いらないものを捨てる前に「リサイクルで社会貢献」しませんか?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

いらないものを捨てる前に「リサイクルで社会貢献」しませんか?

家の中には、使っていないものがたくさんあります。

 

物置き、押し入れ、クローゼットの奥に、この先使う予定のないものがたくさん詰め込まれていませんか?

本棚に並んだまま10年以上も動かしていない本、CD、DVD。引き出しの中の使っていない文房具。クローゼットにぎっしりつまった、ほとんど着ていない洋服。引き出しに入っている、さまざまな細かいもの。

このような品々を思い切って処分できれば、家の中がどんなにスッキリするでしょう。

 

わかってはいても、それはなかなか難しいことですよね。

傷んでいたり、もう使えないような状態のものであれば思い切って処分することもできますが、まだ使える状態のものを捨ててしまうのは、もったいない!ついつい、そう思ってしまいます。

 

では、いらないものを捨てずに社会の役に立てる、「リサイクル」という方法を試してみるのはいかがでしょうか?

家の中に眠っているいらないものを「リサイクルで社会貢献」する方法をご紹介します!

 

 

1.使っていない・いらないモノを処分すべき理由

お店にモノがあふれ、いつでもどこでも気軽にモノを買える社会で暮らしていると、ついつい家の中にモノを増やしすぎてしまいます。

気がつけば、いつか使うかもしれない、どこかで役立つかもしれない、要らないものに囲まれて暮らしている。そんな状況になってしまっていませんか?

 

必要なモノが家に用意されているのはとてもありがたいことですが、今必要のないモノまで置いておこうとすると、当然ですが、家の中はモノだらけになってしまいます。

クローゼットやタンスの中には、使っていないモノや服がぎっしりつまっているため、普段使用しているモノや服は、リビングやベッドの上が定位置に!本来なら、ゆったりとくつろいで過ごすはずの場所が、物置になってしまっていては、QOL(生活の質)を保つことができません。

 

快適な生活を送るためには、家の中にあふれるモノを整理して、要らないものを処分することが大切です。

 

 

2.不用品を処分する4つの方法

家庭から出る不用品を処分するには、どのような方法があるのでしょうか?

捨てる(廃棄処分する)方法が最も手軽ですが、場合によってはお金がかかります。まだ使えるものなら、売ることでお金に変えることができます。そのほか、必要としている人に無料でゆずる、リサイクルするという方法があります。

・捨てる(廃棄処分する)
・売る
・無料でゆずる
・リサイクルする

 

不用品を捨てる(廃棄処分する)

いらないものを捨てる場合、自治体のごみ収集に出す方法が最も簡単でお金もかかりません。ただし、分別が必要、種類ごとに出せる曜日が異なる、粗大ごみは有料という注意点があります。

大量にある場合や、運搬の手間がかかる大きな家具や家電製品の場合は、手数料を払って、民間の不用品回収業者に回収処分を依頼する方法もあります。

 

不用品を売る

まだ使えるものや、価値のあるものは、リサイクルショップや不用品回収業者、中古品を専門に扱う業者に売ってお金にすることができます。少し手間がかかりますが、ネットフリマサイトなどを利用することで、さらに高く売ることができます。

 

不用品を無料でゆずる

知り合いや地域の人に、無料でゆずってしまう方法はとてもおすすめです。

ただし、家具や家電製品などサイズの大きなものの場合は、どのようにして受け渡しをするか、遠方の場合はどちらが送料を払うかといったことを、しっかりと確認しておく必要があります。

 

不用品をリサイクルする

リサイクルの手段はたくさんあります。

ビン・缶・ペットボトルを分別してごみに出すこともリサイクルですし、家電製品をメーカーが回収して処理することもリサイクル、まだ着られる古着などを捨てずに売ることもリサイクルの一環です。

そのほかに、家庭や企業から出る不用品を必要な人に届ける、あるいは、お金に変えて必要な人に使ってもらうことで社会に役立てるというリサイクルの方法があります。

 

不用品をリサイクルして社会に役立てる仕組みは、近年、大きな注目を集めています。

 

 

3.いらないものをリサイクルして社会貢献!

国内外のたくさんの団体が、モノやお金の寄付を募って社会に役立てる活動を行っています。

もちろん、最近始まったことではなく、ずっと以前から行われていたプロジェクトもあるのですが、インターネットやSNSが発達したことで、その活動が広く知られるようになりました。モノを寄付する方法や手段もどんどん工夫されて便利になり、以前よりもずっと、寄付をしやすくなってきているようです。

送料を負担してくれる団体もありますが、送料を寄付する方に負担してもらうことで、より多くの寄附金を必要な人に届けることができます。

 

要らない本を寄付して社会貢献

本棚に眠っている、もう読む機会のない本やCD、DVDなどをまとめて送るだけで、本を売ったお金を募金として必要な人のところに届けてくれるプログラムがあります。

下記にご紹介しているプログラムのほかにも、学校や公共機関などでも本の寄付を受けつけているところがたくさんありますので、ぜひネットで検索してみてください。

 

▶ BAJ(Bridge Asia Japan)

認定NPO法人 ブリッジ エーシア ジャパンの「HAPPY BOOK」プログラムでは、本やCD・DVDなど、物品による寄付を受け付けています。

本は30点以上、CD・DVD・ゲームなどのソフトは5点以上の場合、送料無料になります。

https://www.baj-npo.org/happy_book.html

 

▶ 古本募金 きしゃぽん

企業が運営する、本・DVDなどリサイクル換金して寄付する、募金システムです。

本5冊以上の場合、送料無料になります。

http://kishapon.com/

 

▶ 大学古本募金

いろいろな大学に本を寄付することで、学校の運営資金などとして役立てることができます。

本5冊以上の場合、送料無料になります。

https://www.furuhon-bokin.jp/

 

古着を寄付して社会貢献

要らない洋服を寄付することで、社会に役立てることができます。

 

▶ 特定非営利活動法人日本救援衣料センター

まだ使える服を寄付してもらい、貧困や自然災害、紛争などで避難している人に衣類を届けるプログラムです。

https://www.jrcc.or.jp/donation.html

 

▶ セカンドライフ

NPO法人グッドライフでは、古着やさまざまな不用品を寄付してもらい、お金に変えて世界の子どもたちにワクチンを送る支援活動を行っています。

https://www.ehaiki.jp/second/irui/

 

 

ハガキや切手を寄付して社会貢献

未使用官製ハガキ、書き損じた官製ハガキ、未使用切手、使用済み切手などを集めて送ることで、役立てることができます。

 

▶ JCV(Japan Committee, Vaccines for the World’s Children)

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会では、未使用ハガキや切手、使用済み切手を集めて換金し、開発途上国の子どもたちにワクチンを贈っています。

使用済み切手もお金になりますので、ぜひ集めてみてください!

https://www.jcv-jp.org/news/activity/20181115

 

▶ 養護盲老人ホームひとみ園

社会福祉法人日本失明者協会では、養護盲老人ホームを運営するため、未使用の官製ハガキや切手、書き損じの官製ハガキ、未使用のクオカード・図書カードなどの寄付を受け付けています。

https://hitomien.jimdofree.com/%E5%AF%84%E4%BB%98%E9%87%91%E7%AD%89%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84/

 

 

不用品を寄付して社会貢献

本、古着、ハガキ以外にも、さまざまな不用品を寄付することで、役立てることができます。

 

▶ ECO Trading 不用品宅配回収

株式会社ウォークでは、家にあるさまざまな不用品を寄付してもらい、アジア諸国のリサイクルショップで販売。売上金を寄附する活動を行っています。また、現地法人を通じて、子どもたちにぬいぐるみやおもちゃを直接届けています。

https://eco-friendly.site/

 

 

4.まとめ

家の中に眠っている要らないものを寄付することで役立てられる、さまざまな「リサイクルプログラム」のほんの一部をご紹介しました。

家の中をすっきり片づけながら、さらに、社会貢献することができます!ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。