アコギ(アコースティックギター)のお得な処分方法が知りたい!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

アコギ(アコースティックギター)のお得な処分方法が知りたい!

ギターを1本だけ持ってライブハウスで演奏するミュージシャン、かっこいいですよね! アンプを使わず、ギター本体だけで音を鳴らし、電源のない場所でも演奏を楽しむことができるアコースティックギターは、気軽に楽しめる楽器のひとつとしても人気があります。   今回は、アコースティックギターの上手な処分方法についてご紹介したいと思います。    

1.アコギが人気!売れるアコギの特徴とは?

電気信号で音を増幅するエレクトリックギター(エレキギター)に対し、ギター本体の空洞から音を響かせるアコースティックギター、通称アコギは、生ギター、アンプラグドなどとも呼ばれます。クラシックギターやフォークギターもアコギの一種です。 アコギの特徴は何といっても、広い空洞を持つ木製の大きなボディ。弦の振動をボディの空洞で共鳴させて音を出しているので、エレキギターに比べるとボディが大きくなっています。ボディの材質は、スプルース(松)、マホガニー、ローズウッドやメイプル、などが使われています。  

アコースティックギターが売れる理由とは?

ギターといえば、アンプにつないで大きな音を響かせるエレキギターを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、アコースティックギターからスタートするという方も、実はかなりたくさんいらっしゃるようです。 アコースティックギターなら、スピーカーやアンプなどの音響設備がなくてもどこでも演奏ができ、一人での演奏を楽しむことができるので、趣味として楽しむのにも向いています。そのため、仕事を引退してからアコースティックギターを習い始めるという方も多いようです。  

中古でも売れるアコースティックギターの特徴とは?

元々の販売価格が高いものほど、当然ながら高く買い取ってもらえます。そのほか、販売が終了してしまっている製品、限定販売など希少価値のあるもの、入手が難しい人気モデルなど。有名メーカー、老舗メーカーの製品も、高値での買い取りが期待できます。 見た目が良く、新しいもの、丁寧にメンテナンスされているギターなども高く評価してもらえます。    

2.いらないアコギの処分方法・廃棄処分の方法

不具合があって音が出なかったり、あきらかな破損個所がある、目立つ傷があるようなギターは、残念ながら買取は難しいケースが多いようです。売れなかったアコースティックギターは、どのようにして処分すればよいのでしょうか?  

アコースティックギターの廃棄処分

ギターを廃棄処分するには、自治体の粗大ごみ回収に出します。 多くの場合、粗大ごみは個別回収になっているので、電話やネットなどでの申し込みが必要になります。指定の金額の処理券(1本につき500円程度のことが多い)を購入し、指定された日に家の前に出します。立ち会いは不要です。 自治体によっては、ごみ集積場への持ち込みが可能な場合もあります(個人での集積場への持ち込みに対応していない自治体もあります)。車で自分で運べる場合に限りますが、粗大ごみに出す場合よりも格安で処分することができます。  

事情を説明して、ネットオークションなどで売る

ネットのフリマサイトやネットオークションなどを利用すれば、まだ使える状態のギターを、意外と高値で売ることができます。多少不具合のあるギターでもパーツとして使われる場合もあるので、「ジャンク品」として売ることができかもしれません。 ネットのフリマサイトなどで売る場合の注意点としては、梱包に手間がかかることと、送料がかかるという点があげられます。ケースがない場合は特に注意が必要です。  

掲示板などを利用して、無料で譲る

修理すれば使える、傷を気にしなければ十分使えるような状態のギターなら、無料で譲ってしまう方法がおすすめ。廃棄処分にかかる費用をかけずに、お得に処分することができます。 知り合いなどに声をかけて無料で引き取ってくれる人を探すか、地域の施設などに設置されている「情報交換掲示板」を利用して引き取り手を探すことができます。 知り合いや同じ地域に住む人に譲れば、送料もかからないのでさらにお得です。    

3.売れる!アコギの人気ブランド一覧

人気のアコースティックギターを製造・販売するメーカーをご紹介します。多くの楽器メーカーが、アコースティックギターとエレクトリックギターを製造しており、日本のメーカーも有名なブランドギターを多数製造しています。  

Martin(マーティン)

1833年創業。アコースティックギターを代表する老舗メーカー。創業者は、Christian Frederick Martin(クリスチャン・フレデリック・マーティン)。アコースティックギターの原点ともいえる製品を開発、現在も世界中のアーティストがマーティンのギターを愛用する、ギターのトップメーカー。   D-18シリーズ、D-28シリーズ ほか多数  

Gibson(ギブソン)

創業1902年。アコースティックギター・エレクトリックギターほか幅広い弦楽器を製造・販売するアメリカの楽器メーカー、ギブソン・ギター・コーポレーション。マーティンと並ぶ、代表的なギターメーカーのひとつ。   Hummingbirdシリーズ、SJ-200、J-45 ほか多数  

YAMAHA(ヤマハ)

創業1897年。スポーツ用品、音響機器、楽器などを製造・販売する日本のメーカー。ギターだけでなく幅広い楽器を手掛け、ピアノの製造・販売では世界トップクラスの規模を誇る。   Lシリーズ、FG/FSシリーズ ほか多数  

Takamine(タカミネ)

創業1962年。岐阜県に拠点をおく日本のギターメーカー、高峰楽器製作所。国内外の多くのアーティストがタカミネのギターを愛用している。   SA200シリーズ、SA400シリーズ ほか多数   このほか、たくさんの国内外のメーカーがアコースティックギターを製造・販売しています。処分を検討しているギターのメーカーやブランドが不明な場合や、人気のあるモデルかどうかがわからない場合は、ギターを専門に扱うお店で相談、査定を受けてみることをおすすめします。    

4.アコギを少しでも高く売るためにできること

大切にしていたギターを手放すときに、査定でできるだけ高く評価してもらうためにどのようなことができるのでしょうか?  

目的に合わせて、売るお店を選ぶこと!

まだ使える状態のギターなら、多くのリサイクルショップで買い取りが可能です。多少状態が悪く、不具合があるものでも、ジャンク品として買い取りまたは引き取ってもらえることもあるようです。 ですが、できるだけ高く売りたいのであれば、ギターや楽器を専門に扱うお店で査定を受けることをおすすめします。ギターの価値を正しく理解して査定してもらえますし、メンテナンスや修理にも対応してもらえる場合があります。  

査定を受ける前のケアについての注意点

ホコリをかぶっていたり、うっすらと汚れているギターは、専用のクロスなどで丁寧に磨いてから査定に出しましょう。そのほか、弦のゆるみなどもチェックしておきます。 目につくような傷がある場合、不具合がある場合には、無理に修理することはおすすめしません。自己流の修理をしてしまうと、かえって査定での評価が下がってしまうこともあります。気になる箇所は、査定時にしっかりと申告して、プロのメンテナンスに任せるほうが安心です。  

備品、ケース、説明書などをできる限りそろえておく

購入時についていた純正の付属品、取扱説明書、メーカーの証明書、ケースなどが残っている場合は、すべてそろえて査定に出します。 買ったときの状態に近いほど、査定での評価は高くなります。    

5.まとめ

アコースティックギターのお得な処分方法についてご紹介しました。買い替えなどでギターを処分する際には、ぜひ参考にしてみてください!  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。