老前整理でお部屋をすっきり快適に!老後におすすめのレイアウトとは?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

老前整理でお部屋をすっきり快適に!老後におすすめのレイアウトとは?

老前整理についての話題をネットで見かけることが増えました。

「老前整理っていつ始めればいいの?」

「何をすればいいの?」

と、迷ってしまうこともあるかもしれませんが、老前整理には、行うべき時期や決まったルールなどはありません。自分にとって都合のよいタイミングでスタートし、この先の長い人生を自分にとって暮らしやすいように、家の中、身の回りを整理していくことが老前整理です。

 

多くのサイトで、老前整理を具体的に進めていくさまざまな方法が紹介されています。経験者やプロのアドバイスはとても役に立つので、どうすればよいか困っている方は、ぜひネットや雑誌などの情報をチェックしてみてください。

このサイトでも、老前整理について役立つ情報をご紹介していきたいと思います。

 

今回は、老前整理のための模様替えについての情報をご紹介します!

 

 

1.老前整理とは?老前整理をするべき理由

どうして老前整理をする必要があるのかということについて、少しだけご説明します。

 

生前整理。
実家の片づけ。
遺品整理。
エンディングノート。

このような単語を目にする機会が増えてきていると思います。老前整理と似たようなものと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、大きな違いがあります。

それは、「誰のための作業なのか」ということ!

 

生前整理やエンディングノートの作成は、残された家族に大変な思いをさせないための作業です。それに対し、老前整理は自分がこの先大変な思いをしないようにするための作業だということです。

 

20年先の自分のために家を片づける

40代、50代のうちはなかなか理解しづらいのですが、年をとってくると、今まで簡単にできていた動作が難しくなってくるものです。高いところに手を伸ばしたり、細かい作業をしたり、一度にたくさんの用事を片づけたり、ちょっとした外出や、家の中での用事さえも、若い頃と同じようにスムーズに行うことができなくなります。

 

今のうちに家を片づけて過ごしやすくしておくことで、20年、30年先、自分が年を取ったときに、安心して、楽に過ごせるようになります。それが、老前整理です。

 

 

2.老前整理を始めるのに適したタイミングとは?

老前整理はいつ始めても大丈夫!と、最初に書きましたが、スタートするおすすめのタイミングがあります。それは、子育てが一段落したとき、または、住み替えを意識し始めたときです。

 

家族で暮らしているときや、現役でバリバリ働いているときは、あまり考える余裕がないかもしれませんが、子どもが独立して、定年が近づいてくると、老後をどのように過ごしていこうかということをイメージできるようになります。この先一人で、あるいは夫婦二人で暮らしていくにあたって、今のままの住まいでよいのか?子どもと暮らす可能性は?引っ越しをする可能性は?建て替えやリフォームが必要か?といったことが気になり始めたら、老後の生活をイメージしながら、今できることを少しずつ進めていきましょう。

 

スタートする時期は、40代か50代か、60代になってようやく考える余裕が出てきたという人もいるでしょう。タイミングは人によってさまざまなので、それぞれのペースで始められれば大丈夫です。

 

 

3.老後を快適に暮らすために、老前整理ですべきこと

年をとってからの生活を楽にするために、今、どんなことをやっておくとよいのでしょうか?老後のために、自宅の模様替えを行ったいくつかの事例をご紹介します。

 

事例1) メンテナンスの楽なベッドで快適に!

晴れた日には布団を干して、シーツや布団カバーもこまめに洗濯し、毎日布団を上げ下げする生活を何十年も続けていたAさんご夫婦。

慣れているので少しも苦にならないと思っていましたが、年を取って、布団を押し入れから出し入れする作業や日に当てる作業が少しずつしんどくなってきたそうです。そこで、思い切ってベッドを購入、布団の上げ下げから解放された生活はとても快適だそうです。

 

ベッドの設置などは業者に依頼できるので、もう少し年をとってからでも十分間に合ったと思いますが、無理して腰や肩を痛める前に模様替えしておいてよかったようです。

 

事例2) 子ども部屋を趣味の部屋に模様替え

お子さんが独立してからも、帰省してきたときのために、子ども部屋をそのまま残しているご家庭は多いのではないでしょうか。

Bさんご夫婦は、お子さん二人が独立したあと、子ども部屋を整理して荷物を片づけてもらい、奥さんの趣味の部屋をつくりました。リビングのあちこちに置かれていた趣味の道具を収納する場所ができたので、リビングもすっきり片づいたそうです。

 

事例3) 屋根裏部屋を空にしてスッキリ!

一戸建て住宅の場合、天井裏に物置を設置しているケースが多いようです。普段使っていないものやシーズンで使うもの、昔使っていたかさばる趣味の道具や、子どもが小さい頃の思い出の品物などをたくさん収納することができるので、とても便利ですね。

しかし、収納場所があるために物を処分せずにどんどん増やしてしまっているケースもあります。

Cさん宅の屋根裏部屋は急な階段をのぼったところにあり、若い頃は荷物を出し入れすることもありましたが、現在は何が入っているのかもわからない状態で、ほぼ締め切りになっていました。

そこで、思い切って荷物をすべて出して処分、空っぽの部屋にして、飼い猫が自由に遊べるスペースにしたそうです。

 

事例4) 好きなものを中心にした住まいに模様替え

読書が趣味のDさん宅は二階にも廊下にも書斎にもリビングにも本棚が並んでいて、どれも満杯の状態、家のあちこちにも本が山積み。生前整理のために本を減らさなければと思うものの、気に入った本を処分する気になれず、困っていました。

そこで、本を中心としたレイアウトにするための模様替えをしました。

来客も少なくなったので応接セットを処分し、子どもたちが独立したので、大きなダイニングテーブルをコンパクトなものに買い替え、こまごまとしたものを飾っていたリビングボードを中身ごと処分、広々としたリビングルームに大きな壁面収納の本棚を作りました。

家中に散らばっていた本を一か所にまとめたことで、廊下や二階もすっきり。大好きな本に囲まれて、老後を楽しく過ごしているようです。

 

自分にとって快適な住まいを考えることが大事

老前整理で自宅のレイアウトを変更し、模様替えをした4つの成功事例をご紹介しました。

住まいの状況はご家庭によって異なるので、事例のケースをそのまま自宅にあてはめられるわけではありませんが、参考にできる部分もあったと思います。

いずれも、リフォームや建て替えなど大掛かりな工事を行ったわけではありません。もちろん、買い替えなどで出費はありますが、今できる範囲で、老後に向けてこんな工夫ができるという老前整理の一例です。

 

成功したポイントは、いずれも、「自分のため」の模様替えをしたということです。

自分にとって快適で、自分の負担が少なるような住まい、自分にとって喜びのある住まいを目指すことが、老前整理を成功させるコツ!もちろん、お子さんやご家族の意見を聞くこともとても大切ですが、この先、この家で暮らしていくのは誰なのか?ということをしっかり頭に入れて、老前整理を進めていきましょう。

 

 

4.まとめ

人生100年時代に、長い老後を快適に暮らすための「老前整理」について、模様替えの成功事例、模様替えの進め方をご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください!

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。