部屋の片づけ・模様替え・大掃除に適した季節はいつ?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

部屋の片づけ・模様替え・大掃除に適した季節はいつ?

新年が始まり、年末の大掃除ですっかりきれいになったお部屋で、皆さん新しい気持ちで新しい一年をスタートされたことと思います。

 

大掃除は長年続いている日本の風習なので、子どもの頃からなんの疑問もなく続けていますが、一体なぜ、一年で一番忙しくて寒い時期に大掃除をするのでしょうか?疑問に思ったことはありませんか?

そもそも、この時期は、大掃除や部屋の片づけ、模様替えをするのに適しているのでしょうか?

 

そんな疑問について、お答えしていきたいと思います。

 

 

1.日本では、年末といえば大掃除!

 

年末といえば、大掃除!

家じゅうをきれいに掃除して、お正月を迎える準備をする、新しい年(年神様)をお迎えするために家の中を清めるというのが、大掃除の目的です。昨年の年末、皆さんも大掃除をされたことと思います。

現在では大掃除の内容もずっとコンパクトになりましたが、家族総出で掃除をしたり、障子やふすまを貼り替えたり、子どもの頃に、そんな経験をした方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

それにしても、12月の真冬の時期、年末のただでさえ忙しい時期に大掃除をするのは、一体なぜなのでしょう?そんな疑問を持つ方も、いらっしゃるはず。

 

年末の大掃除の由来は「すす掃い」

年末に大掃除をする習慣は日本独自のもので、その歴史は平安時代までさかのぼるそうです。

昔の家では暖房や調理のために、室内で炭や木(薪を)を燃やしました。灯りとしてろうそくを使うこともありました。そのため、天井や壁に黒い「すす(黒いもえかす)」がこびりついてしまったのだそうです。

確かに、天井が真っ黒になった古い木造の家屋をテレビで見たことがあります。

 

平安時代、宮中では、年末の行事のひとつとして、すす掃いが行われていました。そのことから、年末に大掃除を行うという習慣が民間にも広がっていったといわれています。

 

 

2.海外にもあった!大掃除の習慣とは?

日本では当たり前の、年末の大掃除の習慣。海外では、どのように行われているのでしょうか?

 

年末に大掃除をするのは日本だけ!

一年を通して、多くの人が同じようなタイミングで掃除を行うという習慣は、海外にもないわけではありません。が、冬の寒い時期や年末に掃除をするという国は、残念ながらほかにはありません。

 

例えば、きれいに片付いた家に住み、ハウスキーピングに力を入れているように見えるドイツでも、年末にわざわざ大掃除をするということはありません。普段からこまめに掃除をしているので、あえて大掃除をするということはないようです。

クリスマスに大きなツリーを飾って特別な過ごし方をしている海外の国々でも、飾りつけをしているだけで、部屋の掃除をしているわけではありません。

 

年末に大掃除をする日本の習慣は、世界的に見てもかなり珍しいもののようです。

 

毎月、国民総出で掃除をする国「ルワンダ」

年末の大掃除ではありませんが、世界では、日本のように国民総出で掃除をする習慣を持つ国があります。それは、アフリカ東部、内陸部に位置する小さな国、ルワンダです。

 

ルワンダでは、毎月最終土曜日の午前中、国民全員が清掃活動を行う「ウムガンダ」という取り組みを長年にわたり続けています。

これは国民の義務で、その時間は仕事をストップして全員が掃除に参加!そのため、街中とてもきれいでごみひとつ落ちていないのだそうです。

 

冬の間にたまった汚れを掃除する「Spring cleaning」

海外では大掃除の習慣はないと述べましたが、ヨーロッパやアメリカの一部の地域では、冬の間にたまった暖房器具によるよごれ(すす)を、春に一斉に掃除するという習慣があります。

「Spring cleaning(スプリングクリーニング)」と呼ばれるもので、現在でも、春になると閉め切っていた窓を開けて部屋を掃除するという人が多いそうです。

 

「すす掃い」から始まった日本の大掃除、すすを掃除することから始まったヨーロッパのスプリングクリーニング、どちらも同じ由来を持っている点が興味深いですね。

ただし、お正月だから掃除をするという日本の大掃除に対し、欧米のスプリングクリーニングは、暖房を使う季節が終わったから掃除をするというごく自然な習慣であり、必ずしもやらなければならない!というものではないようです。

 

 

3.部屋の片づけ・模様替え・大掃除に適した季節とは?

年末の大掃除では、窓ふきや、普段は掃除していない汚れがたまっている場所の掃除をすることが多いと思いますが、寒くて手がかじかんでしまうし、固まった汚れがなかなか落ちなくて大変ですよね。

そう!冬に寒い時期は、掃除にはあまり向かない季節なのです。

では、掃除に向いている季節はいつなのでしょうか?

 

掃除をするなら、窓を開けられる季節がおすすめ!

壁や天井、部屋中にはたきをかけてほこりを落とし、掃除機をかけ、水拭きをするとき、窓はもちろん、開けますよね。掃除をするときは、部屋の空気を入れ替え、湿気を外に出すことが大事です。

ですので、掃除をするなら、窓を全開にして過ごすことができる暖かい季節の、「晴れか曇り」の「空気の乾いた日」がおすすめ!

 

湿気が多く、窓を閉めてエアコンをつけていないと過ごせないような夏の暑い時期、寒くて汚れが固まってしまう、窓を閉めて暖房をつけていないと過ごせないような冬の時期は、あまり掃除がはかどらない季節なのです。

夏と冬の時期は、日常の掃除をささっと簡単にすませる程度がおすすめです。

 

ということで、大掃除に向いている季節は「春か秋」ということになります。

春と秋、どちらも掃除に向いていますが、花粉が部屋に入ってくると困るという方は、秋の大掃除がよさそうです。

 

片づけや模様替えは冬がおすすめ

冬の寒い時期は掃除には向いていないと書きましたが、冬場におすすめの作業があります。それは、片づけと模様替え!

特に、モノの整理や片づけ、要らないものを処分したりする作業は、あまり外出せずに家の中で過ごすことの多い冬の時期におすすめです。引き出しの中にたまったモノの整理や、本棚の整理、クローゼットにぎゅうぎゅうにつまった洋服の整理に、じっくり時間をかけることができます。

 

模様替えを検討している場合は、この時期にじっくり計画を立ててみるのもいいですね。

 

 

4.季節ごとに適した片づけ・掃除方法

春夏秋冬、それぞれの季節に適したおすすめの掃除や片づけの作業をご紹介します。

もちろん、これが正しいやり方・ルールというわけではありません。ご家庭によって決まったやり方があると思いますので、その時々で、よりやりやすい方法を選択してみてください。

 

春の大掃除

窓を開けて換気をしながら、部屋中の大掃除をしましょう。冬の間使っていた暖房器具を掃除して、次のシーズンに気持ちよく使えるようにしておきます。

・天井や壁のホコリをおとす
・エアコンの掃除
・窓掃除
・換気扇の掃除
・暖房器具を掃除して収納する

 

夏は大物の洗濯

洗濯物が乾きやすい夏の時期は、洗濯におすすめの季節。普段の洗濯に加え、カーペットや冬に使う厚手の毛布などを洗濯しましょう。

カーテンはシーズンごとの洗濯がおすすめですが、天気が悪くて洗いそびれてしまうこともあります。夏場に必ず洗うようにしておくと安心です。

・カーテンの洗濯
・カーペットの洗濯
・毛布の洗濯

 

秋の大掃除

天気の良い日に、部屋中の大掃除をします。扇風機や冷房器具、夏場にしか使わないグッズを掃除して、来シーズンに向けて片づけておきましょう。

・天井や壁のホコリをおとす
・エアコンの掃除
・窓掃除
・換気扇の掃除
・冷房器具を掃除して収納する

 

冬は片づけ・模様替え

秋に大掃除がすんでいるので、冬場は片づけに専念します。要らない服やモノ、たまった書類の整理がおすすめです。

・部屋の片づけ
・たまった書類の整理
・クローゼットの整理
・模様替え

 

 

5.まとめ

模様替え、部屋の片づけや掃除に適した季節、季節ごとのおすすめの掃除方法についてご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください!

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。