使っていないエレクトーンを処分するなら出張買取がおすすめ!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

使っていないエレクトーンを処分するなら出張買取がおすすめ!

多彩な音色とアコースティックな響きが美しい楽器、エレクトーン。 教会のパイプオルガンの響きを再現したいという願いで開発されたオルガンが、エレクトーンの原型になっているといわれています。   買い替えなどで不要になったエレクトーンが、使われないまま自宅に置いてあるという方は、古くなって使えなくなってしまう前に、ぜひ買取を検討してみてはいかがでしょうか? エレクトーンのお得な処分方法をご紹介します!    

1.エレクトーンってこんな楽器

photo-AC エレクトーンという名前は、Electoric Tone(電子音)という英語から作られた、造語です。電子的な響きを持つ楽器という意味ですね。 正式には、エレクトーンは電子オルガンという楽器の中のひとつの種類。エレクトーン自体が楽器の名前というわけではないので、一般的には電子オルガンとして分類されるのですが、エレクトーンを楽器の種類のひとつとして扱っているケースも多いようです。   エレクトーンは、日本の楽器メーカー、日本楽器製造株式会社(現在のヤマハ株式会社)が開発した電子楽器です。現在も、ヤマハ株式会社のみが製造販売しています。 鍵盤を備えていますが、その原型となっているのは、ピアノではなくオルガン。鍵盤を叩いて音を出すピアノではなく、電子的に音を鳴らす電子オルガンをベースに、より多彩な音を同時に奏でられるように開発され、発展してきたものが、現在のかたちのエレクトーンになりました。  

エレクトーンの構造と魅力的な音の響き

上下2段の鍵盤とペダル鍵盤の三層構造が、エレクトーンの大きな特徴。 上の鍵盤でメロディーライン、下の鍵盤で伴奏、ペダル鍵盤でベースと、一人で同時に重奏を楽しむことができます。また、フットペダルを使ってボリュームを調節したり、音を切り替えることも可能です。 さまざまな楽器の音色を切り替えたり、リズムプログラム機能を駆使して、オーケストラのような演奏を楽しめることから、エレクトーンの演奏は一人オーケストラとも呼ばれています。  

シンセサイザーとはどう違うの?

キーボード(鍵盤)を備え、電子的に音を出す楽器には、オルガン、電子ピアノ、エレクトーン、シンセサイザーなどがあります。 中でも、コンピューター制御でさまざまな音色を演奏し、重奏やアレンジも楽しめる、高性能な電子楽器といえば、エレクトーンとシンセサイザー。大きさや形状は違いますが、機能はとても良く似ています。 シンセサイザーはメロディや音声をアレンジすることを追求し、エレクトーンは演奏をより楽しむことを目指して発展した楽器です。    

2.エレクトーンの人気ブランドをご紹介

エレクトーンは、日本の楽器メーカー「YAMAHA(ヤマハ株式会社)」が開発した電子楽器。 1959年に、一番最初のモデル「D-1」が発売されました。その後、モデルチェンジをしながら発展を続け、さまざまな機能と操作性を備えた、現在のかたちのエレクトーンへと進化してきました。 現在主流となっているシリーズの中の、主なモデルをご紹介します。   ◎ ELB-02(STAGEAシリーズ) 音楽を始めたばかりの方向けの、ベーシックモデル 発売日:2016年5月 販売価格:180,000円   ◎ LS-02(STAGEAシリーズ) 基本性能を網羅したスタンダードモデル 発売日:2014年4月 販売価格:650,000円   ◎ ELS-02X(STAGEAシリーズ) STAGEAシリーズの最上位機種となるフラッグシップ、プロフェッショナルモデル 発売日:2014年4月 販売価格:1,580,000円    

3.エレクトーンを売るなら出張査定、出張買取が便利!

エレクトーンを売る場合、見た目だけでなく、専門家による細かな動作確認のチェックを受ける必要があります。そのため、売る前の査定が欠かせません。 コンパクトなサイズのものを売るなら持ち込みや宅配による査定、場合によっては、写真を送るだけのLINE査定なども手軽で人気ですが、エレクトーンの場合はどれも難しいですよね。   エレクトーンの査定を受けるなら、専門の担当者に直接自宅に見に来てもらえる、出張査定がおすすめです。 自宅に入られることに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、数多くの査定を経験しているプロ担当者なので、安心してお任せできます。 出張査定では、直接現物を見ながら査定をしたあと、後日回収してもらえる場合と、そのまま買い取って持ち帰ってもらえるケースがあります。 出張買取をしてもらえる店舗なら、一回の手間で済むので便利ですし、後日買取の場合は、査定結果をじっくり検討してから契約をすることができます。   中古楽器を専門に扱う店舗の多くが、出張査定・買取を行っています。お住まいの地域でエレクトーンの出張査定に対応している店舗があるかどうかは、ネットなどで検索することができます。    

4.使っていないエレクトーンを高く売るためには?

エレクトーンはとても高価な楽器なので、処分するなら、できるだけ高く売りたいですよね。状態の良いエレクトーンをより高く売るためには、どのような工夫ができるのでしょうか?  

どこでエレクトーンを売るべきか?

リサイクルショップ、ネットのフリマサイトやネットオークションなど、中古品を売る場所はたくさんありますが、エレクトーンなどの楽器を売るならやはり、楽器を専門に扱うお店がおすすめです。 地域に専門店や店舗がない場合でも、ネットで、中古楽器を取り扱っているお店を探すことができます。  

エレクトーンを売るタイミングは?

中古エレクトーンは、1年を通して買取が可能です。 特に需要が高い時期はないのですが、新しいモデルが発売されると、同じシリーズの古いモデルは値段が下がってしまうケースが多いようです。 処分を決めたら、できるだけ早く査定を受けてしまうことをおすすめします。  

エレクトーンの査定を受ける前にすべきこと

まず、本体についた汚れ、鍵盤の汚れを落とし、柔らかい布で乾拭きし、エレクトーンをきれいにしておきましょう。外装や本体を傷めてしまう可能性があるので、専用のクリーナーやクロス、柔らかい布以外の使用はNG。 不具合や不安な個所がある場合は、事前に修理をしておくほうが査定での評価は高くなりますが、専門の業者によるメンテナンスはお金がかかってしまうので、査定前に無理に受けることはおすすめしません。特に、自己流のメンテナンスや修理は、かえってコンディションを悪くしてしまう可能性があるので避けましょう。 データの初期化やバージョンのアップデートは、操作に不安がなければ、査定前に済ませておくほうがよさそうです。  

壊れたエレクトーンの処分方法

電源が入らなかったり、不具合があるエレクトーンはどのように処分できるのでしょうか? 多くの場合、自治体のごみ収集では、エレクトーンの廃棄処分に対応していません。壊れてしまったエレクトーンを廃棄処分するには、不用品回収業者などに回収を依頼する必要があります。 自宅からの運び出し、運搬、廃棄処分までを依頼するには、かなり安い場合で数千円~1万円以上の手数料がかかるケースが多いようです。   不具合や見た目の状態がそれほどひどくない場合、比較的新しい機種の場合など、壊れていても買取してもらえる場合もあります。 店舗によって買取基準が異なるので、まずは電話で相談して、修理して使えるかどうかを査定で確認してもらいましょう。値段がつかなかった場合でも、無料で回収してもらえることがあるので、廃棄処分するかどうか迷う場合は、ぜひ相談してみることをおすすめします。    

5.まとめ

要らなくなったエレクトーンをお得に処分する方法についてご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください!  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。