実家の片付け:どうやって親を説得すればいいの?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

実家の片付け:どうやって親を説得すればいいの?

就職して、あるいは結婚して実家から離れて暮らしていると、久しぶりに帰省したときに、家の様子がずいぶん変わっていて驚いた!という経験をした方は、多いのではないでしょうか。 親も年を取り、片付けや掃除が十分に行き届かないことが増えてきますし、一人暮らしになってしまった場合などは特に、自分の身の回りの世話もままならなくなることがあります。 そうなると、どうしても、子どもである自分が何とかしなければ!実家の片付けをしなければ!ということになるでしょう。 しかし、それは決して簡単なことではありません。   実家の片付けにともなうさまざまな問題の中から、実家で暮らしている親が、片付けに反対しているケースについて考えてみたいと思います。     1.実家の片付けで一番最初に解決すべき問題とは? 「実家の片付け」というワードに注目が集まるようになってきたことで、年を取った親が暮らしている家を、成人した子どもが片付けなければならないという考えが広まってきているようです。 そもそも、子どもが実家を片付けなければならない理由はなんでしょうか? 親が自分でしっかりと管理して生活していれば、子どもが片付けをしに出向く必要はありません。しかし、客観的にみて、生活環境がひどく乱れているような場合、片付けをしてあげようと、親切心から考えます。しかし、親は子どもが片付けをすることを望んでいないために、トラブルになってしまうというケースが発生します。   実家の片付けは、大きく分けて、 1) 親がそこで暮らしている場合 2) 実家に住む人が誰もいなくなった場合 という、2つケースがありますが、 今回取り上げているのは、「親がそこで暮らしている場合の実家の片付け」です。   さらに、このケースは、 A) 親と一緒に暮らしている場合 B) すぐ近くに住んで、頻繁に実家を訪れている場合 C) 遠方に住んで、めったに実家を訪れない場合 という、3つのパターンに分けられます。 状況によって片付けの大変さは違ってきますが、A~Cいずれの場合も、真っ先にすべきことは、片付けが必要であるという状況を親に理解してもらうことです。 離れて暮らしている場合はなおさらですが、たとえ一緒に暮らしている場合でも、実際にそこで暮らしている人が納得していなければ、片付けを終わらせることは難しいでしょう。    

2.親が暮らしている実家を片付けるのが難しい理由

片付ける目的が決まったとしても、そう簡単には進まないのが「実家の片付け」。それには、「物理的な理由」と「心理的な理由」があります。  

「物理的な理由」仕事や子育てで忙しい、遠方で行くのが大変

実家から離れて暮らしていると、実家に帰るだけでも移動に長い時間と手間、お金がかかってしまいます。仕事や自分の生活、地域での関わり、子育てなどで日々忙しく、実家に帰って片付けをしている暇がない、自分の生活で精一杯で、実家の片付けどころではないといった場合もあるでしょう。 忙しくて自分の家の片付けやメンテナンスも十分にできていないのに、実家の片付けまでしなければならないとなると、大変な負担になってしまいます。  

「心理的な理由」親と意見が合わず、片付けに協力してもらえない

実家の片付けがスムーズにすすまない一番の原因は、親が片付けを嫌がる、親が協力的でないというケースです。休みの日にわざわざ実家に帰ってせっかく片付けても、次回行ってみたら元の状態に戻っていたなんていうことも、よくあるようです。 客観的に見ると、大至急片付けが必要な状態に思えても、実際にそこで暮らしている人にとっては何の問題もないわけですから、勝手に片付けられても困る。というわけです。 この場合、なぜ片付けが必要なのかを、親と子で十分に話し合うことから始める必要があります。    

3.親を説得して実家を片付けるコツ

実家の片付けをすべき状況を親に納得させるには、「片付けをしなければならない」ことではなく、「片付けをすることでどうなるか」を理解してもらうことが大切です。  

片付けをすることで得られるメリットを説明する

物があふれ、ゴミや不用品が溜まっている状況がダメなのではなく、ゴミや不用品を片付ければ、部屋が広くなって暮らしやすくなるのでは?という提案をします。 いちいち説明しなければならないのは面倒かもしれませんが、実家も、実家にあふれている物もすべて親の持ち物であるという点を忘れてはいけません。「片付けるべき!」ではなく、「片付けを手伝おうか?」という姿勢で、話し合いをスタートさせることが重要です。  

地域包括支援センターに協力を求める

実家の生活環境が、自分たちでは対応しきれないような状態だったらどうでしょうか? 親が、ゴミ捨てや掃除・洗濯など、身の回りの世話を自分でできなくなってしまっていたら、ぜひ、行政のサポートを利用することをおすすめします。病気などが原因で片付けられなくなっているのであれば、それは、在宅介護サービスや施設の利用を検討するタイミングかもしれません。 介護サービスを利用しておらず、誰に相談してよいかわからない場合は、地域包括支援センターに相談しましょう。地域包括支援センターの連絡先や場所は、親が暮らしている自治体のHPなどで検索することができます。    

4.業者を利用して実家の片付けをスムーズにすすめる方法

自分たちだけでは実家の片付けが難しい場合、不用品の回収やハウスクリーニングなどのサービスを提供する、民間の業者を利用する方法がおすすめです。 業者を利用することには、「物理的な利点」と「心理的な利点」があります。  

「物理的な利点」ストレスを減らし、時間を有効に使える!

特に遠方に住んでいる場合、大量のゴミや粗大ゴミを捨てに行ったり、汚れの溜まった部屋を掃除する作業はかなり大きな負担です。自分一人で何とかしようと思うと、休みのたびに何度も足を運ばなければなりません。 少しお金がかかってしまいますが、不用品回収業者にゴミの回収を依頼すれば、粗大ゴミやリサイクルが必要な家電も、すべてまとめて片付けてもらえます。自分で少しずつ捨てに行くほうが安く済みそうですが、地域の自治体に問い合わせて捨て方を調べたり、面倒な手続きをしたり、自分の車で何度も粗大ゴミを運んだり、貴重な休みをすべてゴミ捨てに費やすことを考えると、希望する日時に回収に来てもらう費用のほうがずっとお得かもしれません。 また、多くの業者がクリーニングサービスを提供しています。 家中をピカピカにしてもらおうと思うとかなり高額な費用がかかってしまいますが、台所だけ、お風呂場だけというように、場所を限定してクリーニングをしてもらう方法がおすすめです。特に手間がかかる水回りの掃除をプロのスタッフに任せることで、家財道具の仕分けや片付けなど、ほかの作業に十分な時間を使うことができます。  

「心理的な利点」第三者が入ることで、ギスギスしなくなる

多くの不用品回収業者が、実家の片付けに特化したサービスを提供しています。 その中で特におすすめしたいのが、プロのスタッフによる片付けサポートサービス。荷物の仕分け作業などを、プロのスタッフが手伝ってくれます。親子で作業をしていると、どうしてもお互い遠慮がなくなり、ギスギスした雰囲気になってしまいがちですが、第三者が間に入ってくれることで、落ち着いて作業をすすめることができます。 自分が実家に行けないときに、代わりにスタッフに片付けを手伝ってもらうこともできるので、とても便利です。    

5.まとめ

思い出がたくさんつまった大切な実家でいつまでも元気で暮らせるように、不用品を処分して、暮らしやすい環境づくりをすることが大切です。 そのためには、まず、そこで暮らす親や家族としっかり話し合うことからスタートします。どういう状態が望ましいのかということについて認識を共有しておくことで、実家の片付けがスムーズにすすみます。  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。