実家の片付けを業者に頼む前に知っておきたい!売れる家財道具とは?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

実家の片付けを業者に頼む前に知っておきたい!売れる家財道具とは?

今回は、実家の片付けを業者に依頼する際に、ぜひ利用したい「買取サービス」についてご紹介します。

実家の片付けをする場合、多くの家財道具やさまざまな物を処分することがあると思いますが、骨とう品や高価な家電製品、コレクションなどはどうしますか?そのまま廃棄処分にして捨ててしまいますか?

親戚や関係者が大勢いる場合や、時間がない場合は、さくっとまとめて処分してしまうのが簡単ですが、もし、時間に余裕がある場合は、ぜひ買取を試してみることをおすすめします。思いがけない金額で売れるかもしれません。

 

 

1.実家の片付けを業者に依頼する人が増えているって本当?

実家の片付けには、いくつかのケースがあります。

親が亡くなったあと、残された家財道具を整理して処分する「遺品整理」もそうですし、まだ親が暮らしている家をきれいに片付けて、暮らしやすいように整理整頓するのも実家の片付けです。また、親が施設に入る、あるいは転居のために、長年暮らしていた家を片付けるというケースもあるでしょう。

そういったケースに、実家の片付けにともなうさまざまな作業を業者に依頼するケースが増えてきています。遺品整理などの場合は、物の整理、仕分けから、処分するものの運び出し、家のクリーニングなどすべてをトータルに対応する業者もあります。

実家を部分的に片付けるだけの場合は、不用品の運び出しと処分だけを依頼したり、クリーニングや家具・家の修理、リフォーム工事だけを依頼することもできるのでとても便利です。

 

少子高齢化社会においては、実家の片付けといった作業を肩代わりしてくれるプロの業者がとても頼りになります。親と話し合いながら片付けをしなければならない場合でも、プロの担当者に間に入ってもらうことで、作業がスムーズにすすむケースがあります。

 

 

2.実家を片付けるときに、家財道具の買取をおすすめする理由

業者に実家の片付けを依頼する際に、オプションのサービスとして、不用品の買取を行ってくれる業者があります。なぜオプションとしているかというと、民間の不用品回収業者の中には買取に対応していない業者もあるからです。

中古の不用品を業者が買取するには、「古物商」の認可が必要なのです。片付けを依頼した業者が古物商を兼ねていない場合は、他の業者を紹介してくれることもありますが、事前に、買取も可能かどうかを確認しておくとよいでしょう。

 

ところで、実家に残された家具や家電、家財道具を売ってお金にするということに、違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。高級なコレクションが売れればお金が発生しますので、親族間で揉めるというケースもありますし、まとめて捨ててしまうほうが気楽な場合もあります。

ですが、高価な調度品や、大量のコレクションなどを捨てることにためらいがある場合は、ぜひ不用品の買取を試してみてください。不用品回収と買取を同時に行ってくれる業者の多くは、買取価格と回収手数料を相殺してくれます。残された者を売ったお金で高額の回収費用の一部をまかなうことができるので、この方法はとてもおすすめです。

 

 

3.捨てる前に買取をおすすめしたい、高価買取商品の一例

長く暮らしてきた家の中には、たくさんの物が残されています。家具、家電製品、オーディオなどの音響機器、趣味の道具、コレクション、貴金属類、金券、衣類から食器などの家財道具までさまざま。長く愛用していた食器や衣類、家具などは廃棄処分することになりますが、中にはかなり高値で売れるものもあります。

高額での買取が期待できる商品の一例をご紹介しますので、ぜひ、片付けの際に参考にしてみてください!

 

家電製品

基本的に、買取可能な家電製品は製造から5年以内のものとなっています。ただし、人気商品や廃盤になったものなど、売れるものもあるので、捨てる前に査定を受けてみることをおすすめします。

・エアコン、テレビ、ビデオ、DVDプレーヤー、パソコン など

 

貴重品、貴金属

貴金属類は形見分けなどで事前に処分を済ませてしまうことの方が多いと思いますが、古い物の中には、思いがけないブランド品やアンティークとして扱われるものもあります。また、万年筆などに金が使われていることもあるので、捨てる前に確認してみましょう。

・金、銀、プラチナ、アクセサリー、腕時計、金歯、万年筆、ブランド品 など

 

趣味のもの

趣味のコレクションなどは、ものによってはかなり高額になるので、ぜひ査定してもらうことをおすすめします。音楽が趣味だった、ゴルフに力を入れていたなど、趣味にお金をかけていた場合は、高級な道具が残されている可能性があります。

・書籍、食器などのコレクション、切手などのコレクション、ゴルフ道具、楽器、オーディオ機器 など

 

その他

廃車手続きが面倒な車やバイクは、売ってしまうほうが楽な場合もあります。出張査定などを利用する方法がおすすめです。金券などは思いがけない場所から見つかることがあるので、事前によく確認しておくことが大切です。

・金券、車、バイク、電動工具 など

 

 

4.お得に家財道具を処分するためのひと手間とは?

実家に残された大量の物を処分するには、不用品回収業者や買取業者にまとめて依頼する方法が手軽で便利です。

ですが、もし少し時間の余裕があるなら、専門の業者や店舗で査定を受けたり、ネットオークションなどを利用することでさらに高値での買取が期待できます。ちょっとした手間で査定額がアップする、いくつかのポイントをご紹介します

 

査定前に分類、種類ごとにそろえておく

忙しくてゆっくり片付けをしていられない場合は、とりあえず来てもらって、売れそうなものを適当にみつくろってもらうという方法もあります。ですが、ちょっとだけ時間をつくって、事前に売れそうなものをピックアップしておくことをおすすめします。

貴金属類、ブランド品、骨とう品など同じ種類のものをまとめておくことで、査定しやすくなります。

 

ホコリを払ってできるだけクリーニング

とても高価な、高級な物でも、汚れてホコリをかぶっていたら、査定で高く評価してもらえません。実家で大切に保管されていた貴重なものを買取してもらうなら、できるだけ良い状態で、高く買い取ってもらいましょう!

まず、ホコリを落とすこと。そして、やわらかい布などで丁寧に磨いておきます。革製品や布製品、電気製品などに濡らした布巾を使うのはNG。乾いたやわらかい布か、専用のクロスがある場合はそれを使って少しでも磨いておきましょう。

 

時間があるなら専門店、ネットオークションがおすすめ

例えば、時計や貴金属、書籍類、ブランド品、家電製品、音響機器などは、それぞれ専門に取り扱っている専門店があります。

買取業者に全部まとめてお任せで見積もりをしてもらうよりも、専門店で査定を受けるほうが高く買い取ってもらえるケースが多いようです。また、ネットオークションやネットフリマサイトを利用して売るほうが、高値での買取が期待できます。もし、時間の余裕があって多少の手間がかけられるのであれば、少しずつ処分していくほうがより高く売ることができます。

 

 

5.まとめ

実家の片付けを行う際に覚えておくとお得な情報をご紹介しました。

遠方の実家や、長く人が住んでいなかった家を片付けるには、時間とお金がかかります。家財道具をゴミとして捨てるのではなく売りに出すことで、片付けにかかる費用をまかなうことができます。

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。