人気ブランドの高性能ヘッドフォンをお得に処分する方法とは?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

人気ブランドの高性能ヘッドフォンをお得に処分する方法とは?

ミュージックプレーヤーやスマホで、どこでも気軽に音楽を楽しめる今の時代に欠かせないのが、ヘッドフォン!

ひと昔前のヘッドフォンといえば、黒くて巨大なクッションがついたものが主流で、それをつかうのは、音楽業界の関係者やミュージシャン、一部のマニアだけでした。でも今は違います。多くの人が、ファッションの一部として、色とりどりのおしゃれなヘッドフォンを楽しんでいます。

 

今回は、ヘッドフォンの人気メーカーや売れ筋商品、不要になったヘッドフォンの上手な処分方法についてご紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてみてください!

 

 

1.ヘッドフォン市場が盛り上がっている理由

通勤時や通学時、外出時に外で音楽を楽しんだり、家で一人で音楽を楽しむのにも、ヘッドフォンやイヤフォンは欠かせません。

ミュージックプレーヤーやスマホで音楽を楽しむ人が増えたことで、ヘッドフォンの市場規模が拡大、多くのメーカーよりからより幅広い種類のヘッドフォンが販売されるようになりました。

そしてついに、Bluetooth機能を使ったワイヤレスヘッドフォンが登場!ヘッドフォンの歴史に新たな1ページが刻まれました。

 

ワイヤレスヘッドフォンの登場!

ヘッドフォンやイヤフォンがあればどこでも自分の好きな音楽を楽しめるので、とても便利です。しかし、音源とヘッドフォンをつなぐためにはコードが必要で、細長くて絡みやすいコードは、とてもやっかいな存在でした。

そこで2006年に登場したのが、SONYのヘッドセット「DR-BT30Q」。Bluetoothの機能を使い、ワイヤレスでプレーヤーとヘッドフォンをつなぎ、コードのストレスなしに音楽を楽しめるようになったのです。

その後多くのメーカーがワイヤレスヘッドフォンを発売し、iPhoneからはイヤフォンジャック(コードの差込口)のない機種が登場するなど、ワイヤレスヘッドフォンの市場はさらに広がりをみせています。

 

 

2.高性能ヘッドフォンは高価買取が期待できる?

前章でワイヤレスヘッドフォンについてご紹介しましたが、コードタイプのヘッドフォンも健在です。

単に音を聞くだけの道具と思われがちなヘッドフォン・イヤフォンですが、その機能、種類、構造はさまざま!形状についてみてみると、耳の入り口に引っ掛けるタイプのイヤフォン(インナーイヤー型)、耳の奥まで差し込んで使う、カナル型と呼ばれるもの。そして、頭の上にかけるようにして使ういわゆるヘッドフォン(ヘッドバンド型、オーバーヘッド型)のほか、首にかけて使うネックバンド型、クリップを耳にかけて使うタイプのものもあります。

ユーザーのニーズに合わせて、幅広いラインナップが提供されています。

 

高性能ヘッドフォンが続々登場!高価買取も期待!

ラインナップは、形状だけではありません。

公共の場所で使う場合には、できるだけ音漏れを少なくして周りに迷惑がかからないようにする必要があり、クローズド型という構造のヘッドフォンが使われます。これは同時に、外部からの音をできるだけ遮断して音楽を楽しめるようにするという効果もあります。一方、オープンエアー型は、周りの音もひろいながら音楽を楽しむことができます。

そのほか、低音と高音のメリハリが効いている、臨場感のある音が楽しめる、高音の伸びが良い、低音に深みがある、クラシックに向いているなど、メーカーによってその機能はさまざま。自分の好みに合わせたヘッドフォンを選ぶことができます。

 

高機能ヘッドフォンは、一般的なヘッドフォンに比べて販売価格がかなり高めですが、とても人気があります。モデルチェンジして型落ちしたものや、中古で購入するという方も多いので、買い替えを検討されている方は、中古買取の利用で高値での買取が期待できます。

 

 

3.人気ブランドのヘッドフォンをご紹介

高値での買取が期待できる、人気のヘッドフォンをご紹介します。

 

SONY(ソニー)

言わずと知れた、日本が世界に誇る電気機器メーカー。創業は1946年、ソニーという名前になったのは1958年のことです。電気製品のみならず、ゲーム、音楽、映画、生命保険、銀行業から小売業、教育事業も手掛ける巨大複合企業として、グローバルに事業を展開しています。

ソニーのヘッドフォンは、機能性、デザイン性に優れ、高性能、信頼の高さでも高く評価されています。

 

audio-technica(オーディオテクニカ)

創業1962年、東京都町田市に拠点を置く、日本の音響機器メーカー。ヘッドフォンの販売では、幅広いラインナップで国内トップレベルのシェアを誇ります。

気軽に利用できる低価格のモデルから、高級モデルまでそろっており、信頼性の高さでも知られています。

 

Beats(ビーツ)

2008年設立。カリフォルニアに本拠地を置くアメリカの音響機器メーカーで、正式名称はBeats Electronics LLC(ビーツ・エレクトロニクス)。

著名なプロデューサーが設立、デザイン性に優れたおしゃれなヘッドフォンが大人気!レディガガやジャスティンビーバー、業界関係者や多くの海外のセレブが、ビーツのヘッドフォンを愛用しています。

 

Bose(ボーズ)

1964年設立。MITのボーズ博士がアメリカで設立した、音響機器を研究・開発する会社。

ボーズブランドのスピーカーが有名で、世界中で高く評価されています。

ボーズのヘッドフォンは、音質の良さと低音の響きが特徴です。

 

AKG(アーカーゲー)

1947年設立。オーストリアの音響機器メーカーです。

ヘッドフォンの幅広いラインナップで、プロフェッショナルから家庭用まで展開。高音質のヘッドフォンとして高く評価されています。

 

SENNHEISER(ゼンハイザー有限合資会社)

1945年創業、ゼンハイザー博士が設立した、ドイツの音響機器メーカーです。

オープンエアー(開放)型ヘッドフォンを世界で初めて開発し、世界中で大ヒットしました。

 

 

4.ヘッドフォンをできるだけ高く売るためにできること

一流メーカー製の高性能のヘッドフォンはとても高価なものなので、処分するなら、できるだけ高く買取してもらいたいですよね。査定を受ける前にいくつかのポイントをおさえておくことで、より高く査定で評価してもらえます。

 

音響機器などを専門に取り扱っている店で売る

急いで処分したい場合は、一般的なリサイクルショップなどで売る方法が便利ですが、ハイスペックモデルなど高級なヘッドフォンを売る場合は、専門店で査定を受けることをおすすめします。

海外の製品や、レアモデルなどは特に、専門店でなければ正しい評価をしてもらえない可能性もありますので、注意が必要です。

 

見た目が重要!購入時と同じような状態にすること

未開封のもの、新品、ほとんど使っていない状態のものほど、高く買い取ってもらえます。ホコリや汚れを落とし、専用のクロスなどを使って丁寧に拭いておきましょう。洗剤や濡れた布で拭くのはNGです。

購入時に入っていた箱や専用のケースがある場合はそれに入れ、取扱説明書や付属品をすべてそろえてから査定を受けます。買ったときの状態に近いほど、高評価になります。

 

ネットフリマサイトなどで売る場合は、梱包が重要!

人気モデルや限定版、レアモデルなどは、ネットオークションなどを利用してさらに高値で売ることができます。

出品時に、本体、付属品などすべての画像を載せ、使用年数や傷などがある場合は詳しい情報を伝えておくことが大切です。また、買い手がついた場合は、できるだけ余裕をもって丁寧に梱包し、配送時に不具合が起きないよう十分注意する必要があります。

 

 

5.まとめ

ワイヤレスタイプなどより便利で高機能のモデルが登場し、盛り上がりをみせているヘッドフォンについて、お得な中古買取情報をご紹介しました。

従来のコード付きモデルもまだまだ人気なので、買い替えなどでヘッドフォンの処分を検討されている方は、ぜひお試しください。

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。