ゴミの回収業者に依頼するメリット・デメリットと気をつけたいこと!!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

ゴミの回収業者に依頼するメリット・デメリットと気をつけたいこと!!

  • 2017年4月2日
  家具や家電の買い替え時や引っ越し、模様がえなどの際に大量に出るゴミ。高齢化が進む今、空き家となった家の解体や遺品整理などでもまとまったごみが出ることがあります。 自治体に回収してもらうこともできますが、一度に大量のごみを出せない、可燃ごみと粗大ごみの収集日が違うなどで一度にゴミの処理ができないことも。 そんなときに便利なのがゴミ回収業者です。ここでゴミ回収業者にはどんなことが頼めるか、利用するメリットとデメリットや注意点などについて説明していきます。  

1.ゴミ回収業者ってどんな業者?

ゴミ回収業者とは粗大ごみや一般ごみのほか、不用品などをまとめて処分してくれる業者のこと。 引っ越しの際に出るゴミや不用品の引取りはもちろんのこと、分別が必要な大量の不用品があふれるゴミ屋敷化した家の片付け、遺品整理などもまとめて依頼できる業者です。なかには家電リサイクル対象物やパソコンなども引き取ってくれるところもあります。    

2.ゴミ回収業者に回収を依頼するメリット・デメリット

■メリット

・分別が必要なゴミをまとめて処分できる

ゴミ回収業者に依頼するときには粗大ごみと一般ごみを分別する必要がありません。ゴミ回収業者に依頼すれば大量のゴミも分別してしっかり処分してくれます。 家電リサイクル法対象のものも処分してくれる業者なら、家中のゴミをまとめて処分することができます。  

・電話1本で依頼可能!思い立ったときにゴミの処分ができる

自治体の回収は費用がかからない、あるいは低料金でゴミを回収してくれるというメリットがありますが、時間がかかるのが難点。 近隣のゴミ回収業者なら、電話1本で即日回収に来てくれるところもあります。いますぐゴミをなんとかしたい!という時にとても便利です。  

・日時の指定もできる

決められた回収日ではなく、自分の都合のいいタイミングでゴミを回収してもらうことができます。 離れた場所にある空き家のゴミをまとめて処分する、遺品整理のため実家の片づけをしたい、休みの日でないと立ち合えない、引越しの前にまとめてゴミを処分しておきたい などの事情で処分のタイミングが限られているときも、決められた日時にゴミの回収に来てもらうことができるので、時間を有効に活用することができます。  

・解体が必要な大きなゴミも処分してくれる

大型のタンスやテーブルなど、「これを捨てたいけれど、なにをどうしたらいいのか分からない」と途方に暮れてしまうことがありますよね。ゴミ回収業者なら、大きい家具の解体や搬出まで依頼することができます。 特に集合住宅に住んでいる場合、大きなゴミを持ち出すのも一苦労。プロのゴミ回収業者に依頼すれば、いるものといらないものの指示をするだけでOKです。  

・家電リサイクル法対象物もOK

ゴミ回収業者のなかには家電リサイクル法対象物を引き取ってくれるところもあります。エアコンや冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機や衣類乾燥機は粗大ごみに出すことができません。 リサイクル料金と運搬料金を支払って適切に処分してもらう必要がありますが、販売店に持ち込んだり、自治体が指定する業者に個別に処理を依頼したりすると時間がかかってしまうのが難点です。 ゴミ回収業者なら、希望するタイミングでこれらの家電を引き取ってもらうことができます。  

・3つのRに貢献!リユース・リサイクルできるものは買い取ってもらえる

まだ使えそうだけれど、自分にはもう必要ない……そんな不用品とゴミを一緒に捨ててしまうのはもったいないですよね。 最近はリユース、リサイクル可能なものを買い取ってくれるゴミ回収業者が増えています。ゴミを減らし、環境を守るためには3つのRが必要だと言われています。 Reduce(リデュース) ゴミの減量や解体を行うこと Reuse(リユース)           もう一度使える部品やパーツを再使用すること Recycle(リサイクル)      そのまま再利用できるものを必要としている人や場所へ回すこと ゴミ回収業者の中にはこうした取り組みに真摯に取り組んでいるところも多く、適切な方法でゴミを分別・処分し、使えるものは買い取りしてくれるところが増えています。 回収したものは修理して販売したり、アジア諸国をはじめとする後進国に輸出したりする場合も。個人でゴミとして出すよりゴミの削減にもつながるでしょう。 まだ使える家具や家電はもちろん、大量の不用品や遺品のなかから価値のあるものが見つかることもあります。良心的なゴミ回収業者なら、こうしたものを適切な価格で買い取って利用料金から差し引いてくれるので節約になります。 自分に必要のないものが、誰かの役に立つ、あるいは環境保護にもつながると考えると嬉しいですよね。  

・デリケートな遺品整理も依頼可能

実家の遺品整理をしたいけれど遠方でなかなか時間が取れない、家族が他界したショックで片付けがなかなか進まない……。 高齢化が進み、遺品整理の依頼が増えている今、ゴミ回収業者の中にはこのような遺品整理に力を入れているところもあります。 思い出の品や大切なものを分けて家族に引き渡したり、個人が愛用していたものを提携しているお寺で合同供養してもらったりと適切な方法で遺品整理を行ってくれる業者や「遺品整理士」の資格を持っているスタッフがいる業者ならデリケートな遺品整理も安心して依頼することができます。  

■デメリット

・自分で処分するよりも料金が高い

最近はゴミ回収業者が増えているため、価格競争が起きています。良心的な価格でゴミを処分してくれるところもありますが、自治体に回収を依頼しながら自分でゴミを処理するよりはお金がかかるのは事実。 ただし、遠方にある実家の片付けなどを行う場合は自分で足を運ぶ費用などが節約でき、最終的には安く済むこともあるかもしれません。  

・悪質な業者に頼んでしまう可能せいがある

軽トラックなどで巡回しながらゴミの回収を行っている業者や折り込みチラシなどで「不用品を無料で回収します」と謳っている業者の中には、後から高額な回収費用を請求してくるような悪質な業者が混ざっていることがあります。    

3.ゴミ回収業者に回収を依頼するときに気をつけたいこと

ゴミ回収業者が増えている今、依頼をする前に悪質な業者でないか見極める必要があります。 以下の4つのポイントを必ずチェックしましょう。

・国の認可を受けているかどうか

ゴミの処分を行うには自治体から「産業廃棄物収集運搬業」などの認可を受ける必要があります。ホームページの「会社概要」などをチェックして、認可を受けている業者か確認しましょう。  

・事前に見積もりを出してくれるかどうか

ゴミや不要品を持ち出される前に、必ず見積もりを出してもらいましょう。悪質な業者のなかにはどんどんゴミや不用品をトラックに積み込んで後から高額な費用を請求してくるところがあります。  

・電話対応がしっかりしているか

良心的な業者であれば、電話での問い合わせにもきちんと対応できるはずです。プライバシーにかかわるゴミの処理を依頼するのですから、電話対応がまともにできないような業者には依頼しないようにしましょう。  

・損害賠償保険に加入しているかどうか

ゴミや不用品を回収する作業中に、スタッフが家具などに傷をつけてしまったり、壁に穴をあけてしまったりすることがあるかもしれません。 また、ゴミの処理を依頼したことがきっかけで個人情報が漏えいしてなんらかの経済的被害に遭うことも考えられます。万が一のことを考えて、必ず損害賠償保険に加入している業者を選ぶようにしましょう。    

4.まとめ

自分では処理しきれない大量のゴミも一括して処理してくれる、ゴミ回収業者。 遠方の実家のゴミや不用品、遺品整理などにも対応し、使えるものは買い取って料金から相殺してくれるところも増えています。 悪質な業者も混在しているので、口コミやホームページをチェックするなどして、安心して依頼できる業者を選ぶようにしましょう。

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。