遺品整理とは?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

遺品整理とは?

 

大切な家族が亡くなったあとには、たくさんの持ち物や住んでいた家が残されます。

できればそのままずっと残しておきたいという気持ちがあるかもしれませんが、現実には、それはとても難しいことですよね。住んでいた家や、家財道具や生活用品、衣類、趣味の道具や書籍など全ての物を残しておくことは、到底不可能です。仮に、広大な保管スペースがあったとしても、全てをいつまでも管理し続けることはできないでしょう。

ですので、本当にたいせつなものや思い出の品物だけを残して、ほとんどの持ち物を処分しなければなりません。

そこで必要になってくるのが、残された膨大な量の荷物を仕分けして、分別して処分していく「遺品整理」という作業です。

 

遺品整理は昔から行われていたことで、決して新しい概念ではありません。しかし、近年大きな注目が集まっており、遺品整理士という認定資格や遺品整理業者という業種も誕生しました。それにはどのような理由があるのでしょうか?

遺品整理が注目される背景と、現代の遺品整理のあり方についてご紹介します。

 

 

1.遺品整理とは?

 

家族や友人など大切な人を亡くしたあとに、残された思い出の品を処分しなければならない遺品整理は、とても辛い作業です。遺された家族には、たくさんの時間と手間がかかり、精神的にも大きなストレスとなります。

それを手助けしてくれるのが、遺品整理業者です。

業者を利用せず、残された家族や親族、知人などの助けを借りて、遺品整理を済ませることも可能です。かつてはそれが一般的な方法でしたし、遺品整理を請け負ってくれるような業者を見つけること自体とても難しいことでした。現在でも、親族のみで遺品整理を行うケースのほうが全体としては多いのかもしれませんが、遺品整理業者を利用するケースは増加傾向にあります。

 

遺品整理が困難になってきている背景とは?

親、子、孫と三世代での同居が一般的だった時代、遺品整理はそれほど困難なことではありませんでした。親が亡くなったあとも家族が住み続けるので、家自体を片付ける必要がなかったからです。

大きな家に住んでたくさんの物を持っていたとしても、遺品整理に関わる親族が大勢いたので、いつでも手伝ってくれる人手がたくさんありました。

しかし、現在はどうでしょう?

親世代と子世代は遠く離れて暮らし、一人暮らしをしていた親が亡くなるというケースが増えています。そして、その遺品整理をたった一人の子どもが全て担うというケースも少なくありません。

 

増え続ける物と、より困難になるゴミ捨ての現実

断捨離という言葉が社会全体に浸透しつつありますが、一世代前、戦後の物のない時代に育った人の多くは物を捨てるのが苦手です。家中にあふれる家財道具、膨大な量の衣類、書籍類、趣味や思い出の品々、ストックされた消耗品の数々が、遺品整理をより困難にしています。

そして、その困難に拍車をかけているのが、地域ごとに詳細に定められたゴミ捨てのルールです。ひと昔前なら、全部まとめてゴミ袋に入れて気軽に捨てられたゴミを、今では一つひとつ全て分別し、種類ごとに決められた曜日、時間に決められた場所に持っていかなければいけないのです。

不用品の処分は、遺品整理の最も困難な作業のひとつです。

 

 

2.具体的にどんなことをしてくれるの?

 

遺品整理は日常的に行うことではありませんし、おそらく多くの人が初めて経験することでしょうから、必ずしもスムーズに事が運ぶわけではないと思っておいたようがよいでしょう。

遺品整理にともない、親が暮らしていた家を処分する、あるいは賃貸住宅を解約するような場合、家の中にあるすべての家財道具を運び出さなければいけません。

タンスやベッド、ソファ、ダイニングセットといった大型家具、冷蔵庫や洗濯機などたくさんの家電製品を処分するのは簡単な作業ではありません。まして、自分が住んでいない地域ではゴミ捨てのルールもわからないので、ちょっとした雑貨などを処分するだけでも大変な手間になってしまいます。

こういった作業を、遺品整理業者に依頼することで無理なく済ませることができます。

 

遺品整理業者に依頼できる作業とは?

多くの遺品整理業者が、一般的な遺品整理サービスをパック料金で提供しています。

その主な作業内容は、不用品の分別、回収・運搬、処分ですが、そのほかにも、必要に応じてさまざま作業を依頼することができます。

<遺品整理サービスの一例>
・不用品の分別
・不用品の回収、運搬、処分
・不用品の買取
・家電製品の取り外し、回収、運搬、処分
・室内のクリーニング
・リフォーム工事
・仏壇の処分 ほか

 

 

3.遺品整理はいつごろ行えばいいの?

遺品整理には決まったルールはありません。

行うべき時期についての決まりもありませんので、気持ちが落ち着いてから、時間に余裕のあるときに、無理せず自分たちのペースで進めていくことをおすすめします。

ただし、さまざまな事情で期限が決められてしまっている場合もあります。

 

遺品整理はいつまでに済ませればいいの?

亡くなってすぐに、あるいは、葬儀が終わってすぐに片付けを始めるということは、なかなか難しいでしょう。

さまざまな手続きが終わって一段落してから、四十九日を過ぎてからといったタイミングで、始めるケースが多いようです。急がなければならない特別な理由がない場合は、自分のペースで、気持ちが落ち着いてからゆっくりと進めましょう。

一人暮らしをしていた方が亡くなった場合は、遺品整理を始める前に、ゴミや生ものなどを先に処分しておくと安心です。

 

遺品整理の期限が決まっているケースとは?

賃貸住宅で暮らしていた場合、遺品整理にあまりに時間をかけすぎてしまうと、誰も住んでいない部屋の家賃が発生し続けてしまうという問題があります。あまりに無理なタイミングで慌てて片付けを済ませてしまうことはおすすめしませんが、ある程度余裕をもった期限を決めておくとよいかもしれません。

または、荷物を一旦別の場所に移し、後日ゆっくりと遺品整理をするという方法もあります。

 

 

4.まとめ

 

遺品整理とは何か?遺品整理という仕事とは何をするものなのか?ということについて、ご紹介させていただきました。

大切な方が残したたくさんの荷物を片付け、処分するという作業には、たくさんの手間と時間がかかります。遺品整理業者のサポートを上手に利用することで、無理なく、納得のいく遺品整理を行うことができます。

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。