要らなくなった家具をリメイクでよみがえらせる!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

要らなくなった家具をリメイクでよみがえらせる!

タンス、本棚、ベッド、テーブル、椅子など、家の中にはたくさんの家具がありますよね。

ひとつのものを長く使い続けるのが理想的ですが、実際、なかなかそういうふうにはいきません。古くなったものを買い替えたり、引っ越しや模様替えで置く場所がなくなってしまったりした家具は、どうにかして処分しなければなりません。

 

要らなくなった家具は、売る、リサイクルする、粗大ごみに出すといった方法で、処分することができますが、リメイクして再利用するという方法もおすすめです!

 

今回は、要らなくなった家具を捨てずにリメイクして有効利用する方法について、ご紹介したいと思います。

 

 

1.家具を処分する5つの方法

買い替えで不要になった家具や、引っ越し先に持っていけない家具、要らなくなった家具は、皆さんどのように処分していますか?

家具を処分するには、粗大ごみとして廃棄処分するほかに、まだ使える状態のものなら売ったり、譲ったり、リサイクルに出すという方法があります。

 

<家具を処分する5つの方法>
1) 粗大ごみとして処分する
2) 売る
3) 必要な人に譲る
4) リサイクルに出す
5) リメイクする

 

新しいものや、状態の良い家具、有名メーカーの製品であれば高く売れる可能性があるので、思い切って売ってしまう方法が良さそうです。多少状態の悪いものでも使ってくれる人が見つかれば、無料で譲ってしまう方法もおすすめです。

しかし、少し古くなっている家具や、デザインやかたちがニーズに合わないもの、目立つ傷や汚れのあるものは買い手がつかないので、売ることができません。かといって、まだ十分に使える状態の家具を廃棄処分してしまうのは気が引けます。お気に入りの家具だった場合にはなおさらですよね。

地域によっては、家具をリサイクルするために引き取ってくれる施設があります。ただし、自分で持ち込まなければならないなど、条件があるケースが多いようです。

 

そこでおすすめしたいのが、要らなくなった家具を好みのサイズ・デザインにリメイクして再利用するという方法!

例えば、大きすぎる棚を小さくたり、学習机の棚を外してテーブルとして利用したり、タンスの引き出しを外して棚として再利用するなど、いろいろなリメイクの方法があります。

 

 

2.使っていない家具をリメイク!

要らなくなった家具をリメイクする場合、いきなりペンキを買ったり、切り始めるのではなく、よく検討して、計画を立ててから始めることが大切です。

 

自分でDIY?それとも業者にリメイクを依頼する?

まず、家具をリメイクして再利用するには大きく2つの方法があります。

(1) 自分でリメイクする

(2) 業者にリメイクを依頼する

 

DIYが趣味という方や、自宅にDIYの道具・環境がそろっている、DIYのやり方をよく知っている、知人や家族に手伝ってもらえる・教えてもらえる、DIYに興味があってやってみたいという方には、(1)自分でリメイクする方法がおすすめです。

 

しかし、リメイクしたい気持ちはあっても自分でできるかどうか不安、本格的な出来上がりを求めたいという方は、(2) 業者にリメイクを依頼する方法のほうが安心です。

無理にリメイクにチャレンジして、元の家具を台無しにしてしまったり、想像していたものとまったく違う仕上がりになり、結局捨ててしまったというような失敗を避けることができます。

 

本格的な家具リメイク or 簡単リメイク

家具のリメイクって大変そう!って思っていませんか?

 

要らなくなった自分の家具をリメイクする方法はひとつではありません。

例えば、表面の色を変えたい場合、家具専用のデコレーションシートを買って貼るだけならとても簡単!シートは100均で買うこともできます。スプレータイプの塗料を塗ったり、もっと本格的にやりたいなら、元の塗料をやすりで削り、ニスでコーティングして自然な風合いに仕上げることもできます。

背の高い棚を一部カットして小さくしたり、テーブルの脚を短くしてちょうどよいサイズにリメイクするほか、棚にキャスターをつけて使いやすくするリメイクもあります。

 

簡単に済ませるか、本格的にリメイクするかによって、作業にかかる時間や手間はかなり違ってきます。

時間と手間、お金をどれくらいかけることができるかは、そのときの状況によって違ってくると思いますので、自分の都合に合わせたリメイクを計画しましょう。

 

 

3.みんなに教えたい!家具のリメイク事例

ぜひ参考にしたい、リメイクの事例をご紹介します!

 

婚礼ダンスをテレビ台にリメイク!

家庭で使われる家具の中で、大きくて処分が難しいものといえば、婚礼ダンスではないでしょうか。

引っ越しをしたら、大型サイズの婚礼ダンスを置く場所がなくなってしまったというようなケースが意外とあります。クローゼットが備わった家に引っ越して使わなくなってしまうようなケースもあるでしょう。

 

しかし、婚礼ダンスはとても大きくてしっかりとしたつくりのものが多いので、家から運び出して処分すること自体とても大変!さらに、結婚したときにあつらえた大切な家具なので、使わなくなっても処分しづらいという方も多いと思います。

 

そこでおすすめしたいのが、婚礼ダンスのリメイク!

婚礼ダンスをリメイクするなら、テレビ台がおすすめ!お気に入りの婚礼ダンスの色やデザインをそのまま残してリメイクすれば、思い入れのある大切な家具を、リビングに置いて長く使い続けることができます。

 

婚礼ダンスはサイズも大きく、解体がとても難しいので、専門の業者にリメイクを依頼する方法がおすすめです。婚礼ダンスからリメイクしたテレビ台やテレビボードが、ネットなどでも多数紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

学習机は、棚と机に分解してリメイク!

処分を検討する家具といえば、子どもが成長したら要らなくなってしまう学習机ですね。

学習机は上部の棚と机部分とに分解可能なタイプが多いので、自分でリメイクして、テーブルや作業机として使っている方が多いようです。

本体を切ったりする必要がないので、自分で好きなように気軽にリメイクしてカスタマイズできるのがいいですね!

 

取っ手を変えたり、リメイクシートを貼るだけで、雰囲気がガラっと変わるので、リビングのインテリアに合わせることもできます。学習机をリメイクした引き出しつきのテーブルは、パソコンデスクとして使うのがおすすめです。

 

使いづらい座卓がテーブルに変身?

畳の部屋をフローリングにリフォームして、座卓から椅子とテーブルの生活に変えるというケースもたくさんあると思います。

そんなときぜひおすすめしたいのが、座卓からテーブルへのリメイクです。

 

一枚板や国産の無垢材、ウォールナットや黒檀、紫檀を使った高級な座卓は長く使い続けることができるので、捨ててしまうのはとてももったいない!座卓をテーブルにリメイクすれば、古い机を捨てる必要も、新しいテーブルを買う必要もありません。

テーブルの雰囲気に合わせた椅子をそろえれば、テーブルセットとして使うことができます。

 

座卓からテーブルへのリメイクは、専門の業者に依頼する方法がおすすめです。

DIYの経験が豊富で、必要な機材や作業する場所がそろっている場合は自分でチャレンジすることもできますが、本格的なDIYの経験がない場合はできるだけプロに任せましょう。少しお金がかかりますが、安心して長く使い続けることができます。

 

テーブルから座卓へのリメイクも、もちろん可能です!

 

 

4.まとめ

要らなくなった家具をリメイクして、インテリアに合わせた好みの家具に作り替える方法についてご紹介しました。

廃棄処分せずに家具を再利用することができます。ぜひ、参考にしてみてください!

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。