生前整理をするべき?生前整理が必要な理由と、業者を利用すべき理由-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

生前整理をするべき?生前整理が必要な理由と、業者を利用すべき理由

遺品整理に続き、生前整理という言葉もずいぶん一般的なものになりつつあるようです。 生前整理は必ずしなければならないわけではないので、やらずに済ませる方も多くいらっしゃいます。しかし、生前整理がこれほど広く社会に浸透してきていることを考えると、やはり、生前整理を行うことには大きな意義、意味があると考えることができます。   生前整理は、なぜ必要なのでしょうか?そして、実際に生前整理を行うにあたって、業者を利用するメリットとは?といったことについて、ご紹介していきたいと思います。    

1.生前整理が必要な理由

生前整理が注目されはじめた背景には、2009年頃に始まった「終活」ブームの存在があります。 人生の終わりを迎えるための準備という意味で、終活やエンディングといった言葉が盛んに使われ始め、それまでは、あまりおおっぴらに語られることのなかった、遺書、相続、遺品整理といったことが、より積極的に話題に上げられるようになりました。   例えば、高齢の方が大きな病気で入院していたり、死を覚悟しなければならないような状況にあったとき、まだ亡くなってもいないうちから、残された財産や相続について気にするのはとても失礼なこと、タブー、縁起でもないあり得ないことだと考えられていました。 しかし、存命中に遺産や相続について確認しておかなければ、あとで大変面倒なことになるのは目に見えているわけです。終活ブームのおかげで、遺産や相続といったエンディングのための情報を事前に把握できるようになったことは、大きな進歩だったといえるのではないでしょうか。  

終活の一環としての「生前整理」

終活がブームになり始めたことで、その活動の一環として、生前整理が注目されるようになりました。 誰かが亡くなった後に残されるのは、お金だけではありません。家、貴金属類、貴重品、家財道具、趣味の品物、コレクション、衣料品などさまざまな、厖大な量の物が遺族のもとに残されます。これらをすべて、一つひとつ内容を確認し、分別して保管あるいは廃棄していく作業は大きな負担になってしまうでしょう。 事前に物を分別し、要らない物を処分して数を減らしておくことで、残された遺族の負担を軽くすることができます。これが、生前整理です。  

生前(せいぜん、または、しょうぜん)の意味とは?

ところで、生前という言葉、ちょっと不思議に思いませんか? 生まれる前と書いて、生前。お亡くなりになる前という意味で使われますが、生きていたときという意味をあらわすなら、存命中という言葉のほうがしっくりくるような気がします。 実は、生前と書く場合の「生」は、「生まれる」ではなく、「往生」を意味しているのだそうです。「往生」は仏教の言葉で、極楽浄土へ往って、生まれかわること。つまり、「生前」の「生」は、亡くなることを意味しているのです。    

2.いつ始める?生前整理をスタートするタイミング

生前整理を始めるべき時期は、特に決まっていません。特別なルールや一般的な作法があるわけではないので、誰でも、自分の都合のよい時期に始めることができます。 ですが、もし、生前整理を始めるのにより適した時期を選びたいのであれば、「自分自身がまだ元気で動けるうちに始めるべき」かもしれません。  

老後に、今と同じことができるわけではない

60歳、あるいは65歳ぐらいで定年退職したあとは、旅行をしたり、新しい趣味にチャレンジしたり、仕事を続ける方もいらっしゃると思います。 還暦と呼ばれる年代になっても、多くの方がまだまだ十分に元気で体力もあり、老後や自分が亡くなった後のことを視野に入れて活動する方は、まだまだ少数派でしょう。住み替えや模様替え、荷物の整理などを検討していたとしても、いつか必要になったときにと考えてしまう方も多いはず。 しかし、10年後、20年後に、50代や60代の頃と同じように体を動かせるかといったら、どうでしょうか。普段からよほどしっかりと鍛えて、運動を続けていなければ、同じ体力を維持することはできません。 ですので、生前整理をまだ元気に動けるうちに始めるということは、かなり重要なポイントになります。  

それぞれのタイミングや、きっかけがあったときがチャンス

親の遺品整理に苦労した経験から、自分自身の生前整理について考え始めたという方も多くいらっしゃるようです。引っ越しや自宅の建て替えなどのタイミングで、老後のことを考えた荷物の整理をするというケースも多く、40代や50代で生前整理を始める場合もあります。 生前整理について考えたときが、始めるチャンス。計画を立てたり、本格的にスタートしなくても、身近な小さなことから始めてみるとよいかもしれません。    

3.生前整理の具体的な方法

生前整理は、 ・残された家族のための整理 ・老後を気持ちよく暮らすための整理 という、大きく2つの意味を持っています。どちらに重きを置くかによって、作業内容が違ってきます。  

残された家族のための整理

銀行関係、保険関係の重要な書類、貴重品などが、家中のあちこちの引き出しや棚にしまってある場合、わかりやすいように整理して、どこに何がしまってあるのかをメモしておきます。 捨ててよいかどうか迷うようなものや、あとから処分に困りそうなものを分別して処分、できるだけ不要な荷物を減らしておくことが大切です。  

老後を気持ちよく暮らすための整理

大型家電や家具を、コンパクトなものに買い替える、使っていない家具や家電、家財道具を処分するといった作業があります。また、天袋やロフト、天井裏などにしまってあるものを、取り出しやすい場所に移動しておくことをおすすめします。   「残された家族のための整理」と「老後を気持ちよく暮らすための整理」は、かぶる部分もたくさんあります。どちらか片方ということではなく、2つの視点から考えていくことが大切です。    

4.業者を利用して生前整理を行う方法

生前整理の具体的な内容は、持ち物の整理整頓、大型の家財道具の買い替え、不用品の処分、室内外のクリーニング、リフォーム工事といった作業内容になると思います。これらの中で最も大きなウエイトを占めるのが、不用品の処分でしょう。 昔使っていた大型家電、買い替えで不要になった家具、大量の書籍や衣類、家財道具などを処分することは、簡単そうに見えて、かなり手間のかかる作業です。  

生前整理に業者のサービスを利用すべき理由

大型家具や家電は粗大ごみとして、洗濯機や冷蔵庫などは家電リサイクルを利用して廃棄処分します。一般のごみや書籍は、燃えるごみ・燃えないごみ・資源ごみとして出すことができますが、週に1回か2回、場合によっては月に2回程度の収集日に出すことが難しい場合もあるでしょう。 ごみ集積場への持ち込みができる自治体もありますが、ごみの量やサイズによっては、自家用車で運ぶのは難しいかもしれません。 そんなとき、民間の不用品回収業者などに依頼すれば、さまざまな種類のごみをまとめて処分してもらえます。多少費用がかかりますが、無理をしてけがをしたり、腰を痛めたりした場合のことを考えて、ぜひ検討してみてほしいと思います。大型家具の室内からの運び出し、運搬も含めて、すべておまかせ。土日祝日にも対応してもらえるのでとても便利です。  

同時に買取してもらえる業者がおすすめ

民間の不用品回収業者の中には、手数料を支払って、不用品回収を回収・処分するだけでなく、まだ使えるものを買取してくれる業者もあります。多くの場合、買取した金額と不用品の回収手数料を相殺してくれるので、とてもお得です。 買取が可能かどうかは、業者のHPなどで確認できます。よく分からない場合には、見積もりや申し込み時に確認してみることをおすすめします。    

5.まとめ

生前整理が必要な理由、スタート時期、業者のサポートを利用した生前整理の進め方について、ご紹介しました。 ぜひ、参考にしてみてください!  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。