後悔しないために!納得して遺品整理を済ませる方法!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

後悔しないために!納得して遺品整理を済ませる方法!

多くの人が初めて体験する、遺品整理。 どのようにすすめればよいかというマニュアルがあるわけでも、決まったやり方があるわけでもありません。多くの人が、時間的にも、気持ちにも余裕のない中で、たくさんの作業を手探りで進めているというのが現状です。   すべて終わってしまってから後悔することのないように、納得のいく遺品整理を済ませるにはどのような方法があるのでしょうか。 近年注目を集めている遺品整理業者を使った遺品整理のすすめ方や、業者のサービスを上手に利用する方法、お得な遺品整理のすすめ方などについてご紹介します。    

1.遺品整理とは?

親族の方が亡くなったあとに、残された家財道具や持ち物、家などを片付ける作業を遺品整理と呼びます。 親戚や祖父母などの遺品整理にかかわるケースもありますが、親が亡くなったあとに、親が暮らしていた実家の遺品整理をするというケースが多いのではないでしょうか。  

実家の遺品整理が大変な理由

ひと昔前であれば、遺品整理の作業自体はそれほど手間のかかることではありませんでした。親世帯と子世帯が二世帯で同居しているというケースが多かったので、親の持ち物をある程度片付けるだけで済んだからです。 ですが、仕事などの都合で実家から離れて暮らす人が増え、多くのケースで、遺品整理は実家を丸ごと全部片づけるという大変な作業になってしまいました。   たとえワンルームマンションの一部屋であったとしても、人が暮らしていた部屋のすべての荷物を片付けて処分するのは大変な作業です。 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、電子レンジ、掃除機、扇風機など大小さまざまな電気製品、机、イス、タンス、食器棚、本棚といった家具類、一年を通して着るたくさんの衣類、本、趣味の道具、台所のたくさんの食器や食材など。思いつくものを挙げていっただけでも、厖大な量のものを処分しなければならないということがわかります。 長年暮らしてきた家であれば、さらにたくさんの思い出の品が残されていることでしょう。それらを整理しながら仕分けをして、処分方法を検討していかなければならないのです。 こういった理由から、現在では、遺品整理に業者を利用するというケースが増えてきています。    

2.自分で作業を行うのと遺品整理業者に頼むのはどちらがいいの?

遺品整理は親族などが協力しあって行うことが理想ですが、誰もがそうできるわけではありません。最近ではとくに、実家の片付けを1人か2人だけで対応しなければならないといったケースも多く、遺品整理にかかる時間的・体力的な負担が大きくなりつつあるようです。 厖大な量の家財道具を1人ですべて仕分け、片付け、処分まで行うのは限界があります。そこで頼りになるのが、民間の遺品整理業者です。  

遺品整理業者に頼むことをおすすめしたいケース

残されたたくさんのものの仕分け、片付け作業をする十分な時間と人手が足りない場合、片付けを終わらせなければならない期限があり、急いでいる場合、実家が遠方のため片付けにかけられる日数が少ないといった場合、遺品整理を業者が提供するサービスがとても役に立ちます。 無理に自分ですべて終わらせようとすることで普段の生活や仕事に支障が出てしまったり、片付けが長引いて(何年もかかってしまうケースもあります)、そのために余計な支出が発生してしまうようであれば、思い切って業者に任せてしまうほうがいいかもしれません。  

自分で遺品整理の作業を行うべきケース

大切な思い出の品物がたくさん残されている実家の片付けを、まったく関係のない第三者や、他人に任せたくない、触れてほしくないという方もいらっしゃると思います。また、さまざまな事情であまりに散らかってしまった家の中を、他人に見せなくないということもあると思います。 近年、遺品整理を業者に依頼するケースが増えたことで、逆に、遺品整理は業者を利用するべきなのだろうかと迷ってしまうということはないでしょうか?   自分たちで片付けを済ませたい、時間や人手も十分にあるので業者の助けはなくても大丈夫という場合は、遺品整理を業者に頼む必要はありません。時間をかけて、ゆっくり少しずつ、自分で納得のいく遺品整理をすすめることをおすすめします。  

必要なサポートだけを業者に依頼する方法もある

遺品整理を業者に依頼した場合、家の中でスタッフも一緒に仕分け作業をするようなイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。遺品整理のすべての作業をトータルでサポートしてもらうプランもありますが、必要な作業だけを部分的に業者に依頼することも、もちろん可能です。 粗大ゴミの回収処分だけを依頼する、仏壇の処分など難しい作業だけをサポートしてもらうこともできます。業者によっては対応方法が異なるので、見積もり時に相談してみることをおすすめします。 見積もりをとるとそのまま作業を依頼しなければならないと思ってしまうかもしれませんが、作業内容が条件と合わなければ断ってしまっても大丈夫なので、ぜひいろいろ相談してみてください。    

3.後悔しないための遺品整理とは?

片付けの期限が迫り慌ただしい状況の中で、とにかく急いで遺品整理を済ませてしまったことを後悔しているというお話を聞くことがあります。処分してしまったものを取り返すことはできませんし、形見分けなどを済ませてしまった後で仕分け作業をやり直すことは難しいでしょう。 時間や人手など、限られたリソースの中で、後悔しなくて済むような納得のいく遺品整理を終えるにはどのような工夫ができるのでしょうか。  

思い出をどのように処理するか

いつまでもそのままで残しておきたいものたくさんの思い出のものが、遺品整理を難しくしてしまっているケースがあります。 どうしても捨ててしまうのが難しい、思い出の品物。子どもの頃に描いた絵や作品、賞状やトロフィー、家族の思い出の写真、趣味の道具、趣味で作った作品の数々。いつも使っていた食器やお気に入りだった洋服。そのほか、さまざまな思い出のものをすべて残しておくことはできません。 残しておくもの、思い切って捨てるもの、写真などに納めてから捨てるもの、誰かにあげるものといったかたちで仕分けをして処分する方法がおすすめです。どうしても自分だけではすすめられない場合は、プロのスタッフに仕分け作業を手伝ってもらうこともできます。  

お得に片付けるには

大型の家具や家電製品などの処分には、それだけでお金がかかりますし、たくさんの家財道具や家電製品を片付けなければならない遺品整理には、どうしても高額の手数料がかかってしまいます。 廃棄処分するだけでなく、お金になりそうなものを売ることで、少しでもお得に片付けを済ませることができます。遺品整理を請け負う業者の中には、中古品の買取も同時に行ってくれる業者もあるので、ぜひ相談してみてください。または、遺品整理を始める前に不用品回収業者に買取を依頼する方法もあります。  

信頼できる業者を選ぶことが大切

遺品整理を業者に依頼する場合、信頼して任せられる業者かどうかをしっかりと見極めることがとても大切です。 慌ただしい状況の中で業者をゆっくりと選ぶ余裕もなく、広告を見た業者にそのまま依頼をしてしまうようなケースもあるかもしれませんが、ネットの口コミ情報などをチェックして、しっかりとした知識や十分な経験を積んだ業者を選ぶようにしましょう。    

4.まとめ

遺品整理を後悔せずに終わらせるために、上手に業者を利用する方法、処分しづらい品物をうまく片付ける方法などをご紹介しました。 遺品整理には必ずしも決まったやり方があるわけではありません。状況に応じてさまざまな方法を使い分けることで、無理なく、納得のいく遺品整理をすることができます。  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。