なんとかしたい実家の片付け!よく起こるトラブルとは!?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

なんとかしたい実家の片付け!よく起こるトラブルとは!?

  実家から離れて暮らしている方にとって頭の痛い問題といえば、実家の片付け!! 長年暮らしている間にさまざまな物が増え、不用品やゴミもたまってしまうので、実家の片付けには、たくさんの時間と手間がかかります。   ちなみに、実家を片付けるシチュエーションとしては、親の存命中に不要な家財道具などを片付けて処分する「生前整理」、親が亡くなったあとに残された家財道具などを片付けて処分する「遺品整理」があります。 「生前整理」と「遺品整理」、あるいは両方を同時に行う場合、いずれもさまざまな問題を抱えており、決して簡単ではありません。 実家を片付けるときに起こりがちなトラブル、その対処法についてご紹介します。    

1.なぜ実家がゴミ屋敷のようになってしまうのか

  自分がまだ子どもで、親や兄弟と実家で暮らしていた頃、家の中は片付いていましたか? おもちゃや子どもの道具が家中に散らかっていたり、掃除が行き届いていなかったりということはあったかもしれませんが、ゴミ屋敷のような状態になることはなかったのではないでしょうか。 子どもたちが大人になり家を離れてしまったあと、久しぶりに帰宅してみると、実家がゴミ屋敷のようになっていた!という話を耳にすることがあります。 一体どうして、きれいに片付いていたはずの実家がゴミ屋敷のようになってしまったのでしょうか?  

高齢のため、掃除や片付けができなくなる問題

若い頃はテキパキと動けていても、年を取るにつれて体を動かすことが難しくなります。重いものを持ったり動かしたり、細かい掃除やちょっとした片付けをすることも、若い頃のように気軽にはできなくなってしまうのです。 親が年を取って掃除が行き届かなくなり、ゴミ捨ても十分にできなくなってしまうことで、家の中がゴミ屋敷のような状態になってしまいます。  

思い出の品物を捨てられないという問題

長年暮らしている家には、さまざまな思い出の品物が残されています。 若い頃に好きだったもの、趣味の道具、旅行の記念。子どもの道具や思い出の品物、作品、トロフィーや賞状など記念の品など、どれも、簡単には捨てられないものばかりです。中にはとても大きくてかさばるものもあり、押入れやクローゼットいっぱいに思い出の品物が詰め込まれているということも少なくありません。 こういったことが、実家をゴミ屋敷の状態にしてしまう原因のひとつになっています。  

もったいなくてものを捨てられないという問題

年配の人ほど、「まだ使える」「いつか使える」と言いながら、物を捨てずにとっておく傾向が強くなります。 昔使っていた家財道具や雑貨、使う予定のないもの、どこかでもらってきたものなどを捨てることができないので、家の中が物であふれかえってしまいます。  

病気や認知症のために片付けができないケース

体調を崩して寝込んでしまったり、入院していたりしたために、家の片付けに手が回らないというケースもあります。 また、認知症が進んでしまったために家の片付け、掃除、ゴミ捨てといったことが全くできなくなってしまっているというケースもあるので、注意が必要です。    

2.実家を片付けるときに起こるトラブル

  実家の片付けは、自分の家の片付けや引越しのように簡単にはいきません。それはなぜでしょうか? そこには、荷物が多いという物理的な問題だけではなく、人間関係という複雑な問題が絡んでいるからです。離れて暮らしている関係者同士の意思疎通がきわめてややこしいということが、実家の片づけをより一層、難しくしています。  

親とのトラブル

親の存命中に実家を片付ける生前整理の場合、物を捨てたくない親を説得する作業が、最大のネックになります。仕事や自分の生活も忙しい中、時間を割いて片付けを手伝いに行ったのに、思い出話を延々と聞かされただけで片付けは一切進まなかったというようなケースもあるようです。 また、親の留守中の片付けや遺品整理を任されてしまった場合は、貴重品と不用品を判断しながらすべての荷物を片付けなければならず、重い責任がのしかかります。  

兄弟同士のトラブル

関係者が自分だけの場合、責任や負担は重くなりますが、ある程度自分の裁量で片付けを進めることができます。しかし、兄弟や伯父叔母などの関係者が複数いる場合、そうはいきません。 物を捨てるにしても保管するにしても、関係者の同意が必要になり、勝手に作業を進めることができません。兄弟全員のスケジュールが揃わないため、集まって一緒に片付けをすることができず、遺品整理が完了するまでに膨大な時間がかかってしまうこともあるようです。 一人だけに負担が集中した上、物を勝手に処分したことで全員から責められるという悲惨なケースも珍しくありません。  

親戚や近隣の住人との問題

実家の片付けに関わる場合、近くに住む昔からの知り合いや親戚との関わりも無視することができません。 特に、実家から遠く離れた場所で暮らしている場合、近隣の方や親戚と生前どのような付き合いがあったかわからないため、失礼のないようとても気を使います。対応が不十分で会った場合、直接あるいは間接的に文句を言われてしまうこともあるので、大きなストレスになってしまいます。  

トラブルを避けるために気を付けておきたいこと

人間関係によるさまざまなトラブルを避けるためには、事前にしっかりとコミュニケーションを取っておくことが大切です。 関係者が複数いる場合は、時間や手間がかかって面倒でも、一人で抱え込まずに全員を巻き込みながら作業を進めていくことで、揉め事やトラブルを減らし、円滑に遺品整理を終わらせることができます。    

3.実家の片付けを業者に依頼する際のポイント

遠方に住んでいる場合は、片付けのために実家に通うのは大きな負担です。実際、実家の片付けをしたいと思っても、仕事などで十分な時間を取れないという方は多いのではないでしょうか。 そういったニーズに応えて、近年、遺品整理や生前整理の事業に参入する業者が増えてきました。遺品整理を専門に行う業者もおり、状況に応じた細やかなサービスを提供しています。 無理をして自分だけで全てやろうと思わず、必要に応じて業者を利用することが、遺品整理を上手に終わらせるコツです。  

業者が提供する遺品整理・生前整理のサービスとは?

業者に遺品整理を依頼すると、どのようなサービスを受けることができるのでしょうか。 部屋の片づけから粗大ゴミや電化製品を含むゴミ捨て、クリーニングまでを一括して行うパッケージのサービスを提供している業者もありますが、ゴミ回収のみ、片付けのサポート、クリーニングだけといった個別のサービスだけを利用することもできます。 また、時間をかけて一緒にゆっくりと片付けを手伝ってくれたり、関係者の立合い不要で全て対応してくれるサービスなど、ニーズに応じたさまざまなサポートを提供している業者もあります。  

業者を選ぶ際に気を付けるべき点とは?

良心的なサービスを提供してくれる業者もあれば、法外な料金を請求する悪質な業者もいます。遺品整理という事業には法的な制約やルールがないので、信頼できる業者かどうかをしっかりと見きわめて依頼をすることが大切です。 ポストに入っていたチラシを見てすぐに頼んでしまうのはとても危険です。面倒でも、必ず見積りを取って、作業内容と料金をしっかり確認してから申込むようにしましょう。    

4.まとめ

  実家がいつの間にかゴミ屋敷のような状態になってしまっていたら、どうしますか?あるいは、突然親が亡くなり、家とともに膨大な荷物が残されたとしたら、どのような対応をすることができるでしょうか。 単なる家の片付けや掃除と違い、遺品整理・生前整理にはさまざまな問題が起こります。しっかりとコミュニケーションを取りながら作業を進めること、無理せず業者のサポートを借りる事で、無理なく遺品整理を終わらせることができます。

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。