遺品整理を業者に頼んだ場合の費用はどのくらいかかるの?遺品整理の相場をご紹介!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

遺品整理を業者に頼んだ場合の費用はどのくらいかかるの?遺品整理の相場をご紹介!

「遺品整理っていうのがあるらしいけど、お金かかりそう…。」

といった声を、たびたび耳にします。

遺品整理という業種の知名度が上がり、関心を持つ方が増えてきています。しかし、遺品整理を業者に依頼したという方を身近で見つけることが難しく、直接口コミ情報などを聞く機会がないのです。そのため、遺品整理の具体的な内容や費用を知ることができません。

また、大切な方を亡くされた人にお金の話をするのはためらわれるということも、遺品整理の実態があまり知られていない理由のひとつです。

 

遺品整理を業者に頼むと、実際、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

おおよその相場費用をご紹介します。

 

 

1.遺品整理にかかる費用の相場

親族などの遺品整理に業者を利用するという方は、少なくありません。

親世帯と離れて暮らす、仕事などの事情から遠方で生活するという人の割合が多くなり、時間と手間のかかる遺品整理を自分で済ませることが難しいというケースが増えてきたためです。

しかし、遺品整理を業者に依頼した場合どれくらいの費用がかかるのかといった情報がとても少なく、具体的な費用の相場を確認することができません。

 

遺品整理の相場費用がはっきりしない理由

さまざまなサービスにはおおよその市場価格というものが存在しますが、まだ始まったばかりの新しいサービスである遺品整理には、まだ一般的な価格というものがありません。そのため、業者ごとにそれぞれの価格を設定しているケースが多く、一般的な価格を知ることが難しいという現状があります。

また、利用者によって作業現場の状況が異なり、必要なサービスの内容が異なっているという点も、遺品整理の相場費用をわかりにくくしています。

ネットで検索すると遺品整理に関するたくさんの情報が表示され、実際に業者の遺品整理を利用した方の費用総額の一例を見ることもできますが、費用総額の一例が必ずしも他のケースに当てはまるわけではありません。

 

遺品整理にかかる費用の算出方法とは?

遺品整理事業に参入する業者がふえ、利用者の状況やニーズに合わせたさまざまなサービスが提供されるようになりました。

急なことで何をどうしていいか全くわからない、片付けをする時間が全く取れないといった方のためには、オールインワンですべて対応可能なパック料金。片付けは自分でできる方には不用品の処分だけをサポートするサービス、時間をかけて丁寧に片付けをしたい方のための個別のサポートなどもあります。

中でも、比較的多くの業者が採用しているのが、部屋の大きさに応じた料金設定です。1Rから4LDK以上まで、部屋の大きさに応じた料金が幅を持たせて設定されており、処分する物の量、汚れ具合(クリーニングの有無)、必要なスタッフの人数などによってより詳細な金額が決定します。

ただし、現場の状況によっては追加料金が発生することもあるので、明確な金額を知りたい場合には、現地での見積り作業が必要です。

 

部屋の大きさをもとにした遺品整理費用の相場費用

遺品整理にともなう全てのサービス(片付け、ゴミの搬出・処分、トラック、人件費)を含む、おおよその相場費用をご紹介します。

業者によって、また、地域によっても料金設定は異なりますので、詳しくは業者のHPなどでご確認ください。

 

部屋の大きさ相場費用
 1R、1K3万円~8万円
 1DK5万円~15万円
 1LDK7万円~20万円
 2DK10万円~25万円
 2LDK15万円~30万円
 3LDK20万円~40万円
 4LDK~25万円~

 

遺品整理の費用を知るためには、現地での見積りが必須

同じ程度の大きさの部屋を遺品整理する場合でも、荷物の量などによって、実際の費用は異なります。

ほとんどの業者が事前に無料の見積りを行っているので、遺品整理を業者に依頼することを決めたら、できるだけ現地での見積りを依頼しましょう。現状を確認したうえで契約書を作成してくれます。

 

 

2.遺品整理を業者に頼む場合、どうやって業者を選ぶのがいいか

大切な方の遺品整理をなるべく納得のいく方法で行うためには、十分に検討して慎重に業者を選ぶことが大切です。

遺品整理をどのように進めていくかは、亡くなった方との関係、遺品整理を行う方の現状、関係者全員の総意などを考慮して検討します。まずは、遺品整理を行う上で重視したいポイントをしぼっていくことから始めます。

 

遺品整理を行う上で重視するポイントを決める意味

重視するポイントを決めることで、業者選びの基準をはっきりさせることができます。

例えば、できるだけ丁寧に遺品整理を行いたい場合は、信頼の高い大手の業者や、実績のある老舗の業者を選ぶとよいでしょう。片付けを済ませたあと、室内のクリーニングやリフォーム工事も必要な場合は、リフォームにも対応可能な業者を選ぶと便利です。

 

<重視するポイントとしてあげられる項目の一例>
・できるだけ早く済ませたい
・できるだけ安く済ませたい
・よくわからないので全部任せたい
・立合いできないので全部任せたい
・時間をかけてゆっくり整理したい
・売れるものはできるだけ高く売りたい
・不用品の処分だけを業者に依頼したい
・徹底的にクリーニングしてほしい
・リフォーム工事も頼みたい など

 

業者選びで失敗しないために気を付けるべきこと

遺品整理を行う業者の数は、近年増加傾向にあります。遺品整理を専門に行う業者のほか、民間の不用品回収業者や運送会社なども遺品整理事業に参入したことで、利用する側にとっては、選択の幅が広がり、よりニーズに応じたサービスを求めることができるようになりました。

そんな中で、とくに気を付けたいのが、悪徳業者によるトラブルです。

できるだけ信頼できる業者を選ぶことで、質の悪いサービスや法外な料金設定、追加料金によるトラブルなどを未然に防ぐことができます。

 

<信頼できる業者を選ぶポイント>
・一般廃棄物処理業者など、自治体の認証を得ている
・現地で見積りを行い、契約書を作成してくれる
・ネットで好意的な口コミが見られる
・HPなどで多くの情報を公開している

 

 

3.遺品整理をなるべく安く済ませる方法

遺品整理をできるだけ安く済ませるためには、業者を利用せず全て自分たちで済ませることが一番ですが、遠方に住んでいる場合や、遺品整理に時間をかけられない場合、業者のサポートがとても役に立ちます。

業者を利用するとどうしても高額な費用がかかってしまうので、予算が限られている場合は、事前に業者に相談をして作業内容を調整してもらうことができます。

 

遺品整理を安く済ませる3つの方法

遺品整理を業者に依頼する場合、次のような方法で、費用をできる限り安くおさえることができます。

オールインワンのサービスを提供するパック料金を利用するとどうしても費用が高くなってしまいがちです。片付けやクリーニングなど、できることはできるだけ自分たちで行い、難しい作業やゴミの処分など手間のかかる作業を業者に依頼する方法がおすすめです。

 

・できることは自分でやる
・売れるものはできるだけ高値で売る
・安い業者を選ぶ

 

遺品整理をしながら不用品を高く売る方法

業者に遺品整理を依頼する場合に、トータルの費用をできるだけ安くおさえるには、不用品をできるだけ高く売ることが重要です。

古物商の認可を持っている業者であれば、遺品整理と同時に買取をしてもらうこともできますが、買取を専門に行っている店で買い取ってもらうほうが高値で売れるケースが多いようです。

出張買取を行っている業者もあるので、遺品整理を行う前に、買取専門の業者に見積りを依頼する方法もおすすめです。

 

高値での買取が期待できるもの一覧

家財道具すべてを処分する場合、さまざまな荷物の中に思いがけない高価な品物が眠っていることもあります。

業者に全て任せる場合でも、事前に確認をして貴重品や重要な物をよけておくことが大事です。次のようなものがある場合は高値での買取が期待できます。業者に依頼して遺品整理を始める前に、別途買取処分を検討してみましょう。

荷物を少なくしておくことで片付けの手間が少なくなり、遺品整理にかかる費用も安くすることができます。

 

・本、雑誌
・骨とう品、美術品
・新しい家電製品
・貴金属類、金やプラチナなどを含むもの
・メガネ、時計、カメラ
・ブランド品
・未開封の洋酒
・着物
・仏壇、仏具
・切手などのコレクション
・趣味の道具など ほか

 

 

4.まとめ

遺品整理業者の相場費用について、おおよその価格、なるべく安く済ませる方法などをご紹介しました。

部屋の大きさだけでなく、荷物の量や部屋の汚れ具合によって、遺品整理の費用は変わってきます。具体的な金額を知るためには、直接現地を見てもらって見積りをしてもらうことが大切です。

現状をよく確認し、依頼したいサービス内容について十分検討してから申込むことで、納得のいくかたちで遺品整理を済ませることができます。

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。