使っていないフロアスタンドライトは中古買取でお得に処分!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

使っていないフロアスタンドライトは中古買取でお得に処分!

ご自宅で、どんな照明器具を使っていますか? 日本の住宅は天井が比較的低いことが多いので、天井に直接つけるシーリングライトを使っているご家庭が多いのではないでしょうか。場所をとらず、圧迫感もないので、お部屋が広くすっきりと見える効果があり、シーリングライトは日本でとても人気があります。   さて、ホテルやおしゃれなレストランなどに行くと、天井からぶら下がるダウンライトや、壁に取り付ける間接照明、フロアスタンドライトなどが使われていることが多いですね。 部屋全体ではなく必要な個所だけを照らす照明は、ほんのりとした明るさで、くつろげる癒しの空間を作ってくれます。特に、フロアスタンドライトは可動式なので、部屋のインテリアに合わせて必要な場所に移動できるという利点のほか、必要なところだけを照らすので無駄なエネルギーを使わないという効果もあります。   引っ越しや模様替えなどで使わなくなったフロアスタンドライトや、使わずにクローゼットにしまってあるフロアスタンドライトはありませんか? 廃棄処分してしまうまえに、ぜひ、中古買取を試してみてはいかがでしょうか?フロアスタンドライトのお得な処分方法をご紹介します。    

1.中古でも売れるスタンドライトの特徴とは?

フロアスタンドライトは、フロアライト、フロアランプ、スタンドランプ、スタンドライトなどとも呼ばれます。室内用の、自立式のスタンド照明で、インテリアには欠かせないアイテムのひとつです。  

中古でも人気のフロアスタンドライトの特徴

フロアスタンドライトは、数千円で買えるものから、数万円、中にも十万円以上するものなど販売価格はさまざま。天井や壁に固定して使う照明器具と違い、引っ越しや模様替えをしてもそのまますぐに使うことができるので、一流メーカーの高級フロアスタンドライトは長く使い続けることができます。 有名メーカー、人気メーカーの商品は、元々の販売価格が高いということもありますが、中古でも高値での買取が期待できます。  

LEDライト、シンプルなデザインが人気

奇抜なデザインや、派手な色合いのものもありますが、シンプルなデザインのフロアスタンドライトのほうが中古でも高値で買い取ってもらえます。北欧スタイルのフロアスタンドライトが特に人気です。 また、白熱電球や蛍光灯よりも、LED電球のフロアスタンドライトのほうが、査定での評価が高くなるようです。    

2.こんなフロアスタンドライトは売れない

どんなに素敵なフロアスタンドライトでも、あきらかに破損しているもの、電源が入らないなどの不具合があるものは売れません。 そのほか、売れないフロアスタンドライトにはどのような特徴があるのでしょうか?  

買取が難しいフロアスタンドライトの特徴とは?

室内に置いて使うフロアスタンドライトは、こまめに掃除をしていないとあっという間にホコリをかぶってしまいます。スイッチ部分には手垢や汚れがついてしまいますし、リビングで使う場合は、食べ物がはねて汚してしまうこともあるでしょう。 よほど高価なブランド品でない限り、汚れてホコリをかぶったフロアスタンドライトは売れません。目立つ傷やシェードのシミ、破損個所があるもの、不具合のあるフロアスタンドライトも、買取はできません。   また、比較的新しく、見た目のきれいなものであっても、無名メーカーの商品や元々安い金額で売られていたものは、買取が難しい場合があります。売れたとしても、高値での買取は期待できません。    

3.売れないフロアスタンドライトの処分方法

買取が難しい状態のフロアスタンドライトは、残念ですがごみとして処分することになります。フロアスタンドライトを廃棄処分する方法、そのほか、お得に処分する方法についてご紹介します。  

フロアスタンドライトをごみとして処分する方法

フロアスタンドライトは高さもあり、シェードも大きめのものが多いので、不燃ごみ(燃えないごみ)として捨てることはできません。粗大ごみの個別回収を申し込む必要があります。基本的に、粗大ごみの個別回収は有料です。 ただし、30センチ以下のサイズのパーツに分解可能なフロアスタンドライトは、不燃ごみに出すことができます。蛍光灯や白熱灯などの電球は、ビニール袋などに入れて不燃ごに出すことができます。 <フロアスタンドライトを粗大ごみに出す場合の費用> 粗大ごみとして処分する場合、1点ごとに手数料が必要になります。フロアスタンドライトの処分費用は、およそ500円~1000円程度になることが多いようです。  

地域のごみ集積場に自分で持ち込む方法

自治体によっては、地域のごみ集積場に自分で粗大ごみを持ち込んで処分してもらうことができます。 処分するものが複数ある場合でも、まとめて重量をはかり、その重さで処分手数料が決まるので、粗大ごみとして1点ずつ処分するよりもかなり安い金額で廃棄処分することができるのでおすすめです。ただし、自分で車で運べる場合に限ります。  

民間の不用品回収業者に回収を依頼する

引越しなどの事情で、とにかく急いで処分したいといった場合には、民間の不用品回収業者を利用する方法が便利です。土日祝日、店舗によっては朝や夜の時間帯にも対応可能なので、仕事が忙しくて平日の昼間の時間帯に作業できない場合でも安心です。 ただし、自治体の粗大ごみ回収などに比べると、回収手数料がかなり高めになっているので、申し込み時に見積もりを依頼するなど、事前にしっかり金額を確認しておくことが大切です。 処分するものが複数ある場合はまとめて処分する、まだ十分に使えるものがあれば、買取も同時に依頼することで、処分手数料を安く抑えることができます。  

まだ使えるフロアスタンドライトは、無料で譲る

リサイクルショップなどで買取できなかったものでも、まだ十分に使える状態のフロアスタンドライトは、地域の情報掲示板などを利用して、無料で譲る方法がおすすめです。処分手数料を払って廃棄処分するよりも、お得に処分することができます。同じ地域の人に譲る場合は、直接会って手渡しが可能なので、配送の手間や費用がかかりません。 また、ネットのフリマサイトやオークションサイトを利用して、格安で売る方法もあります。ただし、大型のフロアスタンドライトなどは配送に高額の費用がかかってしまうので、注意が必要です。    

4.フロアスタンドライトを高く売るためにできること

引越しや模様替えなどの理由で、まだ使えるフロアスタンドライトを処分するなら、できるだけ高く買ってもらいたいですよね。査定で高く評価してもらうために、どんな工夫ができるでしょうか?  

売る前に、見た目をきれいにする!

フロアスタンドライトをできるだけ高く売るなら、査定を受ける前のメンテナンスが重要です。しっかりとホコリを落とし、シェードについた汚れも隅々まで掃除しておきましょう。 同じ程度のものでも、見た目がきれいなほうが売れやすいので、査定で高く評価されます。  

一流メーカーの商品は専門店で査定を受ける

フロアスタンドライトはリサイクルショップなどでも買い取ってもらえますが、有名なメーカー、老舗メーカーの高価なフロアスタンドライトを売るなら、中古インテリアを専門に扱うお店で査定を受けることをおすすめします。 とにかく急いで処分したい場合、手間や時間をかけられない場合は、近場のリサイクルショップや不用品買取業者を利用することもできますが、海外ブランドの製品などを高く評価してもらえないこともあります。    

5.まとめ

フロアスタンドライト、フロアライトなどの照明器具を、お得に処分する方法についてご紹介しました。 ライフスタイルや好みのインテリアに合わせて、さまざまなスタイルの照明器具を選ぶ人が増えてきています。まだ十分に使える状態のフロアスタンドライトを処分する際は、ぜひ中古買取を試してみてはいかがでしょうか。  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。