小型家電リサイクルってどんなもの?具体的な利用方法が知りたい!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

小型家電リサイクルってどんなもの?具体的な利用方法が知りたい!

リサイクルといえば、家電リサイクル、パソコンリサイクルが国内ですでに実施されており、2003年にスタートした家電リサイクル(テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコン)は、全国に広く浸透しています。

 

今回ご紹介するのは、小型家電リサイクル。

携帯電話やスマートフォン、デジタルカメラ、ラジオ、CDプレイヤーやゲーム機などの家電製品を対象としたリサイクルの制度です。

小型家電リサイクルの詳しい内容と利用方法について、ご紹介します。

 

 

1.新たにスタートした、小型家電リサイクル法とは?

2013年に、「使用済小型家電リサイクル」がスタートしました。

正式名称は「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律」。環境省が制定した、国の法律です。

その目的は、家電製品の中に含まれている貴金属を回収すること。そして、有害な物質を適正に処理すること。今まで、燃えないごみ(不燃ごみ)として捨てられていた小型家電を自治体や小売店、認定業者などを通して回収、認定事業者が再資源化を行います。

 

小型家電リサイクル法が施行された背景とは?

「都市鉱山」をご存知でしょうか?

日本国内で、使われなくなって眠っている、あるいはごみとして処分される小型家電の量は、1年間でおよそ65万トンほどになると考えられています。その中には、金や銀、レアメタルなどの希少な金属が大量に含まれており、その全てをお金に換算した金額は、なんと844億円!。

ものすごい量の貴重な金属が、日本中に眠っているのです。「都市鉱山」とは、使われなくなった小型家電のことをさします。都市鉱山に眠っている金属を発掘することが、小型家電リサイクルの目的です。

 

小型家電リサイクル法に関する問い合わせ先・参考サイト

<環境省環境再生・資源循環局>

総務課 リサイクル推進室 小型家電リサイクル法担当

TEL:03-3581-3351

 

<経済産業省産業技術環境局>

資源循環経済課 小型家電リサイクル法担当

TEL:03-3501-1511

 

<参考サイト>

小型家電リサイクル

小型家電リサイクル回収ポータルサイト

 

 

2.リサイクルの対象となる家電製品は?

小型家電リサイクルの対象は、「制度対象28品目」として指定されています。

 

小型家電リサイクルの制度対象28品目

1) 有線通信機械器具

電話機、ファクシミリ、変復調装置(モデム)、ルーター・スイッチ

 

2) 無線通信機械器具

携帯電話端末(公衆用PHS端末、スマートフォンを含む)、カーナビゲーションシステム、ETC車載ユニット、VICSユニット

 

3) ラジオ受信機及びテレビジョン受信機

 

4) 映像用機械器具

デジタルカメラ、ビデオカメラ、ビデオテープレコーダ/プレーヤ、DVDレコーダ/プレーヤ、BDレコーダ/プレーヤ、BS/CSアンテナ、カーカラーテレビ

 

5) 電気音響機械器具

テープレコーダ、CDプレーヤ、MDレコーダ/プレーヤ、デジタルオーディオプレーヤー、ステレオセット、ICレコーダ、補聴器、カーラジオ

 

6) パーソナルコンピュータ

ノートブック型/スレート型、デスクトップ型(タワー型及び一体型を含む)、タブレット型

 

7) 記憶装置

磁気ディスク装置、光ディスク装置その他の補助記憶装置(ハードディスク、USBメモリ、メモリーカード)、ゲームソフト

 

8) 印刷装置

プリンター、フォトプリンター、モニター(パーソナルコンピュータ用)、キーボードユニット

 

9) ディスプレイその他の表示装置

モニター(パーソナルコンピュータ用)、プロジェクター

 

10) 電子書籍端末

 

11) 電動ミシン

 

12) 電動工具

電気グラインダー、電気ドリル、電気ポリシャ、電気サンダ

 

13) 事務用電気機械器具

ワードプロセッサ(モニターを含む)、電卓、電子辞書

 

14) 計量用又は測定用の電気機械器具

電子式ヘルスメーター(体組成計、体脂肪計)、電子式ベビースケール、電気式温湿度計、デジタル歩数計

 

15) 医療用電気機械器具

治療浴用機器及び装置、家庭用電気・光線治療器、家庭用磁気・熱療法治療器、家庭用吸入器、家庭用医療用物質生成器

 

16) フィルムカメラ

 

17) 台所用電気機械器具

電子ジャー炊飯器、食品洗い乾燥機(卓上型)、トースター、ホットプレート、ミキサー、ジューサー、フードプロセッサー、電気製めん機、電気もちつき器、コーヒーひき機

 

18) 空調用電気機械器具

扇風機、電気除湿機、サーキュレーター、送風機

 

19) 衣料用又は衛生用の電気機械器具

電気アイロン、裁縫用電気こて、電気掃除機、ハンドクリーナー、床みがき機

 

20) 保温用電気機械器具

電気こたつ、電気ストーブ、電気毛布

 

21) 理容用電気機械器具

ヘアドライヤー、電気かみそり、電気脱毛器、電気ハサミ、電動歯ブラシ、家庭用噴霧器、風呂水用電気ポンプ、電気アクアリウム用品

 

22) 電気マッサージ器

 

23) ランニングマシンその他の運動用電気機械器具

 

24) 電気芝刈機その他の園芸用電気機械器具

 

25) 電気照明器具

蛍光灯器具、照明器具、携帯用電気ランプ(懐中電灯を含む)

 

26) 電子時計及び電気時計

 

27) 電子楽器及び電気楽器

電子キーボード、電気ギター、電子ギター

 

28) 電子玩具及び電動式玩具

据置型ゲーム機、携帯型ゲーム機、ハンドヘルドゲーム(ミニ電子ゲーム)

 

 

3.小型家電リサイクルを行っている自治体

小型家電リサイクルの回収活動は、家電量販店などの小売店を通して行われる場合もありますが、基本的に、市町村などの自治体により行われています。

具体的な回収方法としては、「ボックス回収」、「ピックアップ回収」、「ステーション回収」などがありますが、ボックスをどれくらい設置するか、ステーション回収などをどれくらいの頻度で実施するかということについては、自治体ごとに決められています。全ての自治体が小型家電リサイクルを行っているわけではなく、採用している回収方法も、自治体ごとに異なっています。

 

小型家電リサイクルを実施している自治体はどれくらい?

2017年に総務省が実施した「小型家電リサイクルの実施状況に関する実態調査」に、全国の市町村における小型家電リサイクルの実施状況が報告されています。

2016年4月時点に小型家電リサイクルを実施している自治体は、70.3%。実施に向けて調整を進めている自治体を含めると76.5%となっています。ちなみに、政令指定都市のうち実施している市町村の割合は95%となっており、人口規模の大きい自治体ほど実施割合が大きくなっていることがわかります。

 

名古屋市の小型家電リサイクル

名古屋市では、2014年2月より、小型家電リサイクルを実施。市内の総合スーパー、区役所などに回収ボックスを設置しています。2017年3月時点の回収ボックス設置場所は、区役所のほか、イオン、マツヤデンキ、カインズ、アピタなど57カ所となっています。

ステーション回収、ピックアップ回収などは実施されていませんが、小型家電の回収イベントが計画されています。

 

 

4.小型家電リサイクルの利用方法

リサイクルの実施方法として最も多いのは、公共施設や小売店などに回収ボックスを設置する、ボックス回収です。そのほか、ステーション回収、ピックアップ回収、集団回収・市民参加型回収、イベント回収、清掃工場への持ち込み、個別訪問回収などがあります。

名古屋市では、ボックス回収を中心とした小型家電リサイクルを実施しています。

 

小型家電回収ボックスの利用方法

区役所や小売店など、市内各所に回収ボックスが設置されていますので、利用者はボックスに小型家電を直接投入します。ボックスは常設ですが、各施設がオープンしている時間にのみ利用することができます。

ボックスの入り口のサイズ(縦15cm×横40cm×奥行25cm)以内の家電製品を、ボックスに入れることができます。このサイズを超える家電製品は、不燃ごみまたは粗大ごみとして出すか、パソコンリサイクルを利用して処分します。

 

 

5.まとめ

2013年にスタートした「小型家電リサイクル」について、具体的な利用方法などをご紹介しました。

身近なところから少しずつリサイクル活動を広げていくことで、限られた資源を活かし、地球の環境を守ることができます。小型家電リサイクルは、今後さらに、全国の自治体に広がっていくことが予想されます。

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。