いつから始めたらいいの?遺品整理を始める時期とは!?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

いつから始めたらいいの?遺品整理を始める時期とは!?

  遺品整理というと、亡くなった方のことを思い出しながら少しずつ残された物を片付けていくというようなイメージがありませんか? とはいえ、ずっと家財道具やさまざまな物をそのままにしておくわけにはいかないので、いつかは片付けなければなりません。もし、自分が誰かの遺品整理をする立場になったとしたら、どのように片付けを進めていけばいいのでしょうか?   遺品整理を始める時期について、一般的なケースをご紹介します。 必ずしもこのタイミングで片付けを始めなければならないというわけではありませんが、なるべく早く片付けをするべきケースや、遺品整理をする場合の注意点などについては、知っておくと役に立つことがあるかもしれません。    

1.遺品整理とは?

  親族や親しくしていた人が亡くなったあと、残された荷物や生活用品、家財道具などの片付けを行うのが遺品整理です。残されたたくさんの物を仕分けし、必要なものとそうでないものとに分類、要らないものを処分します。  

遺品整理が大変な理由

日常生活の中で実際に関わる機会はなかなかないので、遺品整理についてイメージするのは難しいかもしれません。 思い出の品物をいくつか分けてもらう形見分けとは違い、遺品整理は、部屋や家の中にある物すべてを処分します。本や雑誌、衣類、雑貨、食器類、生活用品や家財道具など、亡くなった方が暮らしていた部屋にある膨大な量の品物をかたづけるのはとても大変な作業です。冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電、タンス、ベッド、ソファなど大型家具の処分には、手間だけでなく処分費用がかかります。  

遺品整理の進め方は状況によって異なる

遺品整理をどのように行うかは、亡くなった方との関係、家族や兄弟、親戚などの関係者がどれくらいいるか、一人暮らしか同居かといったさまざまな状況によって異なります。 例えば、大切な家族を亡くした場合と、あまりつき合いのなかった遠縁の親戚が亡くなった場合とでは、残された物に対する思い入れが違いますし、一人暮らしだった場合と同居していた場合とでは、遺品整理をする範囲も違ってきます。関係者が多ければ片付けの負担は軽くなりますが、皆の意見を確認せずに自分だけの一存で作業を進めることはできません。 遺品整理の方法に決まりはありませんので、状況に応じてその都度最善の方法を考えながら進めていくことをおすすめします。    

2.遺品整理はいつから始めたらいいの?

  遺品整理はいつ頃行うのが一般的なのでしょうか? 大切な方が亡くなってすぐにお部屋や荷物の片付けを始めるのは、ちょっと難しいときもありますよね。遺品整理を始めるタイミングに決まりはありませんので、気持ちが落ち着いてからでも大丈夫です。 ただし、一人暮らしをされていた方が亡くなった場合は、早めに遺品整理を行わなければならないケースがあるので注意が必要です。また、関係者が複数いる場合は、片付けのタイミングや方法について話し合っておく必要があります。  

時間の制限(タイムリミット)がある場合

一人暮らしをされていた方のお部屋を片付ける場合、いつまでに部屋を明け渡す必要があるかを事前に確認しておくことが大切です。賃貸契約をしている場合、タイミングによっては1ヵ月分の家賃を追加で支払わなければならなくなってしまうからです。 すぐに部屋を片付けることが難しく、追加で家賃を請求されてしまった場合や立て替えて支払う場合は、親族や親戚など関係者に報告しておくとよいでしょう。  

遺産相続や形見分けが必要な場合

親族や親戚、関係者など複数の関係者がいる場合は、遺産相続や形見分けをするために、早めに遺品を整理しておかなければならないケースがあります。相続の手続きは期限が決まっているので、預貯金や有価証券、現金、貴金属や価値のある物は早めに確認しておきましょう。 四十九日や法要など、法要で親戚や関係者が集まったときに、みんなで揃って片付けや遺品整理を行うケースも多いようです。事前に遺品整理を済ませておくと、形見分けや遺産相続をスムーズに行うことができます。  

急ぐ必要がない場合はゴミ捨てだけ済ませておく

お部屋をすぐに明け渡す必要がない場合は、気持ちが落ち着いてから、あるいは、ゆっくり片付ける時間ができたときに遺品整理を始めても大丈夫です。 ただし、室内に置いてあった生ものやゴミなどは早めに処分しておきましょう。一人暮らしをしていた方の部屋を片付ける場合は、冷蔵庫やキッチンに保存してある食品の片付けだけは先に済ませておくことをおすすめします。    

3.遺品整理をするときに気をつけたいこと

遺品整理は同居の家族や親族が担当するケースが多くなりますが、場合によっては、あまりつき合いのない親戚の遺品整理を任されてしまうこともあります。 遺品整理を任された場合、どのような点に気をつければよいのでしょうか。  

貴重品の取り扱いに注意!

遺品の中には、貴重品や大切な物、思い出の品なども含まれているので、不用品を処分する際には十分な注意が必要です。現金や預金通帳、有価証券、金券、貴重品などが思いもよらない場所から見つかることもあります。 関係者が複数いる場合は、みんなが顔を揃えるタイミングで一緒に片付けをすると安心です。  

先走って片づけを始めてしまうのはNG

残された部屋がとても散らかっていたり、汚れていたりすることがあるかもしれません。あきらかにゴミとわかるものを捨てたり、仕分けをするぐらいなら大丈夫ですが、自分の一存だけで全部片付けて勝手に捨ててしまうのはNGです。 遺品整理を始める前には、必ず関係者全員に声をかけるようにしましょう。当事者が自分しかいない場合でも、やみくもに不用品を片付けてしまうのではなく、遺品整理の進め方について身近な人に相談してみるとよいかもしれません。  

一人暮らしをしていた方が亡くなった場合

亡くなった方が一人暮らしをしていた場合、住んでいた部屋を片付けて全ての荷物を処分する作業も全て行わなければならないケースがあります。 賃貸マンションなどの場合は、契約の期限までに荷物を全て運び出し、クリーニングをして部屋を引き渡します。その際に、マンションの解約手続きや水道・ガス・電気などの解約手続きも必要になります。不明な場合は、契約している不動産会社などに問い合わせてどのような手続きが必要かを確認してみるとよいでしょう。  

十分な時間が取れない場合は業者の利用を検討する

遺品整理には、とても時間と手間がかかります。特に、一人暮らしをしていた方の部屋を片付ける場合は処分しなければならないものが多く、一人で全て済ませるのは難しいケースもあります。 仕事が忙しく片付けに十分な時間が取れない場合は、遺品整理を専門に請け負う民間の業者に依頼する方法がおすすめです。時間をかけて一緒にゆっくりと片付けを手伝ってもらうプランや、遠方の場合は立合い不要でプロのスタッフが部屋を片付けて、不用品を処分してくれる手軽なプランもあります。クリーニングや不用品の処分だけを依頼することもできるので、必要に応じて利用を検討してみるとよいでしょう。    

4.まとめ

  遺品整理を始める時期、タイミングについてご説明しました。 大切な人を亡くしたあとすぐに片付けを始めるのは難しいものです。遺品整理をする時期に決まりはないので、気持ちの整理ができてからゆっくりと時間をかけて行って大丈夫です。 ただし、相続手続きや賃貸住宅の更新手続きなどの期限が決まっている場合など、できるだけ早く遺品整理を始めなければならないケースもあります。どうすればよいかわからない場合は、行政あるいは民間のプロの業者に相談することができます。  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。