実家の片付けサポート:お仏壇の処分ってどうすればいいの?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

実家の片付けサポート:お仏壇の処分ってどうすればいいの?

photo-AC

テレビやさまざまなメディアで話題となっている、実家の片付け。

さまざまな難しい問題がありますが、今回は、「お仏壇の処分」について考えてみたいと思います。

 

 

1.実家の片付けで起こりがちな問題とは?

実家を片付けることは、自分が暮らしている家を片付けたり、引っ越しをするのとはまったく違います。

ごみ捨てひとつとっても、自分が住んでいる地域とはルールが異なるのでとても大変! 自分が長年暮らしていた実家であっても、自分が管理していたものではないさまざまな家財道具を分別して、それぞれルールに則って処分するのも大変な作業です。

 

親がいる場合の片付けと、親がいない場合の片付け

一言で「実家の片付け」といっても、親が現在暮らしている家を片付ける場合と、すでに誰も住まなくなった家を片付ける場合とでは、また、事情が違ってきます。

親がいる場合の片付けは、要るものと要らないものをいちいち確認しながら片付けを進めなければならないという問題点はありますが、すべてを処分してしまうわけではないので物理的な負担は少なくなります。

一方で、残されて空き家になった家を片付ける場合、捨ててしまってよいものかどうか、どのような手続きが必要かどうかといった問題を相談する相手がいません。手探りで片付けを進めていかなければならないという点で、作業がとても難しくなります。

 

親がいない場合の片付けを行うケースで問題になるのが、お仏壇の処分。お仏壇を実家に置いたときの状況がわからないので、どこのお寺に相談すればよいのかもわかりませんし、檀家になっているお寺があっても、現在どのようなお付き合いがあるのかもわかりません。

かといって、要らなくなったお仏壇をそのままごみに捨ててしまうのもためらってしまいます。

お仏壇を処分するには、具体的に、どのような手続きを行えばよいのでしょうか?

 

 

2.意外とみんな知らない、お仏壇の処分方法

お仏壇は昔から家にあって、ずっと使い続けるというイメージがありますが、廃棄処分するというケースは意外とたくさんあります。

例えば、古くなったものを新しく買い替える、サイズの異なるものに(大きくor小さく)買い替える、位牌を別の場所に移してお仏壇を処分するといったケース。これらの場合は、供養を行って、お仏壇だけを処分することになります。

そして、管理する人が誰もいなくなったお仏壇を処分するケースもあり、この場合は、位牌も含めてお仏壇をすべて処分するため、閉眼供養(へいげんくよう)と呼ばれる手続きが必要になります。

 

お仏壇だけを処分する場合

今まで使っていたお仏壇は、「お焚き上げ」という供養を行ってから処分します。お寺や神社、専門の業者などに依頼しますが、遺品整理を請け負っている業者でも対応可能です。檀家となっているお寺や宗派にこだわらず、どこでも対応してもらえます。

場所によって費用が異なりますが、およそ、数千円~1万円程度となることが多いようです。

 

位牌も含めてすべて処分する場合

お仏壇を新しく設置する場合、魂入れ(たましいいれ)を行います。位牌と仏壇に魂入れの供養を行うことで、お仏壇としての意味を持つようになります。魂入れの儀式は宗派や地域によって呼び方が異なり、開眼供養(かいげんくよう)、入仏式(にゅうふつしき)、御魂(みたま)入れ、お性根(しょうこん)入れなどとも呼ばれます。

開眼供養を済ませたお仏壇には大切な方の魂が宿っていますので、そのまま廃棄処分することはできません。閉眼供養(へいげんくよう)を行ってからお焚き上げをして、もとの木の箱に戻してから処分します。

閉眼供養に必要な費用は、数万円~10万円程度となることが多いようです。

<開眼・閉眼供養のさまざまな呼び方>

開眼供養閉眼供養
・魂(たましい、こん)入れ

・お性根(しょうね)入れ

・お精根(しょうね)入れ

・御魂(みたま)入れ

・御霊(みたま)入れ

・魂抜き

・お性根抜き

・お精根抜き

・御魂抜き

・御霊抜き

 

 

3.業者にお仏壇の処分を依頼することができるって本当?

お仏壇を処分するための手続きについてご紹介しましたが、実際は、お寺に依頼することができないというケースも多くあります。

・親が亡くなっているため、檀家のお寺がどこなのかわからない
・引っ越しをしたため、檀家のお寺が遠い
・檀家のお寺がなくなってしまった
・檀家のお寺とつきあいが途絶えてしまっている

など、さまざまな事情で檀家のお寺と連絡がつかず、付き合いのないお寺に頼んでよいかどうかわからないまま、そのままになってしまっているといった話もよくあるようです。

 

お仏壇の処分を業者に相談できるって本当?

実家に残されたお仏壇の処分に困ったら、ぜひ、プロの業者に相談してみることをおすすめします。

葬儀社やお仏壇を販売している店舗などであれば、お仏壇の供養を行ってくれるお寺を紹介してくれるほか、供養の終わったお仏壇の処分にも対応してもらえるので、安心してお任せすることができます。

そのほか、民間の不用品回収業者にお仏壇の処分を依頼することもできます。すべての業者が対応しているわけではないので、遺品整理を数多く扱っているような業者に相談してみることをおすすめします。

 

お仏壇の処分をネットで申し込む?

実は多くのお寺で、檀家になっていない方からの、お仏壇の供養のご依頼を受け付けています。

ただし、仏教の宗派やお寺によっては、宗派の異なる方からのご依頼はお受けできなというケースもあるかもしれません。また、依頼する側に、どうしても自分の宗派でなければというこだわりがある場合もあります。同じ宗派や教団で、檀家以外の方からのご依頼を受け入れてくれるお寺が見つかれば良いのですが、もし見つからなかった場合でも、ほかの宗派のお寺で供養をしてもらうことは可能です。

とはいえ、供養をしてもらえるかどうかを一軒一軒尋ねて回るのは大変ですよね。近年、多くのお寺がネット上にHPを開設、お寺の正確な所在地や宗派についての情報も掲載しているので、検索することができます。

また、お仏壇の供養を全国から受け付けているお寺もあり、宅配での依頼も可能! ぜひ、ネットで検索してみてください。

 

 

4.安心して任せられる業者の選び方

自宅から遠く離れた実家を片付ける場合や、手伝ってもらえる親族がほかにおらず自分だけですべての作業を行わなければならないような場合、プロの業者によるサポートがとても役に立ちます。

このような場合、安心して任せられる業者を選ぶことが、実家の片付けを成功させる重要なポイントになります。

 

安心して任せられる業者の特徴とは?

では、安心してさまざまな作業をお任せできる業者には、どのような特徴があるのでしょうか?

必ずしもそうでなければならないということではありませんが、次のような条件にいくつかあてはまっている業者であれば、実家の片付けの大切な作業を安心して依頼することができます。

・見積もりを作成してくれる
・電話で直接相談できる
・自社のHPに会社の情報が詳しく書いてある

このような条件をもとに業者を選ぶことで、納得のいく、実家の片付けを終わらせることができます。

 

 

5.まとめ

実家の片付けで、お仏壇を処分する場合の対処法についてご紹介しました。

迷う場合は専門家に相談することが一番です。実家の片付けをサポートしてくれる業者でも、お仏壇の処分を引き受けてくれるところがあるので、見積もりの際にぜひ相談してみてください。

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。