軽くて丈夫!人気のスチールラックをお得に処分する方法をご紹介-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

軽くて丈夫!人気のスチールラックをお得に処分する方法をご紹介

ミニマリストという、家財道具を限界ギリギリまで少なくし、ものを持たない生活、あこがれますよね。ものを少なくすれば管理する手間が減り、掃除も楽で、生活空間をたっぷり使うことができます。

しかし、生活しているうちにどうしても持ち物が増えてしまうので、ミニマリストのような暮らしを実現するのはなかなか難しいものがあります。結局、工夫してものを管理しながら生活していかなければなりません。

 

本や趣味の道具、写真、雑貨、コスメグッズなど、さまざまなものを管理するためには、ものを置くスペースが必要です。引き出しや箱に入れて片付けることもできますが、ものを使いやすく収納するには、棚(ラック)があると便利ですね。

今回は、さまざまなタイプの棚や収納家具の中から、オープンタイプの収納家具「スチールラック」について、上手な使い方やお得な処分方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

1.ショップや家でも使える!スチールラックが人気の理由

photo-AC

パイプを組み合わせて作られた棚、スチールラックをご存知でしょうか?

さまざまなショップの展示棚として使われることも多い、おしゃれなオープンスタイルの棚(ラック)で、一般的に「スチールラック」と呼ばれています。「メタルラック」と呼ばれることもありますが、こちらは、メーカーの商標名(ブランド名)です。

 

スチールラックの構造はとてもシンプル!

スチールラックは、4本のポールと棚板を組み合わせて作ります。棚板の4つの角の穴にポールを通し、好みの高さに調節すればできあがり!とても簡単なので、女性や力のない方でも簡単に組み立てることができます。

スチールラックの特徴は、組み立てやすいこと、ネジや釘が要らないこと。そして、丈夫でかなりの重さにも耐えられる耐久性、豊富なパーツでさまざまなスタイルを実現できる拡張性の高さも大きな特徴です。

<スチールラックの特徴>
・ネジや釘が要らない
・簡単に組み立てられる
・丈夫で長持ち
・重いものも乗せられる
・好みのデザインに組み立てられる
・オプションパーツが豊富

 

 

2.スチールラックの便利な使い方

photo-AC

スチールラックはホームセンターなどで売られているほか、ネットサイトでさまざまな種類の製品やオプションパーツを選ぶことができるので、店舗やオフィス、家庭用としても幅広く使われています。

 

サイズが選べる!組み合わせてL字ラックも

スチールラックのパイプは太さによって耐荷重(棚に乗せられるものの重さの上限)が異なります。細いパイプを選べば、軽く、スリムでコンパクトな棚を、太いパイプに大きな棚板を合わせれば、100kgを超える重さにも耐えられる丈夫な棚を作ることができます。パイプの太さに合わせた棚板を選ぶことが大切です。

棚板の幅や奥行は、豊富なラインナップの中から好みのサイズを選ぶことができるので、自宅のスペースに合わせた棚が設置可能!パイプと棚を上手に組み合わせれば、L字型のラックも作れます。

 

選べる!幅広いパーツのラインナップ

スチールラックの棚板は、オープンなワイヤーシェルフのほか、隙間のないソリッドシェルフ、木製のウッドシェルフなどがあります。隙間があるために細かいものは置けないワイヤーシェルフを使う場合は、専用のビニールシートやウッドシート、コルクシートが便利です。

足回りは固定金具のほか、可動式のキャスターパーツ。そのほか、カゴやフック、ハンガーポールなど、さまざまなオプションを選択可能。自分の好みのパーツを合わせることで、単なるオープンラックではなく、洋服掛けとして、本棚として、飾り棚としてなど、幅広い目的に使うことができます。

 

 

3.人気のスチールラックブランドをご紹介!

国内のさまざまなメーカーがスチールラックを製造・販売しています。

中でも特に人気が高いのは、アイリスオーヤマ、ルミナス、エレクターの3種類。それぞれ幅広いラインナップがあり、さまざまな形状のラックを作ることができます。

ポールの太さが同じものであれば組み合わせることができますが、メーカーが違う場合互換性がないことが多いので、同じメーカーやシリーズのもので統一させるほうがよさそうです。

 

アイリスオーヤマ

宮城県仙台市に拠点を置く、日本のメーカー。リーズナブルな小型家電や家具などで高いシェアを誇ります。

アイリスオーヤマが販売するスチールラックは、「メタルラック」という商標名です。特徴は、錆びや汚れを防ぐニッケルメッキとクロームメッキのダブル加工。ポールの太さは、25mm・19mm・16mmの3種類、棚板の高さ、奥行、幅を自由に選べるほか、さまざまなパーツを展開しています。シリーズ累計3200万台の売り上げを誇ります。

 

Luminous(ルミナス)

東京と大阪に拠点を置く、流通サービス業者。ブランド商品の販売、自社ブランド商品の販売を行っています。

「ルミナス」のブランド名でスチールラックを展開。パイプの太さは25mm・19mmの2種類があり、幅広いサイズの棚板、ジョイントパーツを販売しています。

 

ERECTA(エレクター)

東京に拠点を置くメーカー。「ワイヤーシェルフ」という名称でスチールラックを製造・販売するほか、海外からの製品の輸入販売を行っています。

家庭用、業務用など幅広い種類のスチールラックのラインナップがあり、家庭用のHOME ERECTAでは8色のカラー展開をしています。

 

山善

大阪市に拠点を置く、専門商社。産業用機器から家庭用品、小型家電など幅広い商品を取り扱っています。

「メタルシェルフ」という商品名で2種類のスチールラックを展開、クロムシルバーのほか、ブラック、ホワイトがあります。

 

 

4.使っていないスチールラックをできるだけ高く売るコツ

スチールラックは丈夫で壊れにくいので、長く使い続けることができます。引っ越しや模様替えなどで不要になった場合でも、破損したり、ひどく汚れていたり錆びついているような状態でなければ、リサイクルショップなどで買い取りが可能です。

 

見た目を良くして買取額アップ!

スチールラックは、長く使っているとホコリが溜まり、表面がくもったり、錆びや汚れがついてしまうことがあります。ホコリや汚れを落として見た目をピカピカにしておくことで、査定でより高く評価してもらえます。

<スチールラックの汚れを落とす方法>

水ぶきや洗剤では落ちない汚れや錆びは、研磨剤入りのクリーナーや錆び落とし専用のクリーナーを使って落とすことができます。クリーナーは、100円ショップに売っているものでもOK!

汚れ落とし専用のクロスや、スチールウールたわしを使って磨く方法もあります。

 

同じシリーズで揃えて売る!

スチールラックを売る場合は、棚として使える状態で査定に出すようにしましょう。単体では買い取ってもらえない場合があります。

メーカーが違っても互換性のあるスチールラックもありますが、メーカーやシリーズが同じパーツを使って組み立てたもののほうが、査定で高く評価されます。

 

ネットフリマサイトなどで売る!

リサイクルショップなどで買い取りが難しかったものでも、ネットオークションやフリマサイトを利用して売ることができるかもしれません。

棚板だけ、ポールだけといった単体のものでも、タイミングが良ければ買い手がつくことがありますし、多少状態の悪いものでも、値段を下げれば売れる可能性があります。

ネットフリマサイトなどを利用して売る場合は、配送方法、送料の負担について事前にしっかり確認しておくことが大切です。

 

 

5.まとめ

photo-AC

オープンな収納で、お部屋を広見せてくれるスチールラックの上手な選び方と、要らなくなったときのお得な処分方法についてご紹介しました。ぜひ、お試しください!

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。