要らなくなったカーナビをできるだけお得に処分したい!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

要らなくなったカーナビをできるだけお得に処分したい!

ドライブの必需品ともいえる、カーナビ(カーナビゲーションシステム)について、上手な選び方、お得な処分方法などをご紹介します!

 

 

1.ドライブにはカーナビが必須?

車を買うとカーナビが必ずついてくると思っていませんか?

実は、カーナビは車のオプションと呼ばれるアクセサリーのひとつです。全ての車に最初からカーナビが備わっているわけではありません。でも、車の標準装備のひとつと思われてしまうほど、カーナビはドライブのためになくてはならない存在になっています。

 

カーナビ選びの3つのポイント

ドライブの必需品ともいえるカーナビは、車のメーカーだけでなくさまざまなメーカーで製造販売されているので、予算や目的に合わせて選ぶことができます。

よくわからないのでお任せにしたい場合は、車を買う際にメーカー純正のカーナビをオプションで申し込むことができますし、機能の充実した最新モデルを設置したいなら、カー用品専門店などで希望の機種をあとから設置することができます。持ち運び可能なポータブルタイプも人気です。

 

選択肢が多いのは、カーナビの需要が高く人気があるという証拠ですが、あまりにもいろいろなタイプがあるので、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね!

カーナビを選ぶ条件はさまざまあるのですが、とりあえずおさえておきたいカーナビ選びの3つのポイントをご紹介します!

 

1) メーカー純正品か社外品(市販品)か?

自動車メーカーがオプションとして提供している純正のカーナビは、車との一体感やメーカー品という安心感がありますが、比較的コストが高いというデメリットもあります。

純正品に対し、カー用品店や専門店で買える市販のカーナビを社外品と呼びます。車種によってはサイズがマッチしない場合や、見た目が若干劣るというデメリットがありますが、高機能で汎用性が高く、コストも安いというメリットがあります。

 

2) 一体型かポータブルか?

車を買い替えても問題なく、取外しも可能、持ち歩くこともできるポータブルタイプのカーナビ(オンダッシュ)と、車の専用スペースに設置するタイプのカーナビ(インダッシュ)があります。

どちらも一長一短があるので好みに合わせて選ぶことができますが、迷う場合は専門店などで相談してみることをおすすめします。

 

3) 地図データの記録メディアは?

新しい建物ができたり土地の開発が進み、いつの間にか道が変わっている!なんていうことはよくありますね。

ですので、カーナビの地図情報は手軽にアップデートできるタイプのほうが便利なのですが、値段が高くなってしまうというデメリットがあります。地図データが固定のタイプを数年使うか、地図データをアップデートしながら使い続けるか、予算や今後の買い替え予定と合わせて検討する必要があります。

 

 

2.最新モデルのカーナビの便利な機能

カーナビの機能は、年々進化しています。

新しくカーナビを買い替えるなら、とても便利な機能を備えた最新モデルをぜひチェックしてみてください!

 

あると便利!カーナビのオプション機能

カーナビは、目的地までのルートや渋滞情報を教えてくれるだけの道具ではありません。

カーナビを設置することで、車の中でテレビやお気に入りの音楽、映画やアニメ、ドラマなどを楽しむことができます。また、バックカメラと接続すれば、車を駐車するときや、バックするときにバックモニターとして使うことができるのでとても便利ですね!純正のカーナビではなく後付けでカーナビを設置する場合でも、バックカメラと接続することができます。

<カーナビのさまざまなオプション機能>
・テレビを見る(ワンセグ、フルセグ)
・ラジオを聞く
・音楽を聞く(CD、USB、SD、Bluetoothなど)
・映像を見る(DVDなど)
・バックモニターとしての機能

 

最新モデルのカーナビはこんなに便利!

最近のカーナビは、モニター画面が大きく見やすいタイプが主流になっているようです。また、カーナビとドライブレコーダーと一体になった「ドライブレコーダー内蔵」モデル、あるいは接続可能、連動できるモデルに注目が集まっています。

音楽を楽しみたい方には、Bluetoothでスマホと簡単に接続可能なタイプが人気です。

<カーナビの機能のここをチェック!>
・ドライブレコーダー機能
・Bluetoothでスマホと簡単に接続
・大きくて見やすいモニター

 

 

3.カーナビの人気ブランド・メーカーが知りたい!

性能の高い、安心して使えるカーナビを選びたいという方におすすめの、カーナビの人気ブランドをご紹介します。

 

Panasonic(パナソニック)

パナソニックは日本を代表する家電メーカーですが、カーナビも人気!見やすさと使いやすさが特徴の幅広い種類のカーナビを販売しています。

 

KENWOOD(ケンウッド)

日本を代表するオーディオメーカーであるケンウッドのカーナビは、オーディオの音質の良さ、モニターの画質の良さが大きな特徴です。

 

Pioneer(パイオニア)

日本の電機メーカーの中で、いち早くカーナビの製造販売をスタートしたのがパイオニアです。精度が高く、最先端の機能を取り入れたカーナビが人気です。

 

 

4.要らなくなったカーナビをお得に処分する方法

買い替えなどで不要になったカーナビは、どのようにして処分していますか?

もし、そのカーナビがまだ十分に使える、比較的新しいものだったら、廃棄処分するのではなく中古買取でお得に処分することができます!さらに、不具合のあるカーナビや古いモデルのカーナビについても、メーカーや種類、タイプによっては買取可能な場合があります。

 

中古でも売れるカーナビの特徴とは?

中古のカーナビを売る場合、使用年数が短く、新しいものほど高く売れます!ですので、カーナビの買い替えや処分を検討しているなら、できるだけ早く査定を受けてみることをおすすめします。

あまり使用しておらず見た目のきれいなもの、国内人気メーカーの製品、手軽に使えるポータブルタイプや汎用性の高いモデルが人気です。

 

中古のカーナビをできるだけ高く売るには?

中古のカーナビをより高く売るためには、できるだけ新しいうちに売ることが最も重要です。

そのほか、可能な範囲でメンテナンスをして汚れを落としておくことがあげられますが、洗剤を使ったり濡れた布巾で拭いたりするのはNG!専用のクロスや乾いた布でホコリや目につく汚れを落としておく程度で十分です。

購入時の備品や取扱説明書、箱、ケースなどが残っていれば、一緒にそろえておきましょう。ハーネス(配線)や取り付けキットなどもそろっていると、さらに査定での評価が高くなります。

 

中古のカーナビはどこで売るべき?

使っていない中古のカーナビは、カー用品を専門に扱う店舗やリサイクルショップ、ネットフリマサイトなどでも売ることができます。

ただし、一体型のカーナビ(インダッシュ)を売る場合は、要注意!カーナビの設置や取外しには専門知識や専用の道具(ネットや専門店で購入できます)が必要になりますので、無理に自分で取外しを行うことはおすすめしません。車に設置してあるカーナビを売る場合は、取外しにも対応しているカー用品の専門店が便利です。

カーナビを買い替える場合は、新しいカーナビを買った店舗で下取りしてもらえる場合もあります。

 

年数の経った古いカーナビや、多少不具合のあるもなど、専門店では買取不可となってしまうような場合は、廃棄処分してしまう前にネットオークションサイトなどに出品してみることをおすすめします。パーツとして使用することができるので、買い手がつくケースもあります。

 

メーカー純正のカーナビは売れる?

古くなったメーカー純正のカーナビを新しい社外品に交換する場合や、純正ナビがついた車を廃車にする場合など、不要になった古い純正のカーナビを捨ててしまうのはもったいないですよね。

メーカー純正のカーナビも、もちろん、中古で売ることができます!

ただし、メーカー純正のカーナビは対応車種が限られてしまうため、それほど高額での買取は難しいケースが多いようです。

 

カーナビの処分・買取見積もりはこちらから

 

 

5.まとめ

ドライブに欠かせないカーナビの上手な選び方、買い替えなどで不要になったカーナビをお得に処分する方法をご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください!

 

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。