、二度と利用したくないと思うような嫌な対応をされたりといったトラブルに巻き込まれた例もたくさんあります。

回収業者との間で起こりがちなさまざまなトラブルの実例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。事前に知っておくことで、トラブル回避に役立てることができるかもしれません。

 

 

1.金額に関するトラブルと気をつけたほうが良いポイント

粗大ごみの処分に関して、多く寄せられているトラブルのほとんどがお金に関することなのではないでしょうか。それほどたくさんの金額に関するトラブルが起きているのは、粗大ごみの処分にはそもそも高額の費用がかかるからです。

 

トラブル事例1:無料回収の危険なワナ

無料で粗大ごみを回収してくれるという業者のチラシを見て、電話をして引き取りに来てもらったが、古い家電の引き取りに5000円請求された。断ると3000円でいいからとねばられ、断り切れずに3000円払ってしまった。

 

トラブル事例2:追加請求を断れなかった

引っ越しのためにたくさんの不用品をまとめて処分した。その場で見積りをして1万円とのことだったが、トラックに積み込んだ後でやっぱり2万円と言われた。荷物を早く処分してしまいたかったので、少し安くしてもらって、結局1万8千円支払った。

 

トラブル事例3:見積りと違う金額を請求された

電話で見積りをしてもらって納得して処分を依頼したが、実際に来てもらって品物を見ると違う金額を言われた。何とか断って帰ってもらったがとても態度が悪く、とても嫌な思いをした。

 

事前に相場をチェック、不当な請求はきっぱりと断ろう!

業者に依頼した場合の不用品の処分費用には明確な決まりがないので、そもそもどれくらいの金額が適正なのか判断が難しいということがあります。

処分を依頼する前に、ネットなどでおおよその相場を調べておくことをおすすめします。相場とかけ離れた金額を請求された場合は、はっきり断ってしまっても大丈夫です。

 

粗大ごみを無料で処分することが難しい理由

不用品の回収・処分にかかる費用は決して安くありません。

一昔前であれば、大きな粗大ごみでも気軽に捨てることができましたが、環境保全のためにリサイクルが今では常識。分解して使える資源と廃棄するものとに分別する必要があります。大きな家具の運搬には当然人手が必要なので、人件費もかかります。粗大ごみを無料で処分することは難しいのだということを、まず理解しましょう。

 

無料回収をアピールしている業者には要注意!

無料で回収してもらえるのは、まだ十分に使えるもの、需要がたくさんあるものに限られます。無料回収ばかりをアピールしている業者は利用しないほうが安全です。

 

 

2.部屋の傷に関するトラブルと気をつけたほうが良いポイント

大型の家具などを処分する場合は、業者の担当者に家の中に入って運び出しを手伝ってもらうケースがあります。また、廃棄するものが大量にある場合や分解を必要とする場合などは、室内で作業を行ってもらうこともあります。

そういった際に、トラブルが発生することがあるようです。

 

トラブル事例1:大きな家具を運んでいるときに壁に傷がついた

大きな本棚を2階から二人がかりで運び出してもらったときに、階段を曲がり切れずに壁に傷をつけられた。その現場を見ていなかったので、あとから気がついて業者に電話をかけたが、業者がつけた傷かどうかを証明することができなかった。

 

トラブル事例2:部屋に置いてあったものを落として壊されてしまった

使わなくなったベッドを処分するのに、業者の人に来てもらった。廊下に飾っていた写真のフレームが落ちて角が少し欠けてしまったが、とっさに、「大丈夫です!」と言ってしまい、後から後悔した。

 

作業中についてしまった傷や汚れには賠償請求できる!

たいていの業者はトラブルに備えて賠償責任保険に加入していますので、例えば、壁にキズができたというような場合にはきちんと伝えて賠償請求しても大丈夫です。

 

トラブルに備えて、事前に自分でできる限りの対策をしておこう

とはいえ、弁償の請求はなかなかしづらいもの。一人で不安な場合は、家族や知人に運び出しの作業に立ち会ってもらうと安心です。

また、部屋に入って作業をしてもらう場合は、壊れて困るようなものなどは事前に片付けておくこと!大きな家具などを運び出す場合は、廊下や階段を通れるかどうか事前によく確認し、心配な場合は事前に壁を保護しておくなどの対策も大切です。

 

 

3.回収後の不用品の処分方法に関するトラブルと気をつけたほうが良いポイント

不用品を回収してもらったあとに起きるトラブルもあります。

回収した不用品は業者が責任を持ってリサイクルまたは廃棄処分を行いますが、不法投棄するなど、不適切な処分を行う悪質な業者も報告されています。

 

トラブル事例1:お金を払って回収してもらったものを不当放棄された

不要になった洗濯機を処分したかったが、リサイクルの手続きがよくわからなかったので、トラックで通りかかった業者にお金を払って処分を依頼した。後日、近所の空き地にその洗濯機が捨てられていたのを発見。明らかにうちが出したものだったので、仕方なく再度お金を払って別の業者に処分してもらった。

 

トラブル事例2:古いパソコンを処分したらそのまま転売された

使っていない古いパソコンの処分を依頼した。中身の状態が不安だったのでデータ等の処分を相談したところ、お任せくださいと言うのでお金を払ってデータの消去とパソコンの処分を依頼したが、そのまま近所のリサイクルショップで売られていた。中の情報が悪用されていないか不安。

 

素性のわからない業者に処分を依頼するのはトラブルのもと!

携帯番号しか書かれていないチラシを配布している業者や、トラックで周回している業者に不用品の処分を依頼するのは、トラブルに巻き込まれる可能性が高いのであまりおすすめしません。

面倒でも、事前にネットの口コミ情報や業者の業態をしっかり確認してから依頼するようにしましょう。

 

 

4.まとめ

不用品回収時のさまざまなトラブルについてご紹介しました。

 

特に多い金額に関するトラブルでは、相場よりも高いすぎる金額を数千円、ときには数万円も請求され、断りきれずに支払ってしまうということもあるようです。

処分を依頼する前に、問題のない業者かどうか事前にネットの口コミ情報をチェックするなどの対策を行っておくことが大切です。また、業者の担当者に自宅内に入ってもらう場合、トラブルが不安な場合は2人以上で立会いをすることをおすすめします。

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。