遺品整理業界で活動している民間団体をご紹介します!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

遺品整理業界で活動している民間団体をご紹介します!

親や親せきの遺品整理を行うにあたって、民間の業者が提供するサービスを利用するというケースが増えてきています。

遺品整理という特別な場面で、不用品の処分だけでなく、ごみの分別、部屋のクリーニングやリフォーム工事など、さまざまな作業をサポートしてくれる業者の存在は、とても頼りになります。

 

そこで問題になるのが、どのようにして業者を選べばよいかという点です。

多くの業者が、遺品整理という特別なイベントに際して、利用者の立場に立ったサポートやサービスを提供してくれているのですが、あまり良心的でない業者が存在することも事実です。

もし、作業内容や契約、お金のことなどで業者との間にトラブルが発生してしまったとき、私たちはどうすればよいのでしょうか?一体、誰に相談することができるでしょうか。

 

業者選びや、トラブルなどの際の相談先としてぜひ知っておきたい、遺品整理業界で活動している民間団体についてご紹介します。

 

 

1.遺品整理を業者に頼むケースが増えている理由

親が亡くなった後、実家や残されたぼう大な量の家財道具を片付けることを、遺品整理と呼んでいます。

遺品整理に伴う、不用品の分別や処分、家の片付けやクリーニングなどの作業を、残された家族だけでまかなうのはとても大変ですよね。そんなとき頼りになるのが、民間の遺品整理業者。

近年、民間の遺品整理業者を利用して遺品整理を行うケースが増えてきているようです。

 

遺品整理業者が増えて利用しやすくなった

少し前までは、遺品整理に伴う不用品の処分などの作業を、民間の不用品回収業者などがサポートするケースが一般的でした。

しかし、遺品整理にかかわる依頼が多くなり、需要が増えてきたことで、多くの業者が遺品整理事業に参入。遺品整理を専門に行う業者も増え、業界全体の市場規模も大きくなってきました。

多くの遺品整理業者の中から選べるようになったことで、遺品整理に業者を利用しようと考える方がさらに増えてきているようです。

 

遺品整理業者が提供するサービスの向上

業者に遺品整理を依頼する場合、かつては、不用品の分別や処分がサービスの中心でしたが、利用者に寄り添って、一緒に遺品整理を進めることや、ハウスクリーニングやリフォーム工事など、サービスの内容はどんどん進化しています。

多くの遺品整理を手掛けることで、サービスの質も向上。より利用しやすく、納得できる内容のサービスが提供されるようになってきました。

こうした遺品整理のサービスが口コミ情報として広まり、メディアにも取り上げられるようになったことで、遺品整理業者にさらに大きな注目が集まるようになってきています。

 

遺品整理業界のさらなる発展

遺品整理事業自体は国や自治体の認可や資格を必要としないので、産業廃棄物収集運搬業などの認可があれば、誰でも開業可能です。そのため、他業種からの参入や、新たに事業をスタートするケースが続出。

遺品整理事業にかかわる業者が増え、業界全体の規模が大きくなってきたことで、業界の整備や管理する団体や協会の設立が求められるようになってきました。遺品整理業界はまだ歴史も浅く、業界を代表するような団体が組織されるまでには至っていないのですが、いくつかの団体や協会が活動を始めています。

遺品整理業界で活動する組織、協会、団体について、次の章で詳しくご紹介します。

 

 

2.遺品整理関連の協会や団体をご紹介

遺品整理業界の発展に伴い、全国のさまざまな地域で活動する、遺品整理に関連する団体、協会が設立され始めています。

活動期間はまだ短いのですが、NPO法人として登録されている団体や、認可資格の制定など幅広く活動している団体もあり、遺品整理業界のさらなる発展、より良い環境の構築を目指し、今後さらなる活躍が期待されています。

たくさんの民間団体の中から、いくつかご紹介します。

 

一般社団法人遺品整理士認定協会

遺品整理業界の健全化に向けた活動、社会全体の健全化に寄与することを理念とした活動を行う。

「遺品整理士」の認定、「遺品整理サービスガイドライン」を制定。

設立:2013年4月17日
所在地:北海道千歳市柏台南1-3-1
URL:http://www.is-mind.org/

 

一般社団法人日本遺品整理協会

遺品整理の普及、技術や経営改善に関する講演・講習会を開催。遺品整理アドバイザーとプロフェッショナル人材の育成を目指す。

設立:2016年4月25日
所在地:東京都文京区本郷2-25-6 ニューライトビル3031
URL:https://jamo.v222.jp/

 

NPO法人日本遺品整理機構

大阪、岡山、広島、高知、福岡を拠点に西日本全域で活動。安心して遺品整理を依頼できるよう、適切な援助や助言、相談対応事業を行う。

設立:2016年3月3日
所在地:広島県安芸郡海田町寺迫二丁目4番21号
URL:http://ihinseiri-life.com/

 

民間資格「遺品整理士」とは?

遺品整理事業は、誰でも始めることができる仕事です。

産業廃棄物収集運搬業などの認可を所有していれば、不用品の回収処分なども含めた、遺品整理事業を行うことができます。そのため、業者により提供されるサービスの内容、質は一定ではなく、作業内容についてさまざまなトラブルが発生しているケースも少なくありません。

そこで、一般社団法人遺品整理士認定協会が、遺品整理事業についての一定のガイドラインを定めていくことを目指し、「遺品整理士」という資格の認定を提唱。

遺品整理事業にかかわる廃棄物やリサイクル品の取り扱いについての法規制、正しい知識、処理方法を学ぶことでより良いサービスの提供に努め、遺品整理業界全体の健全化を目指しています。

 

 

3.遺品整理業者を選ぶ際のポイントとは?

業者に遺品整理の作業を依頼するなら、実績のある、信頼できる業者に頼みたいですよね?

そのためには、どのような点に注意して業者を選べばよいのでしょうか。

 

業者のHPの、ここを見る!

多くの遺品整理業者が、ネット上にHPを開設しています。HPがある場合は必ずチェックして、業者の基本的な情報を確認しておきましょう。見るべきポイントは、その業者が所有している資格や認可です。

 

◎ 産業廃棄物収集運搬業

表記の都道府県において、ごみや不用品の収集ができる認可を取得している。
都道府県の名前の入った番号が表示されています。

 

◎ 古物商許可番号

表記の都道府県において、不用品の買取ができる認可を取得している。
都道府県の名前の入った番号が表示されています。

 

◎ 家電リサイクル券取扱番号

リサイクルが指定されている家電を回収できる、家電リサイクル券取扱に認定されている。
番号が表示されています。

 

ネットなどで口コミ情報をチェックする

安心して任せられる業者かどうかは、実際に利用した人に聞くのが一番!

とはいえ、遺品整理や不用品の回収を業者に依頼した人を、身近なところで見つけることは難しいかもしれません。そんなときは、ネット上で見つかる口コミ情報が頼りになります。

業者のHPだけでなく、SNSなどで、実際に業者を利用した人の声や感想を探してみることをおすすめします。

 

業界の団体などに所属しているかどうか?

前の章で、遺品整理業界で活動している民間の団体などをご紹介しました。

団体や協会自体、活動する地域が限られているケースもあり、実際、すべての業者が団体や協会に加盟しているわけではありません。団体に加盟しているかどうかで業者を判断するのは難しいのですが、利用するかどうか迷う場合は、どのような団体に加盟しているかを確認してみるとよいかもしれません。

 

 

4.まとめ

トラブル時や業者選びの際にとても頼りになる、遺品整理業界で活動している民間団体についてご紹介しました。

遺品整理を依頼する業者を選ぶ場合は、ぜひ、業界団体についてもチェックしてみてください。

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。