お盆休みに遺品整理を行うべき理由と上手な進め方-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

お盆休みに遺品整理を行うべき理由と上手な進め方

親や大切な親族を亡くしたあと、家の中に残されたたくさんの家財道具、思い出の品や趣味の道具、本や衣類、さまざまな持ち物を片づけて処分することを、遺品整理といいます。

遺品整理に、決まったやり方やルールはありませんが、よりスムーズに遺品整理をすすめるために、いくつか工夫できることがあります。遺品整理をすすめる時期やタイミングを選ぶということも重要なポイントです。

 

なかなかすすまない遺品整理をできるだけ早く終わらせるには、お盆休みなど、まとまった休みを取りやすいタイミングが適しています。

 

 

1.遺品整理がなかなか進まない理由


遺品整理は、ただの片づけや掃除ではないので、自分のペースでそう簡単に済ませることはできません。
とはいえ、誰も住まなくなった家をいつまでもそのまま残しておくわけにはいかないので、いつかは整理して処分しなければなりません。残された家に誰かが住むのであればなおさら、できるだけ早く遺品整理を終わらせてしまわなければならないでしょう。

 

遺品を整理するために気持ちの折り合いをつけることは、簡単なことではありません。
なんとかしなければならないとわかっていても、思い出のたくさんつまったモノを捨ててしまうのはとても心苦しく、気持ちを切り替えることができない。そのため、なかなか片づけを進めることができないという状況は、多くの方が経験することだと思います。

 

そしてもうひとつ、遺品整理を簡単にすすめることができない大きな要因があります。
それは、自分一人だけの問題ではないということです。親が残した家や持ち物などの遺品は、兄弟全員のものであり、場合によっては叔父叔母といった親戚もかかわってきます。片づけをすすめたくても、全員の意志がそろわなければ勝手に作業をすすめることはできないのです。

 

 

2.遺品整理に適した時期はいつ?

遺品整理をすすめることが簡単ではない理由には、いくつもの問題があります。

残された家族の気持ちの問題。そして、関係者一同の意見をまとめなければならないという問題。加えて、遠方にある実家の片づけをするためには、仕事を休んでまとまった時間をつくらなければならないという物理的な問題があります。


これらの問題をすべて解決しなければ、いつまでたっても遺品整理を終わらせることはできません。

実家の遺品整理をスムーズに、スピーディに完了したというケースは、まれだと思います。しかし中には、どうしても早急に終わらせてしまわない事情があった、無理にでも終わらせなければならなかったというケースもあったかもしれません。
その場合、気持ちの整理がつかないまますすめてしまった遺品整理について、後悔している。無理にすすめてしまった遺品整理のせいで、兄弟の間にしこりが残ってしまったというようなこともあるのではないでしょうか。

 

すべての問題をパーフェクトに解決することはさすがに難しいのですが、いくつかの問題をクリアして遺品整理をすすめやすくなる時期があります。それは、家族や親せきが集まり、顔を合わせる、長期休みのタイミングです。

 

「お盆休み」が、遺品整理をすすめるのに適している理由

比較的近い距離に暮らしていても、兄弟、叔父叔母、従兄弟、親戚などが顔を合わせる機会は意外と少ないものです。全員が顔をそろえるとなると、年間を通して数えるほどしかないのではないでしょうか。
それぞれが遠方に暮らしている場合は、なおさらです。

お盆休みに親戚が集まったり、親戚の家を訪ねるときは、遺品整理をすすめるチャンスです。遺品整理をする実家に全員が集まるよう計画を立てるのもいいでしょう。
電話やメールでやりとりをすることもできますが、顔を合わせて話をすることで、話が早くスムーズにすすみます。

 

お盆休みは、まとまった休みがとれるチャンス

実家から離れて暮らしているので帰るだけで丸一日かかってしまう、普段は仕事や家のことで忙しく、実家に帰る時間がなかなかとれない。そういったさまざまな事情で、遺品整理をするための時間を確保することができないという方は、たくさんいらっしゃると思います。


普段はなかなか休みをとりづらいという方でも、お盆の時期ならまとまった休みを取りやすいのではないでしょうか。学校も休みになるので、家族そろって実家に帰り、遺品整理をすすめることができます。

 

夏場は掃除がはかどる?

家の片づけや大掃除をするのは年末というイメージがありますが、意外と、夏場は掃除や片づけがはかどる季節でもあります。


暑すぎて作業ができないという事情はあるかもしれませんが、片づけ自体はエアコンの効いた涼しい部屋で行えばOK。夏の暑い時期は汚れが落ちやすいので、掃除がはかどります。洗い物がたくさん出た場合でも、すぐに乾くのでどんどん作業を進められるというメリットがあります。

 

年末年始の休みの時期もおすすめ

お盆休みのほか、長期の休みが取りやすく、家族が顔を合わせるチャンスの多い年末年始の時期も遺品整理をすすめるのにおすすめの時期です。


冬場はあまり作業をすすめられない場合もありますが、普段会う機会のない親戚と会えたときに、手続きや、遺品整理の具体的な内容を話し合っておくことをおすすめします。


3.休みの間に進めておきたい遺品整理

親戚や関係者が集まることができる、時間をかけて片づけをすすめられる数少ないチャンスに、遺品整理のどんな作業を行えばよいのでしょうか?

 

関係者が集まったらやっておくべきこと

残された遺族が一人だけではない場合、家財道具や家を勝手に処分することはできません。遺品整理をすすめるためには、親戚や関係者全員の意思を確認し、処分方法などについて同意を得る必要があります。

故人が亡くなった直後は落ち着いて話し合うことができないまま、うやむやになってしまっているケースはよくあります。年末で関係者がそろったタイミングで、再度話し合いをして、モノや家の処分方法、片づけに必要な費用の分担、相続についても具体的に話し合いましょう。

 

関係者一同がそろっていれば、片づけをすることで見つかった趣味の道具、衣類、貴重品などを、形見分けすることもできます。

 

時間があるときにやっておくべきこと

長期休みで時間があるときは、思い出の品物や、趣味の道具、衣類の整理など、後回しになっていた遺品整理をどんどんすすめるチャンスです。家の中に残されたものを、要るものと要らないものにわけて、不用品を処分しましょう。


休みの時期で粗大ごみ収集を利用できない場合は、民間の不用品回収業者に回収を依頼する方法がおすすめです。自治体のごみ収集を利用する場合よりも料金が割高になってしまいますが、急ぎの場合でもすぐに対応してもらえます。

不用品の処分・買取見積もりはこちらから


4.まとめ

遺品整理を無理なくすすめるために適した時期、というテーマについてご紹介しました。

遺品整理をすすめるためには、気持ちを整理し、関係者一同がしっかりと話し合う必要があります。こうした問題を解決し、余裕をもって片づけや掃除に取り組むのに適したタイミングは、そう多くありません。
長期のまとまった休みが取れるお盆休みの時期なら、こうしたさまざまな問題をクリアして遺品整理をすすめることができるでしょう。

 

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。