業者を呼ぶ前に知っておきたい!中古の業務用エアコンを高価買取してもらう方法!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

業者を呼ぶ前に知っておきたい!中古の業務用エアコンを高価買取してもらう方法!


Photo

 

家庭用のエアコンと業務用エアコンの違い、ご存知ですか?

 

お店で使っていれば業務用エアコンというわけではありません。小さい店舗や事務所などで家庭用エアコンを使ったり、家庭で業務用エアコンを使うこともあります。

業務用エアコンは、長時間の稼働に耐えられるよう耐久性が高く、人の出入りが多い場所でも効果を発揮できるよう強力なパワーを備えた作りになっている点が大きな違いです。

 

人気の高い業務用エアコンは、中古でも一定数の需要があるので、買い替えや移転などで不要になった業務用エアコンを処分するときは、破棄処分する前にぜひ買取を試してみてください!

お金を払って廃棄してもらうよりも、お得に処分することができるかもしれません。

 

 

1.中古の業務用エアコンは売れる?売れるエアコンと売れないエアコンの違い!


wikimedia

 

業務用エアコンは店舗など決まった用途があるので、中古の商品はあまり需要がないのでは?と思われるかもしれませんが、中古の業務用エアコンは売れます!

 

中古の業務用エアコンが売れる理由とは?

新しく店舗や事務所をオープンするときに、店内で使う業務用のさまざまな電気設備を中古で揃える人は少なくありません。エアコンも同様に、中古の業務用エアコンを設置するケースがかなり多いようです。

なぜなら、お店を開業するにはとても高額の費用がかかるからです。場所を借りるための手続き、場所代、道具を揃え、人を雇い、商売が軌道に乗るまでの生活費や運転資金も必要になります。

設備費用をできるだけ少なくすることで、材料費やお客さまへのサービスに直接かかわる部分により多くの予算を割くことができるという利点があります。

 

中古の業務用エアコンはお得?人気?

中古品を使っても大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、使用年数が2、3年程度の中古家電であれば性能にそれほど問題はありません。

さまざまな事情で、使い始めてすぐに売ることになってしまったといったケースなど、新品同様の業務用エアコンを格安で買えることもあり、はじめから中古の業務用エアコンを探す人も多いようです。

 

「売れる」・「売れない」の違いはどこにあるの?

ある程度の需要があっても、中古の業務用エアコンを必ずしも買い取ってもらえるわけではありません。査定で高く評価されるものと、買取できない中古業務用エアコンにはどのような違いがあるのでしょうか?

「売れる」・「売れない」を分けるポイントは3つあります。

・新しいものほど高く売れる(製造から5年程度が目安)
・国内有名メーカーの製品ほど高く売れる
・見た目がきれいなものほど高く売れる

 

知っておきたい!業務用エアコンと家庭用エアコンの大きな違い

業務用エアコンには2種類のタイプがあり、「三相」という電源を使っている場合は、配線工事が必要になります。「単相」の場合は家庭用エアコンと同じ扱いなので、配線工事は不要です。

購入する業務用エアコンが、「三相」と「単相」のどちらなのかを確認しておくことが大事です。24時間エアコンを使うなど、年間を通して長時間稼働するようであれば「三相」を選ぶほうがトータルの電気代が安くなるようです。

 

業務用エアコンの設置、取り外しは専門の業者に依頼!

エアコンの設置、取り外し作業は素人が自分で行うことができません。要らない業務用エアコンを取り外して処分する作業も、専門の業者に依頼する必要があります。

業務用エアコンを廃棄処分するために業者に依頼するなら、買取業者に回収を依頼することで、よりお得に処分できるかもしれません。

 

 

2.売れない業務用エアコンの処分方法とは!

要らなくなった業務用エアコンは、自治体の粗大ゴミ回収では引き取ってもらえません。家電ではないので、家電リサイクルとして処分することもできません。

業務用エアコンを廃棄処分するには、産業廃棄物処理業者か専門の業者に処分を依頼する必要があるのです。

 

通常の処分方法では、業務用エアコンは対象外!!

一般の家庭用エアコンは家電リサイクルの対象になっているので、処分方法が決められていますが、業務用エアコンは対象外です。リサイクル券を用意しても、電器店や指定の回収場所では引き取ってもらえません。

もちろん、自治体の粗大ゴミ回収や処分場への持ち込みも不可です。

 

産業廃棄物処理業者に処分を依頼するのが確実

業務用エアコンは、専門の回収業者に処分を依頼しなければなりません。民間の不用品回収業者などでも引き取ってもらえる場合がありますが、産業廃棄物処理業者でなければ、業務用エアコンを処分することはできないという決まりになっているので、注意が必要です。

 

 

3.高価買取対象になる業務用エアコンをご紹介!

業務用エアコンは、人の出入りが多い厳しい環境で長時間稼働しなければならないので、高い耐久性と性能が求められます。そのため、信頼のおけるメーカーの製品は高く評価されます。

日本で、業務用エアコンを製造しているメーカーは6社あります。いずれも国内一流メーカーなので、査定でも高く評価してもらえます。

・ダイキン
・パナソニック
・三菱電機
・日立
・三菱重工
・東芝

 

 

4.業務用エアコンを高く買い取ってもらう方法!


wikimedia

 

せっかく売るなら、できるだけ高く買い取ってもらいたいですよね。要らなくなった業務用エアコンを少しでも高く売るためには、次のような方法があります。

 

処分することを決めたら、できるだけ早く売る!

エアコンは電気製品なので、使っているうちに経年劣化が進みます。また、性能が高く、省エネ効果も高い新しい製品がどんどん発売されるので、古いエアコンは売れなくなってしまうのです。

一般に、中古電気製品の買取は製造から5年までと言われています。買い替えや移転などで業務用エアコンを処分する予定が決まったら、できるだけ早く査定を受けて処分してしまうことが、業務用エアコンを高く買い取ってもらう一番のコツです。

 

複数ある場合はまとめて売る!

大きな店舗などで業務用エアコンを複数使っていた場合、複数台をまとめて処分することで高く買い取ってもらえる可能性があります。

業務用エアコンに限らず、他の電化製品や家具などもまとめて一緒に処分するとお得です。

 

査定を受けるまえにきれいに掃除をする

中古品の査定を受ける前には、必ずクリーニングをしましょう。同じぐらいの年数の同じ製品でも、ホコリをかぶっていたり汚れやシミのあるものよりも、見た目がきれいなもののほうが査定で高く評価されます。

せっかく売るなら、少しでも高く買ってもらいましょう。フィルターの掃除をして、掃除用のクロスで汚れを落としておくだけも査定が違ってきます。

 

備品や説明書を揃えておくと高評価

購入時に付属していた備品や取扱い説明書があれば、一緒に査定に出します。別売りのフィルターなどが残っていれば、さらに評価が高くなります。

 

業務用エアコンを専門に扱う業者に依頼するのがお得!

一般のリサイクル業者でも業務用エアコンを扱っているところはありますが、業務用エアコンを専門に扱う業者に買取を依頼することをおすすめします。

専門の業者には業務用エアコンの引き合いや情報がたくさん入ってくるので、回転率が高く、一般のリサイクルショップよりも売れるチャンスが多くなります。

 

 

5.まとめ


wikimedia

 

業務用エアコンを買取してもらうときに、気をつけるべきポイントについてご紹介しました。

エアコンは電気製品なので、製造から5年を過ぎたものは買取が難しくなってしまいます。処分することが決まったら、できるだけ早く買取を依頼するようにするのが高く売るコツです。

また、店舗によっては業務用エアコンを取り扱っていない場合もあります。できるだけ、業務用エアコンを専門に扱う業者を選ぶことをおすすめします。

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。