業者に依頼する前に知っておきたい!遺品整理をした時に高価買取してもらえるものって?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

業者に依頼する前に知っておきたい!遺品整理をした時に高価買取してもらえるものって?

  遺品整理の際に業者に買取を依頼するケースは、以前に比べると増えてきているようです。 親が遺してくれた思い出の品や大切な品を売ってしまうことに抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが、ほこりをかぶったまま置いておいたり、廃棄処分にしてしまうよりは、価値に見合った価格で引き取ってもらうほうがいいのかもしれません。   遺品整理の際に買取を依頼する場合、どのような業者に頼めばよいのでしょうか? 業者に言われるがまま二束三文で売り払ってしまって、あとから後悔したくないですよね。大切な遺品をできるだけお得に買取してもらう方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。    

1.遺品整理とは?

  遺品整理とは、家族や親族など身近な人が亡くなったときに、残された家財道具や思い出の品などを片付けて処分する作業のことです。 親戚や祖父母の葬儀に出席したことはあっても、実際に自分が遺品整理に関わったことはないという方が多いと思いますが、いざという時うろたえてしまわないよう、具体的にどのような作業が必要になってくるのかをイメージしておくと安心です。  

遺品整理は業者に頼むのが常識?

近年、遺品整理事業に多くの業者が参入し、遺品整理や生前整理に関するさまざまなサービスを提供する業者が増えてきました。多くの業者が遺品整理に関する情報をネットで公開しているので、目にする機会も多いと思います。 遺品整理は、残された家族や親族が行うことが一般的ですが、仕事や生活が忙しく片付けのための時間が十分に取れない、処分するものが多すぎて自分だけでは片付けが難しいといった理由から、業者のサービスを利用する人が増えているというのが現状です。 時間や人手の余裕があれば自分たちで遺品整理を終わらせるのが理想ですが、ゴミの処分だけ依頼する、クリーニングだけ依頼するなど、必要に応じて業者のサービスを利用する方法がおすすめです。  

遺品整理の際に起こりがちなトラブルとは?

亡くなった方の持ち物や家財道具などを片付けて処分するのが遺品整理です。でも、遺品整理は単なる片付けの作業だけではありません。 遺品整理にたずさわるのが一人だけの場合、責任は重くなりますが、余計な気遣いをする必要がありません。でも、関係者が複数になると事情が違ってきます。 例えば親が亡くなったケースで、兄弟や伯父叔母などの関係者が複数いる場合、一人で勝手に遺品整理を進めるとトラブルになってしまいます。関係者が全員そろってから話を進める必要があるので時間や手間がかかりますが、あとからトラブルになってもめるよりも、時間をかけて片付けを進める方が安心です。    

2.遺品整理をするときの注意点!

遺品整理を業者に依頼する場合、どのような点に気を付けるべきでしょうか。  

予算を決めて、見積りを取ること

片付けから不用品の処分、クリーニングまで遺品整理のトータルなサービスを提供している業者もありますが、高額な費用がかかってしまう場合があります。 必ず事前に費用を確認し、予算に合わせたサービスを申込むようにしましょう。見積りを取ってもらうと安心です。 また、買取も依頼した場合は、見積りを取るときに買取についても相談しておくとよいでしょう。  

貴重品や大切なものは事前に確保しておく

業者に片付けを依頼するときは、事前に自分で室内を確認し、貴重品や処分したくない大切なものを確保しておくようにしましょう。 通帳や金券などはもちろん、貴金属や貴重品、思い出の品などを確保してから、業者に入ってもらうことが大切です。重要なものがどこにあるのかわからない場合は、業者の遺品整理に立合い、一緒に片付けをすることもできます。    

3.高価買取対象になる遺品とは?

  長年暮らしていた家の中には、さまざまな物が残されています。骨とう品や美術品の収集が趣味だった方なら、高く売れるのでは?と想像がつきますが、ちょっとした雑貨や家電、書籍なども、意外と高値で売れることがあります。 古いものだからとあっさり捨ててしまう前に、ぜひ査定を受けてみてください。手数料を払って廃棄してもらうよりも、お得に処分することができるかもしれません。意外と高値で買取されるケースをご紹介します。  

電気製品

パソコン、デジカメ、スマホなどの最新の家電、音響機器などの電気製品は高値での買い取りが期待できます。 洗濯機や冷蔵庫などの家電も、比較的新しいものであれば買い取ってもらえます。大物家電は処分するのにお金がかかるので、無料でも引き取ってもらえればお得です。  

貴金属、金、銀、プラチナ

宝石のついたネックレスや指輪などの貴金属は、形見分けで譲ってしまうことが多いと思いますが、デザインが古いもの、引き取り手のない貴金属は買取してもらいましょう。少額でもお金になります。 金、銀、プラチナなどが使われた製品は、どんなものでもお金になります。古い時計、壊れたネックレス、ペン先が金の万年筆、金の入れ歯、トロフィー、メダル、メガネなど、金、銀、プラチナといった金属を含んでいるものがたくさんあります。  

ブランド品

カバンや時計、洋服などブランド品があれば、ブランド品を専門に扱うショップで査定を受けることをおすすめします。 古いものでも、人気ブランド、一流ブランドのものなら売れる可能性があります。  

着物や趣味のもの

素材の良いものや名前の知られた産地の着物は高く売れます。 そのほか、囲碁や将棋、ゴルフなど、趣味で使っていた道具なども値段がつくことが多いので、廃棄処分する前に査定してもらいましょう。  

書籍、雑誌類

本や漫画、雑誌が大量にある場合は、まとめて宅急便で送って査定してもらう方法が便利です。初版本や古い書物、貴重な本がある場合は、専門店での査定を受けるほうがより高値で買取してもらえます。    

4.遺品を高く買い取ってもらうコツ!

遺品整理をするときには、ぜひ業者の買取を利用してみてください。思いのほか高額で買い取ってもらえるケースがあるので、遺品整理にかかった費用を賄うことができます。 できるだけ高く買い取ってもらうためのコツをご紹介します。  

「売りたい」という意思をはっきり示す

遺品整理を業者に依頼した際に、売りたいという意思をはっきり示しておくことが大切です。「いいものがあればついでに買取も」という程度で、買取に控え目な態度を取っていると、二束三文で買いたたかれてしまいます。 始めから、できるだけ高値で売りたいという意思をはっきりさせておきましょう。  

買取業者に依頼する!

遺品整理のサービスを提供している業者には、不用品回収を本業にしている業者もあります。遺品の中に売れそうな物が多くある場合は、不用品回収業者ではなく、買取業者に遺品整理を依頼することをおすすめします。 買取業者かどうかわからない場合は、ネットで業者のHPなどを確認してみましょう。「古物商許可 」を持っていれば、買取を行っている業者です。  

査定を受ける前にクリーニングや準備をしておく

遺品整理の際にはあまり時間的な余裕がないかもしれませんが、売れそうな物があれば、ホコリや汚れを落としたり、あちこちに散らばっているものをまとめておいたり、査定を受ける前に少しでも準備をしておきましょう。 電気製品を査定してもらう場合は、取扱い説明書や備品などが残っている場合があるので、事前に探して用意しておくことをおすすめします。    

5.まとめ

  遺品整理をする際に、業者によっては、不用品の処分と同時に買取をしてもらえます。ブランド品や高価な品物がたくさん残されている場合は、ぜひ査定を受けてみてください。高値で買い取ってもらえる可能性があります。 時間に余裕があれば、遺品整理を始める前に専門店に買取を依頼すると、より高値での買取が期待できます。  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。