増え続けるキッチン家電の正しい管理方法、お得な処分方法-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

増え続けるキッチン家電の正しい管理方法、お得な処分方法

すっきりと片付いた、機能的で清潔なキッチンにあこがれます。

でも現実は、狭いスペースに物があふれ、掃除が行き届かないベタついたキッチンで、毎日あわただしく調理をしています。

 

それほどたくさんの食器を持っているわけでもなく、食材もそれほどストックしているわけでもないのに、一体どうしてこんなことになってしまうのでしょうか?

その原因のひとつは、狭いキッチンのスペースを占める、たくさんのキッチン家電!それほど頻繁に使うわけでもないのに、所狭しと並んでいる家電の数々が、キッチンを使いにくくしているのです。

 

次々と新しい便利な製品が発売される、キッチン家電を、上手に、使いやすく管理する方法について考えてみたいと思います。

 

 

1.自宅のキッチンがごちゃごちゃしてしまう理由

豪邸に住んでいるのでもない限り、自宅の中のキッチンスペースは限られています。余裕のある戸建て住宅の場合はゆとりのある間取りにすることもできますが、集合住宅の場合は、キッチンにそれほど大きなスペースを確保することはできません。

その狭いスペースに、料理をするためのさまざま調理道具、食器類、調味料、食材が保管されているため、キッチンはどうしても物でいっぱいになってしまいがちです。

 

キッチンスペースを占有してしまうキッチン家電

物でいっぱいのキッチンに、さらに家電製品が加わるとどうなるでしょう。

キッチン家電はサイズが大きいものが多いので、それがあるだけで、カウンターの上や戸棚の中、引き出しの中と、スペースをたくさん必要とします。調理をするための作業スペースまで、物で埋め尽くされしまいかねません。

とはいえ、家電製品は、もはやそれ無しでは毎日の生活が成り立たない、キッチンの必需品でもあります。上手に選んで管理することで、使いやすく快適なキッチンにすることができます。

 

調理に欠かせないキッチン家電といえば?

キッチン家電を購入するときは、本当に必要なものかどうかをよく吟味して選ぶことが大切です。調理に絶対に欠かせないキッチン家電といえばなんでしょうか?

まずは、冷蔵庫。一般的な冷凍冷蔵庫のほかに、冷凍食品の保存用の冷凍庫や、飲み物専用のクーラーを持っている方もいるかもしれません。

そして、電子レンジ、またはた、オーブンレンジも必需品です。大型のスチームオーブンレンジや、パンを焼くためのトースターや、もう少し幅広く使えるオーブントースターを使っている方も多いようです。

そのほか、炊飯器、電気ポット、コーヒーメーカー。ガスコンロの代わりに、IHクッキングヒーターを使うケースもあります。食器洗い乾燥機、乾燥機を使う人も多いでしょう。これらのキッチン家電を置くスペースは、優先的に確保します。

<キッチン家電の必需品>
・冷凍冷蔵庫(冷凍庫、冷蔵庫)
・電子レンジ(トースター、オーブントースター)
・炊飯器
・電気ポット(電気ケトル)
・コーヒーメーカー
・食器洗い乾燥機(乾燥機)

 

どんどん増えてしまう便利なキッチン家電

続いて、なくてもなんとかなる、便利なキッチン家電。

よく料理をする方なら、ブレンダー、フードプロセッサー、ミキサー、ホームベーカリー、ヨーグルトメーカー、電気圧力鍋、スチーマー。

家族で食卓を囲む、卓上コンロ、ホットプレートや電気グリル鍋。電気フライヤー、ノンフライヤー、赤外線ロースター。

さらに、コーヒーミル、エスプレッソマシン。ホットサンドメーカー、炭酸水メーカー、たこ焼き器、ジューサー、ワインセラーなどもあります。

次々と発売される、新しい便利なキッチン家電、ついつい欲しくなってしまいますよね。でも、すべてを揃えようと思ったら、キッチンの作業スペースがすべて物で埋め尽くされてしまいます。

 

2.キッチンに要らない物を増やさない工夫

毎日の調理、生活に絶対に必要な、必需品のキッチン家電と、あると便利なキッチン家電を、しっかり区別することが大切です。必需品のキッチン家電は最優先で購入、そのあと、便利なキッチン家電の中から、本当に欲しいものだけを選びます。

 

どれを買う?便利なキッチン家電

便利グッズの中には、なくても困らないものがたくさんありますが、便利なキッチン家電は、生活に楽しさと彩りを与えてくれます。

便利なキッチン家電が欲しくなったら、本当に自分が使うかどうか、どんな場面で使うのかをイメージして、十分に検討してから買うようにしましょう。通販番組をぼんやり眺めていて、つい買ってしまったキッチン家電は、使われない確率が高くなるので要注意です。

 

買い替えたら、古いものを処分する

例えば、電気圧力鍋を新しく購入したら、今まで使っていたガスコンロで使う圧力鍋はどうしますか?

とりあえず取っておく、という方が多いのではないでしょうか。

まだ使えるものを捨ててしまうのはもったいないし、もしかしたら、同時に2種類の真空調理をしたくなるときがくるかもしれません。でも、そんなチャンスは、おそらく10年に1度しか起こらないでしょうし、災害などで電気が止まってガスだけが使えるなんていうシチュエーションになったとしても、圧力鍋で料理をするかどうかはわかりません。

買い替えたら、古いものを処分するように心がけることで、キッチンの収納スペースを有効に使うことができます。

 

 

3.コンパクトなキッチンを使いやすくする工夫とは?

限られたキッチンスペースを有効に使うために、どのような工夫ができるでしょうか?

 

見せる収納と、片付ける収納

すべての調理道具を出しておきたいところですが、それでは作業スペースがなくなってしまいます。見せる収納と片付ける収納を区別することで、キッチンをすっきり使いやすくすることができます。

 

炊飯器、電子レンジやオーブントースター、電気ポット、コーヒーメーカーなど、毎日使うもの、一日に何度も使うような家電は、すぐに使えるようにカウンターなどに置いてあると思います。これらは、見せる収納です。

どのような家電を頻繁に使うかはご家庭によってさまざまなので、ミキサーで毎日ジュースをつくる、料理のたびにブレンダーを活用しているといった場合は、それらをより使いやすい場所に置いておきます。

片付ける収納は、ときどきしか使わない、ホットプレートやたこ焼き器、ホットサンドメーカーなど。扉の中や棚の中にしまっておいて、使う都度取り出します。

 

箱を保管しておくほうが、中古で高く売れる?

キッチン家電を、購入時の箱に入れて収納している方もいらっしゃると思います。

中古で売る際に、箱があったほうが高く売れるのですが、頻繁に出し入れをしたり、キッチンに長く置かれていた箱は汚れたり傷んだりするので、査定ではあまり高く評価されません。より高く売るために箱を保管しておくのであれば、折りたたんで別の場所に保管することをおすすめします。

キッチン家電は、箱のまま使い続けるよりも、ビニール袋に入れたり、布をかけてしまっておくほうが、取り出しやすくて便利です。

 

 

4.要らない家電のお得な処分方法とは?

買ったけどほとんど使っていない、もらったけどあまり役立てられなかった家電がキッチンに眠っている場合は、それらが古くなってしまわないうちに売ってしまうことをおすすめします。

冷蔵庫はリサイクルが必要な家電となっていますが、状態の良いものは買取が可能です。

 

売れるキッチン家電の条件とは?

人気のある有名メーカーの製品、新製品、人気商品、ほとんど新品に近い状態のものは、高値での買取が期待できます。

そのほか、炊飯器、電子レンジ、フライヤー、ホームベーカリー、電気ポットなどは、中古でも人気があるので、高く買い取ってもらえるようです。

 

 

5.まとめ

増え続けるキッチン家電を上手に管理する方法、不要になったキッチン家電をお得に処分する方法についてご紹介しました。

ぜひ、参考にしてみてください!

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。