オフィスの必需品、ビジネスデスクは捨てずに買取がおすすめな理由-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

オフィスの必需品、ビジネスデスクは捨てずに買取がおすすめな理由

オフィスで使われるビジネス用品には、さまざまなものがあります。 今回は、オフィスの必需品ともいえる家具のひとつ、ビジネスデスク(オフィスデスク)について、お得な処分方法をご紹介したいと思います。   オフィス移転やレイアウト変更ほかさまざまな理由でビジネスデスクの処分を検討されている方は、お金を払って廃棄処分する前に、ぜひ、お得な中古買取を検討してみてください。    

1. オフィスで使うデスクが売れるって本当?

不要になったビジネスデスク・オフィスデスクの処分は、中古買取がお得です。 耐久性や機能性に優れたビジネス家具は、家庭用のパソコンデスクなどに比べると、シンプルなデザインのものでもかなり高価。ですので、オフィスを新設・増設・移転する際に新品をそろえるのではなく、レンタルや中古オフィス家具を利用するというケースがかなり多く、中古オフィス家具はとても人気があります。 また、オフィスデスクなどを廃棄処分するためには、専門の業者に引き取りを依頼しなければならず、とてもお金がかかってしまうので、買取価格がかなり低くなってしまった場合でも、中古買取のほうが廃棄処分よりもずっとお得に処分できます。  

オフィス新設時は新品のオフィス家具を買う?レンタルする?

新しくオフィスを構える、あるいは、オフィスを移転するとき、新しい家具を一式そろえる。…というケースは、実際は少数派かもしれません。よほど潤沢な資金があって、お金をたっぷりかけて事業をスタートする、相当な利益が出てオフィスを拡大するというような場合に限られるかと思います。 多くの場合、レンタル、あるいは、とりあえず中古オフィス家具を必要な分だけ調達し、事業がうまくいって十分な利益が出てから、設備投資に資金を回すというケースが一般的のようです。  

バラエティに富んだ、最新オフィスデスク

オフィスとひとことで言っても、その規模や内容はさまざま。 ワンフロアに100人近くがずらりと並ぶ大規模なオフィスから、数人で業務を行う事務所、お客さまが来店することの多いオフィス、店舗を兼ねた事務所など。さらに、個人事務所や小規模な会社では、よりカジュアルなデザインやレイアウトを取り入れているケースもあります。 そういった環境に合わせて、一般的なスタイルの事務机からブランド家具、デザインを工夫したオリジナルオフィス家具や、オフィスのレイアウトに合わせた形状の家具など、さまざまなデザインのオフィス家具が販売されています。また、オフィス家具を専門に扱う業者だけでなく、より多用な業種がオフィス家具市場に参入したことで、オフィス家具の選択肢も増えつつあるようです。    

2. 高く買い取ってもらえるのは、こんなビジネスデスク!

たとえ国内ブランドの高級ビジネスデスク(オフィスデスク)であっても、必ずしも売れるわけではありません。 例えば、目立つ傷やひどい汚れがあったり、奇抜なデザインのデスクなどは買取が難しいケースがあります。中古でも高値で買い取ってもらえるデスクには、次のような特徴があります。 <高く売れるオフィスデスクの特徴> ・未使用またはほぼ新品 ・見た目がきれい、メンテナンスされている ・数がそろっている(複数ある) ・椅子とセットになっている ・派手過ぎない、一般的な形状、デザインと色 ・定番モデル・サイズ    

3. 人気のオフィス家具ブランドが提供する売れ筋商品をご紹介

オフィスで使われるビジネスデスクには、平机、折りたたみテーブル、会議用テーブル、袖つきデスク(片袖・両袖)などがあります。そのほか、L字型、コーナーデスク、ミーティング用の丸テーブル、役員用の高級感のあるデスクなどもあります。 さまざまなビジネスデスク・オフィスデスクの中から、オフィス家具を専用に扱っている家具メーカーの、人気オフィスデスクをご紹介します。  

オカムラ(岡村製作所)

VILLAGE(ビラージュ)シリーズ。デザイン、モジュールを統一、基本的な機能と幅広いサイズバリエーションで、省スペースでもフレキシブルなレイアウトが可能。JIS規格準拠の安心品質。  

PLUS(プラス)

フラットラインシリーズ。シンプルデザインが特徴、信頼の日本製スチールデスク、装飾部分をできるかぎり減らすことでコストを削減。  

サンワサプライ

eデスクシリーズ。天板の幅・奥行やデスクの高さの組み合わせは300種類以上。オプションも豊富で、レイアウトに合わせたデスクを選ぶだけで、特注したような仕上がりが可能。   このほかにも、多くのメーカーがオフィス家具を製造・販売しています。日本のメーカー、国産の製品が特に人気が高く、中古でも高値での買取が可能です。    

4.タイミングを選ぶ!ビジネスデスクをできるだけ高く売る方法

不要になったビジネスデスク・オフィスデスクをできるだけお得に処分するには、どのような工夫ができるのでしょうか?ほんの小さなひと手間で、買取価格アップが期待できます。 <高く売るためのコツ> ・ 見た目のきれいさが重要! ・ 複数まとめて、椅子とセットにして売る ・ 専門に取り扱っているお店で売る ・ 高く売れる時期がある?売るタイミングが重要  

見た目のきれいさが重要!

新しいオフィスで使うために中古デスクをそろえるというケースが多くあります。購入した人が気持ちよく使えるよう、汚れやホコリを落として丁寧にメンテナンスしておくことが大切です。 新しいもの、見た目のきれいなものほど高く買い取ってもらえます。  

複数まとめて、椅子とセットにして売る

同じ種類、同じかたちのデスクをまとめるほうが、高く売れます。不要な椅子がある場合は、デスクに合わせた椅子も同時に処分するほうがより効果的です。 また、ほかにもロッカーや書棚などのオフィス家具がある場合は、まとめて査定を受けることをおすすめします。  

専門に取り扱っているお店で売る

一般的なリサイクルショップでもオフィス家具を売ることができますが、家具またはオフィス家具を専門に扱う買取店で査定を受けるほうが、高値で買い取ってもらえるケースが多いようです。 専門店であれば販売ルートも豊富なので、多少難ありのものでも安値で買取または、無料で引き取ってもらえるかもしれません。まずは、専門店で出張査定やネット査定などを受けてみることをおすすめします。  

高く売れる時期がある?売るタイミングが重要

需要が多ければ、当然中古ビジネスデスク・オフィスデスクは高く売れます。では、ビジネス家具の需要が高まる時期とは、いつ頃なのでしょうか? 進学や就職と異なり、オフィスの移転は企業の事情に合わせていつでも行うことができるので、明確な基準があるわけではありません。ですが、オフィスの移転や増改築、社内でのレイアウト変更などが行われることが比較的多い時期は、3月と9月。そして、5月頃だといわれています。 その理由としては、3月と9月の決算前にオフィス移転などの大きなイベントを済ませるケース、そして、新人社員が4月に入社したあとの5月頃にレイアウト変更を行うケースが多いということがあげられます。   従って、3月、9月、5月よりも少し前のタイミングで売ることで、通常よりも高値での買取が期待できます。ただし、必ずしもこの時期にオフィス家具の査定額が高くなるわけではありません。買取金額に納得がいかない場合は、いくつかの店舗で見積もりを取ってもらって比較する方法もあります。    

5.まとめ

いかがでしたか? オフィスで使うデスクは常に需要があります。不要になってしまったら、捨ててしまう前にぜひ買取をお試しください。  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。