使っていない業務用製氷機は中古買取でお得に処分!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

使っていない業務用製氷機は中古買取でお得に処分!

業務用製氷機は、夏場だけでなく、飲食店、スーパー、生鮮食品を扱うお店などで季節を問わず活躍する、欠かせない業務用電化製品・業務用厨房機器のひとつです。

 

今回は、業務用製氷機について、上手な選び方、人気メーカー、正しいメンテナンス方法、お得な処分方法をご紹介します。

 

 

1.飲食店や販売店に欠かせない業務用製氷機


業務用製氷機は家庭で使われることはほとんどありませんが、一般の方にとってもなじみのある業務用品のひとつです。スーパーで保冷用の氷を袋に入れて持ち帰る際に使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

製氷機を必要としているのは、スーパーや小売店だけではありません。飲食店でも、食材を一時的に保冷したり、冷たい飲み物に入れる氷が必要なので、大量の氷を作ることができる業務用製氷機の存在が欠かせません。


業務用製氷機は決して安いものではないので、必要な分だけ市販の氷を買うほうが一時的には安そうに思えますが、トータルのコストやその都度注文したり買いに行く手間を考えると、断然、業務用製氷機のほうがお得!

仕事で毎日たくさんの氷を使うなら、業務用の自動製氷機を設置するほうがよさそうです。

 

 

2.業務用製氷機の種類と選び方

業務用製氷機にはさまざまなタイプがあります。

お店に新しく業務用製氷機を設置する場合は、どのような用途で使うのか、どれくらいの量が必要なのかといったニーズに合わせて選ぶことが大事です。

 

業務用製氷機を選ぶポイントは4つ!

 

1) 製氷能力
1日にどれくらいの量の氷を作ることができるかによって、タイプが分かれています。最も少ないもので、20kgタイプ、100kg以上の大容量タイプもあります。お店で必要とする氷の量に合わせて選びましょう。製氷能力の大きい機種は本体サイズも大きくなるので、設置場所に合わせて選ぶことも大切です。
ちなみに、内部(ストッカー)に氷をストックできる容量とイコールではありませんのでご注意ください。最大ストック容量は、製氷能力の半分程度の量になっている機種が多いようです。

 

2) 氷の種類(製氷方式)
業務用製氷機で氷を作る方式は、2種類あります。
透明の氷を作るのが「セル方式」。シャリシャリしたフレークやチップアイスと作るのが「オーガ方式」です。
セル方式は、不純物をカットした美味しい氷を作ることができます。
オーガ式は、素早く安価に氷を作ることができるというメリットがあります。

 

3) 氷の形
業務用製氷機で作る氷の形はキューブ型のほか細かいチップ型、フレークタイプ、半球型、丸い氷などがあります。
使う目的に合わせて選びましょう。

 

4) 設置場所・使い方
業務用製氷機を設置する場所、使い方によってもタイプが異なります。
卓上に置いて使う卓上タイプ、カウンターの下に設置するアンダーカウンタータイプ、縦型の大きなバーチカルタイプがあります。

 

業務用製氷機のおすすめメーカーは?

国内の複数のメーカーが、業務用製氷機を製造販売しています。


・ホシザキ株式会社
・株式会社ナカトミ
・パナソニック
・FUKUSHIMA(フクシマガリレイ株式会社)
・ダイワ(大和冷機工業株式会社)
・JCM(株式会社ジェーシーエム) など

 

それぞれのメーカーごとに特色のある製品を販売していますが、迷う場合は、最も幅広いラインナップのある「ホシザキ」がおすすめです。
ホシザキ株式会社は1947年設立、日本の業務用厨房機器メーカー。全自動製氷機の製造販売では70%という圧倒的な国内シェアを誇り、海外にも進出しています。

 

 

3.業務用製氷機のお手入れ方法

業務用製氷機は、自動できれいな氷を作ってくれるとても便利な電化製品です。でも、きれいな氷を作り続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

 

業務用電化製品のメンテナンスというと面倒に思われがちですが、毎日フルメンテナンスが必要なわけではありません。毎日の簡単なメンテナンス、週単位、月単位でのメンテナンスなど、タイミングに応じたお手入れを行います。
業務用製氷機に必要な一般的なメンテナンス方法とタイミングをご紹介します。

 

【毎日】扉を拭いて、スコップを洗う

不特定多数の人が直接触るスコップと扉、取っ手部分は、雑菌がつきやすく、特に汚れやすい部分です。
どちらも簡単なお手入れなので、毎日行いましょう。

▶ 扉と取っ手
1) 逆性せっけんを入れたぬるま湯で布巾を濡らしてしぼる
2) その布巾で扉の取っ手部分、外側を拭く

▶ スコップ
1) 次亜塩素酸ソーダを入れたぬるま湯に3分ほどつける
2) 水で洗い流して、しっかり乾かす

 

【週1回】本体外側、パッキン、ストッカーの中を掃除する

氷がたまっているストッカーの中に異物が入ってしまったり、汚れがついてしまうと、氷が汚れ、排水が詰まってしまう原因になります。
週に1回程度、ストッカーの中を掃除するようにしましょう。

 

▶ 本体外側
1) 本体の外側やドアのパッキンを濡らした清潔な布巾で拭く

▶ ストッカー内部
1) ストッカーの中の氷を全て取り出す
2) 逆生せっけんで掃除し、水で洗い流す

 

【月2回】凝縮器エアフィルターを洗って乾かす

業務用製氷機のエアフィルターにホコリや汚れがたまると、冷却性能が下がってしまいます。ホコリがたまりすぎると、故障の原因にもなりますので、月に1~2回必ずフィルターを掃除しましょう。

エアフィルター
1) エアフィルターを取外し、中性洗剤を溶かしたぬるま湯でやさしく洗う
2) 洗剤をすすぎ、しっかり乾かす

 

【月1回】

業務用製氷機を安全に長く使い続けるために、漏電遮断器の機能を定期的に点検するようにしましょう。

▶ 漏電遮断器
1) 「停止」ボタンを押す。排水がはじまる
2) 排水が終ったら、電源スイッチのテストボタンを押す
3) 電源スイッチが自動で「切」になったらOK
4) 電源スイッチを「入」にする

 

【そのほかのメンテナンス】

年に1回、または2年に1回程度、業者に点検を依頼しましょう。

 

業務用製氷機に必要な一般的なメンテナンス方法とタイミングをご紹介しましたが、このほかにも、メーカーが推奨するメンテナンスや、機種によっては独自に必要なメンテナンスなどもありますので、詳しくはマニュアルをご確認ください。

 

製氷機がうまく稼働せず、氷が正常に作れなかったり、動かなくなってしまうと、日々の業務にも大きな影響が出てしまいます。
定期的なメンテナンスを続けることで、きれいな氷を一年中安定して作り続けることができます。また、良い状態で製氷機を長く使うことで、ムダな買い替えのコストを抑えることができます。

 

 

4.要らなくなった業務用製氷機をお得に処分する方法

さまざまな場所で活躍する業務用製氷機は、中古市場もとても活発!
壊れて急に必要になってしまったり、夏場にサブの製氷機を必要としていたり、お店をオープンする際に中古で必要な道具をそろえるなど、中古の業務用製氷機を探しているケースがたくさんあります。
まだ十分に使える状態の業務用製氷機を処分するなら、中古買取でお得に処分する方法をおすすめします!

 

中古の業務用製氷機を売るなら専門業者に!

中古のお得な業務用製氷機は人気があるので、リサイクルショップほか、ネットフリマサイトを通して個人で売ることもできます。
しかし、できるだけ安全に取引をするなら、業務用の厨房機器や電化製品を専門に扱う店舗に買取を依頼する方法をおすすめします。

 

専門業者であれば、製氷機の取り外し・運搬も安心しておまかせできます。業者によっては、多少の不具合があるものでも、修理・メンテナンスできるので買取可能という場合もあるでしょう。
また、中古の業務用電化製品を多数取り扱っているので、幅広い販路を持っているというメリットもあります。

 

中古の業務用製氷機を廃棄処分する方法

不具合、破損個所、目立つ傷があるもの、汚れのひどい業務用製氷機は、残念ですが売ることができません。正しい手順での廃棄処分が必要になります。

業務用製氷機は、「産業廃棄物」として処理しなければならないので、一般廃棄物処理業者では回収できません。産業廃棄物処理に対応可能な業者に、回収・処分を依頼しましょう。
申し込み時に、業務用の製氷機であることを伝えて、回収可能かどうかをしっかり確認しておくと安心です。

 

業務用製氷機の処分・買取見積もりはこちらから

 

 

5.まとめ

スーパーや飲食店などで一年を通して大活躍する「業務用製氷機」について、上手な選び方、正しいメンテナンス方法、お得な処分方法などをご紹介しました。
ぜひ、参考にしてみてください!

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。