捨ててしまう前にぜひ試してほしい!こたつのお得な処分方法-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

捨ててしまう前にぜひ試してほしい!こたつのお得な処分方法

寒い冬。北風が吹いて、底冷えがするような日は、あったかいこたつの中でぬくぬくして過ごしたいですよね。 エアコンや床暖房、オイルヒーターなど、より効果的な新しい暖房器具が登場しても、暖房器具としてのこたつの人気は健在!フローリングでもマットを敷いてこたつを置いている方や、椅子に座って使える便利なこたつを愛用している方もたくさんいらっしゃるようです。   以前使っていて、クローゼットにしまいっぱなしのこたつがある。あるいは、買い替えや引越しなどで、まだ十分に使える状態のこたつの処分を検討している方は、捨ててしまう前に、ぜひ中古買取を試してみませんか? 要らなくなったこたつをお得に処分する方法をご紹介します。    

1.根強い人気!冬の暖房はこたつが一番!

photo-AC こたつは、座卓の内側に電熱器がセットされた、とてもシンプルな家電製品。 ストーブやエアコンのように室内の空気を暖めることはできませんが、とくに冷えてしまいがちな足元を暖めることができるので、意外と暖房効果が高いという特徴があります。  

こたつの電気代はエアコンよりも安い?

こたつは限られたスペースを暖めるだけなので、消費電力はおよそ500~600W程度と低く、電気代は1時間に2~5円と、とてもリーズナブル。 一方、室内の空気全体を暖めるエアコンは、10畳用を超えるサイズのものだと、暖房を1時間使った場合に必要な消費電力は1kw超、電気代は1時間に10円を超える金額になります。 こたつの場合、ある程度温度が高くなったら、設定温度を下げても暖かさを持続することができるので、さらに節電効果が高くなります。    

2.使っていないこたつが売れるって本当?

引っ越しや買い替えで不要になったこたつ、どうしていますか?処分するのが面倒で、使わないまま、クローゼットや部屋の隅に置きっぱなしという方も多いのではないでしょうか。 まだ十分に使える状態のこたつなら、中古でも買取が可能です。 こたつを廃棄処分するにはお金がかかるので、まだ使える状態のものなら、ぜひ中古買取をおすすめします。 中古のこたつは、リサイクルショップや中古家電専門店などで買い取っているほか、ネットオークションやネットのフリマサイトで、直接売ることもできます。  

こたつをごみに出すといくらかかるの?

壊れて作動しなくなっているこたつや、破損個所があるもの、目立つ傷や汚れがあるこたつは、残念ですが売ることはできません。壊れたこたつを処分する場合は、「粗大ごみ」として、地域のごみ収集に出す必要があります。 「粗大ごみ」の出し方は地域によって異なりますが、一般的に、有料の個別収集になっていることが多いようです。こたつの処分費用は、本体と天板、こたつ布団とに分けて、それぞれ250円程度となっています。こたつ本体とこたつ布団をまとめて処分するには、およそ1000円弱の手数料が必要になるようです。 手数料は自治体によって異なるので、詳しくは、自治体のHPなどで確認するか、申し込み時にお問い合わせください。    

3.人気のこたつをご紹介!

photo-AC こたつといえば、正方形または長方形の座卓というスタイルが一般的ですが、円形や楕円形の場所をとらないタイプも人気です。また、椅子に座って使えるダイニングこたつなら、膝が痛くて正座が難しい方もこたつを楽しむことができます。 こたつ布団は省スペースタイプが人気。分厚くてかさばるこたつ布団は、こたつの周りに広いスペースを必要としますが、省スペースタイプなら、こたつ布団が広がって場所を取ることもありません。薄くても暖かい、機能性にすぐれたこたつ布団なら、シーズンオフに保管する際も便利です。  

ロータイプ?ハイタイプ?

一般的なこたつは、床に置いて使う座卓スタイル(ロータイプ)のものが多いようですが、椅子に座って使うダイニングこたつ(ハイタイプ)に注目が集まっています。 膝が悪く、正座が難しい方も、ハイタイプならかがまなくてよいので安心。ソファに座ってくつろぎながら暖まりたい方にもおすすめです。 そのほか、付属の継ぎ足を使って、座卓よりも少し高めの好みの高さに調整できるタイプも人気です。  

電熱器(ヒーター)のタイプで選ぶ

こたつの熱源である電熱器(ヒーター)には、いくつかの種類があります。 一般的に使われているのは、 ・コルチェ ・ハロゲン ・石英管 の、3種類。石英管タイプが最も安く、コルチェが少し値段が高めになっています。 使い方も性能も、それぞれ大きな違いはないのですが、コルチェは暖まる速度が速く、本体の寿命が長いので、迷う場合はコルチェ電熱器を備えたこたつをおすすめします。  

こたつの制御機能

こたつを長時間使い続けると内部が熱くなりすぎてしまうので、ほとんどのこたつに、温度を調整する制御機能がついています。 温度が高くなると自動でスイッチをON/OFFする「サーモスタット」と、温度を調整する「電子制御」方式の2種類があり、電子制御方式のほうが、より快適な温度を保つことができます。    

4.売る前のひと手間で査定額アップ!

こたつを廃棄処分するには手数料がかかるので、かなり安い金額で売れたとしても、お金を払って処分するよりもお得です。さらに、比較的新しく、状態の良いこたつなら、高値での買取も期待できます! より高くこたつを売るために、どのような工夫ができるでしょうか?  

中古のこたつを高く売る5つのポイント

1) 売るタイミングが重要! こたつは、冬の寒い時期にしか使わない「季節家電」なので、売るタイミングがとても重要。少しでも高く売りたいなら、寒くなり始める少し前の時期に査定を受けることをおすすめします。 冬が終わったタイミングや暑い時期にも買取は可能ですが、ほとんど値段がつかない場合もあります。   2) クリーニングして見た目をよくする 中古の製品はどうしても、汚れやちょっとした傷が目についてしまいます。 特に、天板の汚れは目立ってしまうので、柔らかい布で丁寧に水拭きしましょう。木製の天板はシミになってしまう可能性があるので、洗剤で拭きたい場合は、目立たない場所で試してから使うようにすると安心です。こたつの足の部分や、電源スイッチもきれいにしておきましょう。 こたつの電熱器(ヒーター)の部分は、隙間から掃除機でほこりを取る方法がおすすめです。 査定を受ける前にしっかりクリーニングをして、落とせる汚れは落とし、見た目をできるだけ良くしておくことで、高く買い取ってもらえます。   3) 取扱説明書、備品を揃える 査定を受けるときは、購入時に付属していた、取扱説明書や備品などを揃えておきましょう。 こたつは意外と簡単に部品を交換することができるので、ヒーター部分を交換している方もいらっしゃると思います。正規品でない場合は、査定時に低く評価されることがあります。   4) いくつかの店舗で査定を受ける 新品、未開封、ほとんど使っていない新しいこたつは、高値での買取が期待できます。 査定額は店舗によって異なるので、金額に納得できない場合は無理に売らずに、いくつかのお店で査定を受けることもできます。   5) ネットフリマサイトを利用する 少し手間がかかりますが、ネットオークションやネットのフリマサイトを利用して、より高く売ることができます。 できるだけ鮮明できれいな写真を載せ、商品に関する説明を詳しく書いておくことが大切です。送料を負担する場合は、送付先によってどれくらいの送料がかかるかを事前に調べておくことをおすすめします。    

5.まとめ

冬の人気家電「こたつ」の、お得な処分方法についてご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください!  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。