サックスを始めたい人必見!中古サックスの正しい選び方-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

サックスを始めたい人必見!中古サックスの正しい選び方

通称、サックス。 サクソフォーンは、幅広い音楽の分野で演奏される人気の管楽器です。ロックバンドの演奏で使われることもあれば、クラブ活動の吹奏楽部で、ソロで演奏したり、個人的に趣味として楽しむのにも向いています。 とはいえ、真ちゅうで作られたサックスはとても高価なものなので、新品を購入するにはかなり高額な出費を覚悟しなければいけません。ですので、趣味として楽しむのであれば、まず中古のサックスから始めるという方法がおすすめです。   そこで、中古サックスを選ぶ場合に気をつけたいポイント。そして、中古サックスを処分する場合のお得な方法をご紹介したいと思います。    

1.楽器習い事ランキングでサックスが上位にランクイン!

お子さんの習い事で音楽系のものといえば、ピアノ、歌、バイオリン、ギター。変わったところでは、ドラムや和太鼓、琴なんていうのもあります。そんな中で、子どもだけでなく、大人の習い事としても近年人気を集めているのが、サックスです。 楽器習い事ランキングで、男性を中心にサックスが上位にランクイン。大人になってから始める習い事のひとつとして注目を集めています。  

サックスの魅力

楽器の習い事としては長い歴史と高い人気を誇る、ピアノやバイオリンには、上品で洗練されたイメージがあります。それに対し、サックスは「かっこいい」というイメージを持っている方が多いようです。 また、ほかの楽器に比べて、サックスは比較的始めやすく、音を出せるようになるまでの期間が短いという特徴があります。多少であれば独学で学ぶこともできる点も大きな魅力のひとつです。    

2.サクソフォーン(サックス)ってどんな楽器?

正式名称は、saxophone(サクソフォーン)。金属製の管楽器ですが、「木管楽器」に分類され、吹奏楽やバンドなどで多く使われており、幅広い種類の音楽の演奏に適しています。  

サックスの種類にはどんなものがあるの?

基本的なサックスの種類は4つ。 ソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスがあり、それぞれ大きさや音域が異なります。一般的に多く使われているのはアルトサックスで、さまざまなジャンルの音楽にあわせることができ、多くのメーカーからたくさんのアルトサックスのモデルが販売されています。 これらのほかに、ソプラニッシモ、ソプラニーノ、バス、コントラバスといった種類のサックスもありますが、プロの演奏で使われるほかはあまり目にする機会はないかもしれません。  

サックスの歴史

サックスが生まれたのは、1840年代のベルギー。木管楽器(フルートやリコーダーなど)の良さと金管楽器(トランペットなど)の良さを兼ね備えた楽器を作りたい!という思いで、アントワーヌ・ジョゼフ・アドルフ・サックスという楽器製作者が制作したそうです。  

著名なサックス奏者をご紹介

日本のサックス奏者というと、須川展也(のぶや)、渡辺貞夫。新しいところでは、小林香織、矢野沙織などが有名です。タレントの武田真治もサックスを演奏しています。 ほかにも、クラシック、ジャズ、ロックなどさまざまなジャンルで、たくさんの方がサックスを演奏しています。    

3.サックスの人気モデル・人気メーカーをご紹介

世界中で多くのメーカーがサックスを製造しています。あまり有名ではないメーカーの製品は安く購入することができるので、練習用にはおすすめですが、長く使い続けるにはやはり一流メーカーの製品をおすすめします。 また、海外メーカーの製品の場合は、修理や部品の交換に時間とお金がかかってしまうケースがあるので、日本製のメーカーがおすすめです。  

人気のサックスメーカーベスト3

さまざまなメーカーがサックスを製造販売していますが、特に、御三家と呼ばれるメーカーの製品であれば安心して演奏することができます。   <YAMAHA(ヤマハ)> 楽器、スポーツ用品ほかさまざまな製品を販売する日本のメーカー。楽器分野では、ピアノ、ギター、バイオリン、ドラムほか幅広いジャンルの製品を製造・販売。ピアノは世界トップの売上を誇る。 十数万円から100万円ぐらいの幅広いモデルを販売している。サックスは安定した音質が特徴で、低価格のモデルでも質が良い。学校の吹奏楽やブラスバンドでは数多く使われている。サックスメーカー御三家のひとつ。   <ヤナギサワ(柳澤管楽器株式会社)> 日本の、サクソフォーンメーカー。サックス専門メーカーとして60年以上サックスを作り続けており、「ヤナギサワ」ブランドとして世界中に名前が知られている。サックスメーカー御三家のひとつ。 工場生産しているヤマハと異なり、一本一本職人が手作りするハンドメイドが特徴。30万円~。   <セルマー(ヘンリー・セルマー・パリ)> フランスの楽器メーカー、長い歴史を持つ老舗メーカーとしても有名。さまざまな管楽器を製造しており、サックスは特に有名。「サックスならセルマー」といわれるほど。 50万円から200万円近い超高級モデル、ビンテージモデルなどを多く扱っている。サックスメーカー御三家の中でも特に高い知名度を誇る。  

中古で選ぶならおすすめは?

サックスの大きさは、種類ごとにことなります。 ・ソプラノ 約60cm ・アルト 約70cm ・テナー 約95cm ・バリトン 約115cm 迷う場合は、自分にあったサイズのものを選ぶとよいでしょう。一般的に使われるのはアルトサックスで、教室で行われるレッスンや、楽譜などもアルトサックス用のものが多いようです。  

中古でサックスを選ぶ場合に注意しておきたいポイント

見た目や値段だけで決めずに、次のような点にも注意して選ぶようにしましょう。 ・できるだけ新しいものを選ぶこと ・有名メーカーの製品を選ぶこと ・試奏するまたは、試奏してもらう ・購入後に修理やオーバーホールが必要かどうか? ・できるだけ、直接見て選ぶこと 中古サックスは、ネットのフリマサイトなどで安く購入できることもありますが、状態を把握するのがかなり難しいので、注意が必要です。 前に使っていた人がカスタマイズをしていたり、独特のくせが残ってしまっていることも。中古楽器などを専門に扱う店舗であれば、実際に吹かせてもらうことができるので、購入を決めてしまう前にぜひ一度試してみてください。試奏が無理な場合は、店員さんにその場で吹いてもらうなどして、状態を教えてもらうこともできます。 もし可能であれば、楽器に詳しい人に同行してもらって、一緒に選んでもらうことをおすすめします。    

4.不要になったサックスを高く売るためにできること

買い替えなどで不要になってしまったサックスを処分するなら、手数料を払って廃棄処分するよりも、中古買取がおすすめです。  

サックスを高くるためのコツとは?

楽器専門店などで買い取りしてもらえるのは、不具合がなく(正しく音が出る)、傷や汚れがなく見た目が良いもの、有名メーカーの製品です。より高く評価してもらうには、査定を受ける前に ・パーツや備品をそろえておく ・ケースに入れて査定を受ける ・専用のクロスなどで磨いておく といった準備が重要です。  

サックスの廃棄処分方法とは?

傷や破損個所、音が出ないなど不具合があるサックスは、残念ながら廃棄処分が必要です。 比較的サイズが小さいソプラノサックスでも長さが50センチほどあるので、燃えないごみ(不燃ごみ)に出すことはできません。粗大ごみの有料戸別回収を利用して処分することになります。この場合、1点ごとに処理手数料がかかります。 ソプリロサックスなど、長さが30センチ未満のコンパクトなモデルの小さいサックスは、燃えないごみとして捨てることができます。    

5.まとめ

人気の楽器サックスについて、中古品の上手な選び方と、買い替えなどで不要になった場合のお得な処分方法をご紹介しました。 ぜひ、参考にしてみてください!  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。