遺品整理は買取業者に頼むとお得!?遺品整理をする際に気をつけたいポイント!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

遺品整理は買取業者に頼むとお得!?遺品整理をする際に気をつけたいポイント!

  遺品整理を業者に依頼するという人が増えているようです。 その背景には、少子高齢化、世帯構成の変化、一人世帯の増加といったライフスタイルの変化などの問題があります。   遺品整理の依頼の増加を受けて、近年、多くの業者が遺品整理事業に参入。遺品整理にともなうさまざまなサービスを利用できるようになりました。 今回は、遺品整理を業者に依頼する場合に気をつけるべきポイント、業者の選び方などについてご紹介したいと思います。    

1.遺品整理とは?

  大切な家族や親族が亡くなったあと、家の中に残された家財道具や雑貨、思い出の品々やさまざまな荷物を片付ける作業のことを、「遺品整理」と呼んでいます。 人生の中で何度も経験することではないので、具体的にどのようなことをするのかイメージするのがなかなか難しいという方が多いのではないでしょうか。遺品整理を行ういくつかのケースについてご紹介します。  

同居の親が亡くなった場合の遺品整理

同居していた親が亡くなった場合の遺品整理は、他の場合に比べて、比較的容易です。家全体を片付ける必要がないので処分するものが少なくて済み、時間の制約もありません。また、片付けのために遠方に出向く必要がないので手間が少ないという特徴があります。 兄弟や親戚などの関係者が多くいる場合でも、長年一緒に暮らしていたという事実があれば、主体的に片付けを進めることができます。  

離れて暮らす親が亡くなった場合の遺品整理

親が亡くなったあと親世帯が暮らしていた家を片付ける場合は、同居の場合と比べて、たくさんの手間と時間がかかります。 生活するために使っていたさまざまな荷物、家財道具、電化製品などを全て処分して片付けるのはとても大変な作業ですし、賃貸住宅に住んでいる場合などは、いつまでに片付けを終えなければならないというような時間の制約もあります。仕事が休みの日などにわざわざ遠くまで出向いて片付けをしなければならず、大きな負担になります。 また、兄弟や伯父叔母などの関係者が複数いる場合は、全員の意思を確認しながら、片付けの作業を進める必要があります。お金になりそうなものを勝手に処分することもできません。  

近年注目を集める、生前整理について

親の存命中に家財道具を減らしておき、遺品整理をよりスムーズに行えるようにするために生前整理を行う人が増えています。遺品整理同様、業者に作業を依頼することができます。 必要なものとそうでないものとを自分で選択しながら片付けを行うので、より早く片付けができる一方で、ものを処分することに親が消極的な場合、時間をかけて生前整理を行っても、結局捨てられないまま終わってしまうようなケースも少なくありません。  

誰の遺品整理を行うのかという問題

遺品整理にたずさわるのは、親が亡くなったときというケースが圧倒的に多いようですが、親以外の親族や親戚の遺品整理を任せられてしまうケースも少なくありません。 一人暮らしをしていた遠縁の親戚が亡くなり、部屋の片付けを依頼されてしまったような場合、一体どこから手をつけてよいのか困ってしまいます。そういった場合に、遺品整理を行う業者に依頼するケースが多いようです。    

2.遺品整理はどんな業者に頼むべきか

家に残された大量の荷物や家財道具などを片付け、必要に応じて廃棄処分する作業は、遺品整理を行う業者に依頼する方法がおすすめです。 片付けから不用品の処分、家のクリーニングまで一括で請け負うほか、不用品の処分だけ、片付けのサポートだけ、クリーニングだけというように、状況に応じて必要なサービスだけを依頼することもできます。  

遺品整理を行う業者には2パターンある

近年多くの業者が遺品整理事業に参入し、遺品整理というサービスを提供する業者がぐっと増えました。 遺品整理を行っているのは、「不用品の回収処分が本業である業者」と「不用品の買取が本業である業者」であることが多いようです。提供している遺品整理サービスの内容自体はほとんど変わらないのですが、それぞれ得意分野が異なります。  

買取が本業の業者に遺品整理を依頼すべきケース

骨とう品や貴金属、ブランド品など、遺品の中にお金になりそうなものが多数残されている場合、遺品整理は買取が本業の業者に依頼することをおすすめします。または、事前に買取業者に査定して買い取ってもらってから、改めて遺品整理を業者に依頼するという方法もあります。 不用品回収が専門の業者に遺品整理を依頼すると、価値のあるものでも廃棄されてしまったり、二束三文の安い金額でしか買取してもらえないということも少なくありません。 高価なものが多い場合は、買取業者に依頼することで、お得に遺品整理を済ませることができます。  

不用品回収が本業の業者に遺品整理を依頼すべきケース

貴重品やお金になりそうなものはほとんど回収し、形見分けが終わったあと、家に残されたもののほとんどを廃棄処分するような場合、遺品整理は不用品回収を本業とする業者に依頼するほうがお得です。 古くなった家具や家電、さまざまな雑貨など処分すべきものが多数ある場合やリサイクル家電などの処分も、不用品回収業者であれば問題なく対応してもらえます。 廃棄処分するものが多い場合に遺品整理を買取業者に依頼してしまうと、高額の処理手数用を請求されてしまうこともあります。  

地元の業者に依頼するべき理由

離れて暮らしている実家の遺品整理をする場合、その地域の事情がわからないので、遺品整理を依頼する業者を選ぶのが難しいというケースがあります。 ネットなどで口コミ情報を見ることもできるので、できるだけその地域の業者に依頼することをおすすめします。立合い不要で作業してもらえる業者もあるので、仕事などで忙しくて十分な時間がとれない場合でも安心です。    

3.遺品整理をするときに気をつけたいポイント

  遺品整理を業者に依頼する場合、状況によって必要なサービスが違ってきます。 片付けからゴミの処分、クリーニングまでを一括で請け負う業者もいますが、ゴミの処分やクリーニングなど必要なサービスだけを利用できる業者もあるので、どのようなサービスが必要か、どれくらいの予算があるかなどを考慮して、よく検討してから業者に依頼することが大切です。  

必ず見積りを取ってから依頼すること!

とにかく急いで遺品整理を済ませたい、自分が住んでいる場所ではないのでどの業者に頼めばよいのかわからないといった理由で、とりあえず郵便受けにチラシを配布している業者に電話してそのまま依頼してしまうケースがあります。 予想していたサービス内容と違っていたり、あとから予定外の請求をされたりといったトラブルに巻き込まれてしまうこともあるので、事前に見積りを取ってから申し込むことをおすすめします。  

依頼したいサービスの内容を明確にしておく

作業内容が明確になっていないうちに業者に依頼の電話をしてしまうと、必要のないサービスまで申し込んでしまい、必要以上に高い費用を払うことになってしまいます。 遺品整理は決して安くはないので、よく検討してから申し込むようにしましょう。    

4.まとめ

  遺品整理を業者に依頼する場合の業者の選び方、遺品整理を行う上での注意点などについてご紹介しました。 遺品整理のサービスを提供している業者には、本業が不用品の回収・処分の場合と、買取業者の場合があります。遺品整理で処分する家財道具などの中に売れそうなものが多い場合は、買取業者に遺品整理を依頼するほうがお得です。逆に、廃棄処分するものが多い場合は、不用品回収業者に遺品整理を依頼するほうがお得に不用品を処分することができます。

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。