人気上昇中!シャークの掃除機は捨てるよりも中古買取が正解!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

人気上昇中!シャークの掃除機は捨てるよりも中古買取が正解!

アメリカで「ダイソンキラー」と呼ばれる、スタンド式掃除機をご存知でしょうか?   多くの日本の家電メーカーがさまざまなタイプの掃除機を製造・販売していますが、今主流の掃除機といえば、なんといっても、ダイソン(Dyson)! 「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」という、インパクト抜群のキャッチフレーズで、1998年に日本の市場に登場し、当時は珍しかったサイクロン式クリーナーが大ヒットしました。その後も次々と新製品を発売し、日本はもちろん世界中で大人気!掃除機のほか、独創的な扇風機やドライヤーなどさまざまな家電製品を開発し、ダイソンは世界的な家電メーカーとして現在も成長を続けています。   しかし、サイクロン式掃除機市場ではおよそ10年にわたり無敵ともいえる存在だったダイソンに、2008年、ついにライバルが登場しました!「ダイソンキラー」とも呼ばれるその掃除機の名前は、「シャーク(Shark)」。 シャークというブランド名で販売された掃除機がアメリカで大ヒットし、ついに、ダイソンをおさえて売上No.1となりました。イギリスに本社を置くダイソン社のライバルとなったのは、アメリカの企業「シャークニンジャ株式会社」。いったい、どのような会社なのでしょうか?   注目度No.1のシャークについて、これから購入を検討されている方、すでに持っていて買い替えを検討されている方にお得な情報をご紹介します。    

1. 大人気!シャークの掃除機ってどんなもの?

シャークは、「シャークニンジャ株式会社」が製造・販売する掃除機のブランド名です。 同社が手掛ける掃除機は、 ・コードレススティッククリーナー ・ハンディー式掃除機 ・スチームクリーナー ・スチームクリーナーポータブル の4タイプ。スタンド式とハンディー式の掃除機はいずれも、コードの要らない充電式、ゴミ捨てが簡単なサイクロン式です。  

シャークという名前の由来は?

アメリカで最初に売り出されたハンディー式掃除機は、当初は、Euro-Proという名前がついていました。もう少しインパクトのある名前にしようということで、サメに似た形状から、「Shark(シャーク)」というより印象的な名称に変更。 同社で製造される掃除機はすべて、シャークブランドとして販売されるようになりました。  

シャークニンジャ株式会社とは?

大ブームとなっているシャーク掃除機を製造・販売しているのは、ちょっと変わった名前のこの会社、「シャークニンジャ株式会社」。元は、アメリカのマサチューセッツ州に拠点を置くEuro-Pro Operating LLC(ユーロプロ・オペレーティング・エルシーシー)という、老舗電気機器メーカーです。 なぜこのような名前になったかというと、Euro-proが製造・販売する掃除機「Shark(シャーク)」がアメリカ大ヒット!さらに、同社が製造・販売する調理家電、「Ninja(ニンジャ)」という名称のブレンダーが大ヒット! それをうけ、2017年に、社名をSharkNinja Operating LLCに変更したというわけなのです。日本では、シャークニンジャ株式会社として、家電販売を行っています。    

2. シャーク掃除機が高く売れる理由

アメリカで大ヒットしたシャーククリーナーは、どのような点が優れているのでしょうか?  

シャークとダイソンの違いとは?

多くのネットサイトで、ジャーククリーナーとダイソンクリーナーを比較したレポートが紹介されていますので、ご覧になった方もいらっしゃると思います。 シャークのクリーナーは、ダイソンの製品よりも使いやすさの点で優っているといわれています。また、ダイソンよりもわかりやすいモデル展開を行っているので選びやすいことと、ダイソンよりも少し価格が安いという点が大きな特徴になっています。シャークのほうが圧倒的に優れているということではないのですが、「より、消費者のニーズに合わせているのがシャーク」と、言えます。  

日本で発売されたシャーククリーナーの特徴とは?

アメリカで大ヒットしたクリーナーを日本で販売するにあたり、シャークニンジャ株式会社は大幅な改良とモデルチェンジを行いました。そのポイントは、 ・サイズをコンパクトに、薄くしたクリーナーヘッド ・モーター音のボリュームをダウン ・日本人の身長に合わせたパイプの長さ ・日本の住居に合わせた柔らかいブラシ ・より高性能なHEPAフィルター採用 など。 企業のHPには「日本の消費者の声をもとに、日本の暮らしに合わせて、日本向けの製品を開発」と書かれています。消費者に寄り添った、消費者のニーズに応える製品づくり。そして、購入しやすい価格設定がシャークの大きな特徴です。    

3. 人気急上昇中のシャーク掃除機のラインナップをご紹介

シャークニンジャ株式会社が日本で展開している掃除機は4タイプ。 日本での発売に合わせてモデルチェンジした2種類の掃除機(スティックタイプとハンディタイプ)と、2種類のスチームクリーナーです。  

コードレススティッククリーナー「EVOFLEX(エヴォフレックス)」

スタンド式、コードレスの充電式、サイクロン式の掃除機。海外で発売されている製品を、日本の暮らしに合わせて再開発した、日本向けの製品です。 高性能のHEPAフィルターに、厚みを薄く、サイズをコンパクトにしたクリーナーヘッド、ソファーの下もかがまず楽に掃除できるMultiFLEXパイプなど、日本の暮らしを考えてデザインされています。  

ハンディクリーナー「EVOPOWER(エヴォパワー)」

人間工学に基づいて設計された「エルゴノミックデザイン」が特徴の、パワフルな充電式ハンディクリーナー。ボタンを押すだけで、手を汚さず簡単にゴミ捨てができます。  

シャークスチームクリーナー「オールインワンプレミアム」

人気の高圧洗浄機。100度を超える高温ドライスチームで、水だけでいろいろな汚れを落としてくれます。スタンド式なので、床掃除に便利です。基本的なアタッチメントが付属したベーシックセットのほか、オプションで豊富なアタッチメントがついてくるプレミアムセットを選ぶことができます。  

スチームポータブル

スチームクリーナーのコンパクトタイプ。重さ1.5kgなので、持ち運びにも便利です。家電量販店やネットショップなどで購入することができます。    

4.シャークの掃除機を高く売るためのコツ

シャークが日本に上陸したのは2018年8月。アメリカではいつの間にかダイソンを超えるヒット商品となったので、日本でもじわじわと人気が高まっていくことでしょう。また、改良点をクリアしてモデルチェンジした新製品や、新しいモデルが、今後発売されることも予想されます。 すでに海外バージョンのシャークを使っている、あるいは、最新のEVOFLEXを購入している方で、買い替えを検討されている方は、不要になったシャークは、ぜひ、ネットのフリマサイトなどで売ることをおすすめします!   シャークのクリーナーはダイソンよりも少しリーズナブルになっていますが、販売価格は比較的高め。ですので、新品で買うよりも、とりあえず中古を少し安く買って試してみたい!という方は多いようです。 特に、買ってみたけどほとんど使っていないというような状態の製品をお持ちの方は、ネットオークションやネットフリマサイトがおすすめ。かなり高額で売れることが期待できます。    

5.まとめ

人気のコードレススティッククリーナー、シャークニンジャ株式会社の「EVOFLEX(エヴォフレックス)」についてご紹介しました。アメリカでは、ダイソンキラーとして有名な人気商品、日本でもさらに注目度が高まっていくことが予想されます。  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。