いま話題のサイレント楽器ってどんなもの?種類別おすすめ商品をご紹介!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

いま話題のサイレント楽器ってどんなもの?種類別おすすめ商品をご紹介!

ピアノやギター、トランペットやサックスなど、楽器を趣味や仕事にしている方の悩みといえば、練習できる場所が少ない! ということではないでしょうか? 防音設備のある公共の施設は限られていますし、スタジオを借りるにはお金がかかります。かといって、自宅に防音設備のある練習場所を用意するのは簡単なことではありません。できるだけ小さな音で演奏するように気をつけても、集合住宅などでは特に、どうしても音が響いて周りの人に迷惑をかけてしまいます。   思う存分楽器を弾きたい! でも、場所がない! という方におすすめしたいのが、いま話題の「サイレント楽器」。サイレント楽器のパイオニアともいえるYAMAHAのサイレントシリーズの中から、サイレントギターについてご紹介します。    

1.サイレント楽器ってどんなもの?

「サイレント楽器」と聞いてまず思い浮かべるのは、まったく音が出ない練習用の楽器、おもちゃの楽器に近いものなどではないでしょうか? 例えば、紙に印刷したピアノの鍵盤や、音の出ない無音鍵盤。あるいは、ギターに似せたかたちのおもちゃみたいなもの。 確かに、そのような練習用の楽器はすでに売られているのですが、YAMAHAのサイレントシリーズは今までのものとは全く違います。プロのミュージシャンも納得の、本物の楽器なのです! その見た目に驚かされてしまう、YAMAHAが開発したサイレントギターとは、一体どのようなものなのでしょうか?  

サイレントギターの驚きの形状とは?

まず、サイレントギターは、普通のアコースティックギターの形状をしていて、厚み以外はクラシックギターなどとほぼ同じ大きさです。材質はマホガニー、ローズウッド、メイプルなど、一般的なギターと同じ素材で作られていて、弦はナイロンとスチールの2種類があります。 そして、サイレントギターの最も大きな特徴は、アコースティックギターの命ともいうべきボディがないということ! 空洞で反響させて音を出すはずのアコースティックギターに、空洞がないのです。枠だけしかありません! YAMAHAのサイレントギターは、ボディをなくすことで音を共鳴させず、一般のアコースティックギターに比べて10分の1の音量を実現しているのです。その代わり、エレキギターのような操作パネルと電源があり、ヘッドフォンやスピーカーにつないで演奏を楽しむことができます。  

YAMAHAが開発したサイレントギターは本物の楽器!

普通のギターの10分の1の音量ですが、サイレントギターは本物のアコースティックギターと同じレベルの音質を備えています。単なる練習用のギターということではなく、ボディで共鳴したような自然な音、深みのあるアコースティックサウンドを実現。さらに、チューナー内蔵なので、より幅広い演奏を楽しむことができます。 アコースティックギターでありながら、より軽く、エレキギターのようなスリムな形状も大きな特徴です。  

YAMAHAサイレントギターの歴史

日本最大の楽器メーカーであるYAHAMA。そこで開発されたサイレントギターが最初に発売されたのは、2001年のことでした。 演奏するとどうしても大きな音が出てしまう楽器を室内や夜間にも楽しみたい! というニーズに応えて、開発をスタート。音をできる限り抑えながら、プロレベルの本格的なサウンドを目指し、デザイン性にも優れた製品の開発を目指しました。 サイレントギターは発売と同時に大人気となり、ポール・ロジャースやQueenのブライアン・メイなど世界的なプロのミュージシャンも愛用。販売累計10万本を超える大ヒットとなっています。    

2.こんなに便利!サイレント楽器、おすすめの使い方

サイレントギターは、自宅や夜間の練習用に使うだけのものではありません。  

ステージでの本格的な演奏にも最適!

サイレントギターは音を抑えて演奏するだけでなく、ヘットフォンやスピーカーなどと接続して、さまざまな演奏を楽しむことができます。 本体のパネルでチューニングや、エフェクトの調整も可能。独自に開発した、高性能「SRTパワードピックアップシステム」を搭載し、ギターのボディによる響きを再現、高品質かつ自然なアコースティックギターサウンドを実現しています。また、ボディがないためハウリングが起こらないという利点もあり、よりクリアな音を楽しめるという点でも人気を集めています。  

音楽プレーヤーとつないでオリジナルの演奏を!

サイレントギターがあれば、自宅での練習も、旅先でも、ステージでも、その場所に合わせた演奏が楽しめます。 携帯音楽プレーヤーと接続して、お気に入りの音楽と合わせてセッションを楽しんだり、ヘッドフォンにつないでしっかりと演奏を確認したり、録音することも可能です。  

サイレントギターはコンパクトで持ち運びが楽!

空洞のない独特な形状のサイレントギターは耐久性が高く、軽いという特徴があります。本体のフレームは片側が簡単に取り外しできるので、ケースにしまうととてもコンパクト! 持ち運びがとても楽なのです。    

3.人気のサイレント楽器をご紹介

YAHAMAが販売しているサイレントシリーズの中から、サイレントギターのラインナップをご紹介します。 現在販売されているサイレントギターは3種類。このほか、10周年記念モデルとして2種類のサイレントギターが数量限定で発売されています。  

SLG200NW(ナイロン弦モデル)

クラシックギターサイズのフィンガーボードを採用。温かみのあるふくよかなサウンドが特徴の、クラシックギタータイプ。一番新しく発売されたおすすめのモデルです。 発売日:2017年3月 幅:356mm 長さ:970mm 厚み:87mm 重さ:2.1kg  

SLG200S(スチール弦モデル)

アコースティックギター(フォークギター)タイプ。 発売日:2015年8月 幅:356mm 長さ:978mm 厚み:85mm 重さ:2.1kg  

SLG200N(ナイロン弦モデル)

手の小さい方にも弾きやすい、よりスリムなナローネックを採用した、クラシックギタータイプ。アコースティックギタープレーヤーにも、よりアグレッシブな演奏にもおすすめのモデルです。 発売日:2015年8月 幅:356mm 長さ:970mm 厚み:87mm 重さ:2.1kg  

10周年記念モデル

2011年に発売された、特別なカラー仕上げの本数限定モデル。スチーム弦モデルの「SLG110S QM CMB」、ナイロン弦モデル「SLG110N QM CMB」の2種類。 販売完了しているのでメーカーのHPには掲載されていません。取り扱い店などで、中古で購入することができます。 発売日:2011年12月  

YAMAHAのサイレントシリーズ

YAMAHAでは、ギターのほかにも、ピアノや管楽器のサイレントシリーズを発売しています。 「サイレントブラス」は、金管楽器が発する音を小さくする弱音・消音装置。金管楽器に装着して使用することで、音を小さく調整、自宅や夜間でも安心して演奏することができます。 「サイレントピアノ」は、グランドピアノやアップライトピアノに、電子ピアノの機能を追加。音を消した状態で、より本物に近い音、演奏、鍵盤のタッチを追求しています。電子ピアノやシンセサイザーと似ていますが、サイレントピアノは打弦楽器としてのピアノの特徴を備えているという点で、より自然な演奏を可能にしています。 サイレントピアノは、YAMAHA以外の多くの楽器メーカーからもさまざまな製品が発売されています。    

4.まとめ

人気のサイレント楽器についてご紹介しました。 自宅での練習時や夜間でも、小さな音や無音で演奏ができ、アンプにつなげばステージでの演奏も可能なサイレント楽器。時代のニーズに合わせて、これからさらに市場が広がっていくことが予測されます。新しい製品の発売など今後の展開にも大注目です!  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。