老前整理で老後の暮らしを快適に!おすすめのリフォーム事例をご紹介-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

老前整理で老後の暮らしを快適に!おすすめのリフォーム事例をご紹介

寿命が100歳前後にまで伸びる、人生100年時代が近づいているといわれています。

定年退職をして、あるいは子育てが一段落して、「老後」と呼ばれる期間に差しかかかってから、さらに何十年もの時間が残されるとしたら、その時間をどのように過ごしていけばよいのでしょうか。

 

「長い老後の時間を快適に暮らすための準備」として注目を集めている、老前整理について、今回は、自宅のリフォーム事例をご紹介したいと思います。

 

 

1.年をとってからの暮らしをイメージできますか?

どうして老前整理が必要なのでしょうか?それは、年をとってからの生活と、若いときの生活は同じではないからです。

 

年をとってからの暮らしはどのようなものなのでしょうか?

100歳近くまで長生きするといっても、若い頃のまま、健康で丈夫な体のままで長く生き続けられるわけではありません。長く生きて年をとった分だけ体がおとろえ、病気やケガをしやすくなり、若い頃と同じような動き、活動、生活はできなくなります。

そのため、年をとってからの生活が楽になるような環境づくりを早いうちから進めておこうというのが、老前整理を行う理由です。

 

とはいえ、老後に備えて環境を整えようと思っても、具体的に何をすればよいのかイメージすることが難しいというのが現状です。

三世代で同居する家庭の数は昔よりもかなり少なくなっているので、祖父母と暮らした経験がないという方はかなり多くいらっしゃいます。ときどき顔を合わせたり、たまに一緒に旅行をするぐらいでは、高齢の方がどのようなことを不自由に感じ、どういったことが困難で、どのようにして日常生活を送っているのかわかりません。

 

そこで役に立つのが、老前整理についてのさまざまな情報です。

ネットや多くのメディアで、老前整理のアイデアが紹介されています。経験者や、老前整理に数多く携わってきた方のアドバイスはとても参考になるのでおすすめです。

 

 

2.老前整理で自宅をリフォームする人が多い理由

老前整理では、家の中の不用品を処分したり、年をとってからも使いやすいものに買い替えるというような作業を行います。さらに、老前整理の一環として自宅のリフォーム工事を行うケースもたくさんあります。

 

リフォーム工事はまだ先でもいいのでは?と、思われるかもしれません。

でも、年をとっていろいろな手続きや細かい作業が難しくなってからでは、思い描いたようなリフォーム工事を実現するのはなかなか困難になってしまいます。元気で、いろいろなことがスムーズに行えるうちに、自分にとって理想的なリフォーム工事を行いたいと考える方が多いようです。

 

老前整理では、どのようなリフォーム工事が行われているのでしょうか?

いくつかの事例をご紹介します!

 

 

3.老前整理でおすすめのリフォームプラン・事例をご紹介

リフォーム工事というと、改修工事や家全体の内装を作り替えるようなイメージをお持ちかもしれませんが、老前整理の一環として行われるリフォーム工事では、もっとコンパクトなリフォームを行うケースが多いようです。

次の4つのリフォーム工事の事例をご紹介します。

1) 手すりをつける
2)段差の段差を小さくする
3) 室内の段差をなくす
4) 浴室のリフォーム

 

1) 手すりをつける

老後を安心して暮らすためのリフォーム工事で、もっともおすすめのものが「手すり」をつけることです。手すりを設置する場所は、玄関、階段、廊下、トイレ、浴室などがあります。

施工自体は1日~2日で終了しますし、工事の費用はそれほどかかりませんが、効果は絶大!つかみやすくしっかりとした手すりができることで、立ったり座ったりする動作が困難になった場合や、足元が不安になってきたときでも安心して生活することができます。

 

<手すりをつけるリフォーム工事の費用>

1万円~10万円前後(場所、素材などにより異なる)

 

▶ 玄関

玄関の段差が高い戸建て住宅の場合は、手すりを設置することで玄関の昇り降りがぐっと楽になります。集合住宅などの段差の低い玄関の場合でも、靴を履くときに手すりがあると便利です。

▶ 階段

もともと手すりがある場合でも、左右に手すりを設置することで、安心して階段の昇り降りをすることができます。片方の手に力が入りにくくなった場合でも、左右に手すりがあればどちらかをつかむことができます。

▶ 廊下

手すりをつけることで、廊下が狭くなってしまう場合もあるので、廊下の手すり設置については業者に相談してみることをおすすめします。

▶ トイレ

座ったり立ったりする動作に不安がある場合でも、手すりを設置することで、自力で安心してトイレを使うことができるようになります。

▶ 浴室

手すりがあると、浴槽からの出入りが楽になります。転倒防止にもおすすめです。

 

2)段差の段差を小さくする

少し大きなリフォーム工事になりますが、幅が狭く、急な階段をゆったりとしたものに作り替えるリフォーム工事が人気です。

若い頃は勾配のきつい階段でもなんとか昇り降りできますが、年をとってからはかなり危険!階段の段差を小さくし、幅を広く、足元を滑りにくくするなどのリフォームで、年をとってからも安心して昇り降りできるようになります。

 

<段差の段差を小さくする工事の費用>

30万円~100万円前後(工事内容、状況により異なる)

 

<段差のリフォーム工事でできること>

・段差を小さくする
・勾配を緩やかにする
・踊り場を設ける
・階段の幅を広くする
・滑りにくい素材に変える
・クッション性のある素材に変える
・滑り止めをつける
・手すりをつける
・足元に照明をつける など

 

3) 室内の段差をなくす

古い住宅はバリアフリー対応されていないので、リビングなどの部屋に対し廊下が一段下げてあったり、脱衣所から浴室に入るときに一段下がっていたりと、家の中のあちこちに段差があるというケースが少なくありません。

リフォーム工事で、室内の段差をかなり減らすことが可能です。

 

<室内の段差をなくす工事の費用>

段差をなくすバリアフリー化のリフォーム工事は、工事内容や状況によっては100万円前後の費用がかかってしまうこともあります。家中をすべてバリアフリーにするのではなく、ポイントをしぼって工事をすることで、予算をおさえることができます。

 

いくつかのリフォーム工事をまとめて行うことで、全体としてコストをおさえることも可能です。いずれにしても高額な費用のかかる大掛かりな工事になりますので、事前にしっかりと計画を立て、面倒でも業者と複数回の打ち合わせを行い、納得ができてから工事をスタートすることが大事です。

 

4) 浴室のリフォーム

タイル貼りで天井の高い古いスタイルの浴室は、冬場はとても寒く、足元が滑りやすいという特徴があります。また、深い浴槽は出入りがしにくく、危険です。

浴室暖房付きのユニットバスにリフォームすることで、暖かく、安全な浴室にすることができます。浴室暖房乾燥機なら、洗濯物を素早く乾かすこともできてとても便利です。浴槽も、入りやすく肩までつかってしっかり温まれる、お湯も冷めにくいタイプのものが人気です。

 

<浴室リフォーム工事の費用>

ユニットバスは、メーカーやグレードによって値段がかなり異なります。

トータルのリフォーム費用は、ユニットバスと工事費と合わせて、100万円前後~と、かなり高額!業者のおすすめをそのまま選ぶのではなく、お店で実物を見ながら、予算に合う商品を選ぶことが重要です。

 

 

4.まとめ

老前整理として行われている、おすすめのリフォーム事例をご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください!

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。