デジタル遺品って何?スマホやパソコンを処分する前にやるべきこととは?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

デジタル遺品って何?スマホやパソコンを処分する前にやるべきこととは?

TwitterやFacebookなどのSNS、皆さん使っていますか?

InstagramやTikTokはやっていなくても、LINEやE-mailのアカウントをお持ちの方は多いと思います。

 

ネット上のアカウントは、知らず知らずのうちに増えてしまうものです。そういったものの中には、ショッピングサイトのアカウントだけでなく、ネットバンキングのログインIDやパスワードといった重要なものもあるでしょう。

また、いつも使っているパソコンやスマホ、携帯電話、タブレットの中には、写真やメール、住所録やさまざまなデータ、お金やプライベートに関するデータがたくさん入っています。

 

このような、デジタルデータは、本人が亡くなってしまったら、一体どうなってしまうのでしょうか?

 

今回は、近年注目集める遺品整理の中から、「デジタル遺品」と呼ばれるものについてご紹介します。

 

 

1.遺品整理にともなうさまざまな問題とは?

ご家族や身近な方を亡くしたときに、亡くなった方の銀行口座やクレジットカード、毎月利用料を支払っていたようなものの解約手続きに困ったことがある、という方はいらっしゃいませんか?

生前に利用されていたさまざまなサービスや会員登録を解約する手続きは、実は、かなり大変な作業なのです。

 

一人暮らしをしていた方が亡くなった場合、残された家族は遺品整理を行います。

遺品整理の多くは、残されたモノの処分、家の処分といった作業がクローズアップされがちですが、そのほかにもやらなければならない手続きがたくさんあります。新聞、電話や公共料金の支払いをストップしなければなりませんし、賃貸住宅なら、いつまでに遺品整理が完了するかを見越して、解約の連絡をしなければなりません。

定期購読している雑誌や通販の定期購入がある場合も要注意ですが、離れて暮らしている場合は、故人が普段どのようなものを購入していたかわからず困ってしまいます。

 

そういった混乱を避けるために用意されるのが、エンディングノート。お金の問題や遺産相続、残された家族が困らないように、伝えておかなければならない事柄を記録しておくもので、もしものときにとても役立つものです。

 

しかし、そのエンディングノートでもカバーしきれない問題があります。それは、デジタル遺品と呼ばれるものです。

 

 

2.注目を集めている「デジタル遺品」って何?

パソコンやスマホ、携帯電話やタブレットを使っていた方なら、必ず何らかのアカウントを持っているはずです。

メール、LINEやさまざまなSNS、ネットバンクの口座、オンラインゲームのアカウント、ネットショップのアカウント、さまざまなネットサイトのアカウントなど。そして、使用していたパソコンやスマホの中には、おそらく、写真やデータ、知り合いの住所や連絡先、ありとあらゆる個人情報が残されているでしょう。

 

これらは、持ち主が亡くなったあと、自動的に消えるということはありません。誰かが削除しない限り、いつまでもいつまでも存在しつづけ、場合によっては、銀行口座が空になるまで毎月の使用料が引き落とされ続けるのです。

さらには、口座番号や住所、写真などの個人情報が入ったままのパソコンがそのまま無防備に捨てられたり、売りに出されてしまうかもしれません。もしかしたらそこには、誰にも見られたくなかったもの、見られたら困るようなデータや情報があるかもしれないのです。

 

デジタル遺品の存在が注目されはじめた理由とは?

どうでしょう?デジタル遺品が放置されてしまう危険性を、認識していただけましたでしょうか。

しかし、今までクローズアップされてきた遺品整理の中には、デジタル遺品という項目は見当たりありませんでした。デジタル遺品を放置してしまうことの危険性が、今まであまり注目されなかったのは、一体なぜでしょう?

 

その理由としては、亡くなられたあとの遺品整理を必要としていた方の中に、パソコンやスマホを使っている方が少数派だったということがあげられます。さらには、無防備のまま捨てられたパソコンから、個人情報が流出してしまったケースが、実はあったのかもしれません。

いくつものトラブルが報告されていく中で、デジタル遺品の問題がようやくクローズアップされるようになってきたということなのでしょう。スマホやパソコンを誰もが当たり前に所有する時代になってきたことで、デジタル遺品の整理は、遺品整理の中の大きな項目のひとつとして認識されるようになってきたようです。

 

 

3.デジタル遺品整理の進め方とは?

では、身近な方が亡くなったあとにパソコンなどのデジタル機器が残されていた場合、どのような対応をしていけばよいのでしょうか。

 

デジタル遺品の整理で、まず最初にすべきこと!

自分でデータの解析ができない場合でも、パソコンなどの操作がまったくわからない場合でも、まず最初にすべきことは、デジタル遺品が含まれていそうな電子機器を安易に処分しないということが大事です。

中には廃棄処分するだけで大丈夫なものもありますが、まずは、個人情報などのデジタルデータが残っていそうなものをすべて確保してまとめておきましょう。ほかの家財道具と一緒に売ってしまったり、ごみに出してしまったあとでは、取り返しがつきません。

 

遺品整理を手伝っていた親族が、もらって持ち帰ってしまうこともあるかもしれません。もちろん、遺言などで指示がある場合はお任せするのがベストですが、お孫さんなどにパソコンを譲る場合でも、一旦は管理者が保管し、デジタル遺品の整理が済んでから持っていってもらうようにするほうがよいでしょう。

 

パソコンやスマホだけでなく、外づけハードディスクやUSBメモリなどの周辺機器、ゲーム機などにも個人情報が残っていることがよくあります。

まずは、残された電子機器を集めること。それから、誰がデジタル遺品の整理をするか、プロに依頼するかを検討することをおすすめします。

 

<残しておくべき電子機器>
・パソコン
・スマホートフォン
・携帯電話、PHS
・タブレット端末
・デジタルカメラ
・ゲーム機
・電子辞書
・ポータブルオーディオプレーヤー
・USBメモリ
・SDカード
・外づけハードディスク
・CD、DVD など

 

 

4.デジタル遺品整理をプロに依頼する方法

パソコンなどにかなり詳しい方であれば、亡くなった方のパソコンやスマホを自分で操作してデータを解析し、できる限りの情報を確認することができるでしょう。

しかし、多くの方にとって、アカウントやパスワードの解析やデータの削除といったこまごまとした作業はかなりやっかいです。とてつもなく時間がかかりますし、どんなに手を尽くしても、かなりの漏れが生じてしまう可能性があります。

 

デジタルデータの扱いに十分な知識がない場合は、デジタル遺品の整理は、プロに依頼する方法がおすすめです。

ネットで検索すると、デジタル遺品の調査や整理を請け負っている業者が見つかります。しかし、現在はまだそれほど多くの実績がないため、どの業者なら安心して依頼できるか、確実な対応が可能かという口コミ情報がなかなか見つからないのが実情です。

 

プロの業者に依頼する場合は、遺品を依頼している業者にデジタル遺品の整理も合わせて依頼する、または、できるだけ大手の業者を探して依頼する方法をおすすめします。

 

 

5.まとめ

近年注目を集めている「デジタル遺品」について、その問題点、解決方法をご紹介しました。デジタル遺品の整理の整理という問題は、今後さらに広がっていくことが予測されますので、また近いうちに、続報をご紹介したいと思います。

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。